【キャンプ】便利なヘッドライトギアを持っていくだけで差を付けよう

アウトドア、ヘッドライトギア
この記事は約6分で読めます。

野外活動で有益な便利ギア

10年以上前は、キャンプ場で夜トイレに行くときに大きめの懐中電灯でよく行ったものでした。しかし、トイレでの置き場にも困るのは大きめの懐中電灯でした。今やLEDの小さな懐中電灯も役に立っていますが、経験上とても便利なギアを今回紹介します。

生徒
生徒

先生こんにちは。

先日のキャンプや釣りの話が楽しくてまた、教えてください。

先生
先生

こんにちは。

そうでしょう。キャンプで釣りも楽しいものですよ。

では、今回は持っていると便利なギアの話をしましょう。

ヘッドライト

ヘッドライト

ギアの一つがヘッドライト

先輩キャンパーがヘッドライトを持っていて、自らも欲しいと思った方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、野外活動を始めようという方や、まだスタート出来たばかりという方にとっては、「ヘッドライトとはどれほどの利用し心地なのか」「種類が諸々あって、どれを選べばいいか曖昧である」という事もあるかと思います。

やはりヘッドライトをショッピングするのであれば、パフォーマンス性があり耐久性が高く、コスパに優れているアイテムを買いたいですよね。

生徒
生徒

初心者が選ぶのはどういうのがいいですか?

先生
先生

ドライトの普通な性能や選び方、大注目のヘッドライトをご解説しましょう。

ヘッドライトの普通な性能や選び方、大注目のヘッドライトは?

ヘッドライトとは、文字通り頭に装着するライトの事です。

一般的な電球タイプに比較して、このところでは省電力なLEDタイプも登場しています。

さらに、居場所を知らせるための点滅性能や、周囲にいたずらをかけないための調光性能などがあるヘッドライトもあります。

ランタンなどと相違、大いに小ぶりになっているので軽量な上、圧迫感がある位置でも利用しやすくなっています。

さらに、ランタンや懐中電灯と異なり両手が空くので、夜間に作業するのに重宝です。

ピンキーポイントで照射する事が可能なので、手元を造作なくに明るく可能なのもいいところです。

このように、ヘッドライトはかなりパフォーマンスよく作業をするために必須な野外活動用品であるといえるでしょう。

ヘッドライトは登山だけでなく釣りやキャンプ、スポーツなど、多様な野外活動シーンで活躍してくれるグッズです。

キャンプ地で陰湿な道を通って便所に行かなくてはいけない事例や、星が艶やかな秘訣まで歩いて行きたいケースにも有益です。

キャンプや登山などで懐中電灯を持っていると、よしんば転倒してしまったケースに受け身をとる事ができなくなります。

そして、登山中の事例バランスを崩してしまうと、懐中電灯の紛失にもつながりかねません。ヘッドライトを装着しておく事で、確か性の確保や紛失の危険性縮小を望みする事ができます。釣りなどでも、ヘッドライトは相当有用です。

釣りは待っているケースはのんびりしている心象ですが、いざ釣り上げるときは、釣り竿を持ってリールを巻いたり、エサをつけたりなど意外に忙しくなります。

懐中電灯だと、都度置いて作業しなければなりませんが、ヘッドライトだと両手がフリーの状況で灯りを有用事が大きな良いところです。

星とキャンプ

星とキャンプ

目的別に明るさをピックアップする

普通にヘッドライトを使って夜間作業や散策をする時、明るければ明るいほど、視認性が良く、遠く・広く見通せるので役立ちます。

生徒
生徒

明るすぎるライトは、使っている人は実用的でも周囲にいる人にとってはいたずらになる事もありますね。前回キャンプで夜トイレ行ったときに前から来る人のライトがが眩しかったのをおぼえてますよ。

先生
先生

確かに。

他にも、手元で料理やりたいケースや、食器などを洗いたい事例、明るすぎるライトはまぶしすぎて作業パフォーマンスの低下につながりかねません。

そうした事例には、明るすぎないものが重宝となりますので調整出来る物が最適ですね。

調光パフォーマンスがあると役立つとはいえ、キャンプや登山中には遠くをチェックしたい事例や、手元をわずか明るくやりたいなど、色々なシーンがあります。

そんな訳で、キャンプなどのヘッドライトを選りすぐる時は、調光パフォーマンスが付いているヘッドライトを選択しましょう。

状況によって余裕に、明るさを変える事ができます。

明るさの指標としては、手元を照らすだけでいいのであれば、100〜150ルーメン陰湿な道を安心に照らすのであれば、200ルーメン以上の調光性能のあるものを選択しましょう。

ついでに、ルーメンとは光の量を表す刻みです。

キャンプ

キャンプ

乾電池がいいか、充電式がいいかそのほかの着目点としては、買い物の場合に電源が乾電池式のものなのか、充電式のものなのか、下を参考にしましょう。

〇乾電池式は、チェンジの手間がありますが、予備電池さえあれば、時を気にせず使用ができるます。

〇一方、充電式は電池を買う手間や取り替えの手間をなくす事が可能なでしょう。

防水働きがあると加えていいキャンプなどの野外活動で使用するのであれば、防水性のあるヘッドライトや周囲の明るさに応じてオートですり合わせしてくれるパフォーマンスがあると重宝です。

コスパや充電パフォーマンスもまるわかりヘッドライトは色々な種類が提供されています。

生徒
生徒

買い物のときのポイントにしてみますわ。

先生、今日もありがとうございました。

先生
先生

両手をフリーにしたまま明るくする事ができ、狭苦しいところでも使用しやすいヘッドライトは、キャンプや登山、釣りといった野外活動では欠かせないギアの一つです。

ではまたお会いしましょう。

どのようなシーンで利用したいのか、光の量(ルーメン)を調節可能なか、電源の種類は何か、防水働きがあるかなどをチェックポイントに見つけてください。

野外活動にあるとうれしいヘッドライト。私はキャンプで夜中にトイレ行くときに重宝しています。

キャンプ、星空の写真

キャンプ星空

コメント

タイトルとURLをコピーしました