初心者家族キャンプ向け、知っていると役に立つキャンプの雑学を紹介

湖畔キャンプのテント
この記事は約5分で読めます。

 

スポンサーリンク

キャンプに関する雑学を紹介

キャンプ初心者にとっては、わからないことだらけだと思います。そんなときに役立つことが雑学です。キャンプに関する雑学をいくつか知っていると、実際に出かけたときに役に立ちます。もちろん、キャンプ上級者にとっても雑学は役に立つものです。
ここでは、キャンプに関する雑学を紹介します。

富士山が見えるキャンプ

富士山の裾野でキャンプ

寒さ対策

屋外で眠るため、寒さが気になります。冬はもちろんですが、夏でもキャンプ場がある山間部では気温が下がり、寒さを感じることがあります。
寒いとキャンプを楽しめないし、風邪をひいてしまう心配があります。
眠るときには、床に横になります。このとき、床から冷気が伝わってくるので、厚手のシートを敷いておくことがおすすめです。
夏場であれば、クッション性のあるマットやパーソナルマットを敷くだけでも十分ですが、冬場はこれでは寒いです。そのため、夏用の筒型寝袋や毛布などをいくつも重ねて使用をします。空気の層を作ることにより、寒さを防ぐことができます。冬場は寝袋だけでは寒いので、毛布を持参することをおすすめします。
キャンプで使用できる簡易こたつもあります。電源つきサイトなら使用可能です。足元を温められます。

寝袋

寝袋

毛布の使い方

毛布はいろいろな使い方ができます。
まず、寝袋の中に入れる使い方です。やや窮屈になりますが、温かさを感じられます。上下に毛布を使用して毛布に包まれた状態で眠るとより温かいのですが、窮屈なら下側にだけ毛布を入れておくとよいでしょう。
窮屈なときには、マットの上、寝袋の下に敷く方法がおすすめです。地面からの冷たさを防いでくれます。
キャンプのときに限らず、毛布は一番外側に使うと温かさを保ってくれます。寝袋の上に毛布をかけるのもおすすめの使い方です。寝袋の中に毛布を入れてしまうと、厚いときに温度調整がしにくいのですが、上にかければ暑いときに外しやすく、温度調整をしやすいです。

キャンプテントの中寝袋毛布

キャンプテントの中

ゴミを減らす工夫

キャンプ場で問題となっていることがゴミです。

キャンプで出たゴミは、キャンプ場にゴミ捨て場があればルールに従って分別をして捨てる、または持ち帰ることがマナーです。時期によっては利用者が多く、キャンプ場のゴミ箱がいっぱいになってしまい、捨てるのがはばかられることもあります。
そこで重要になってくることが、できるだけゴミを減らすことです。
キャンプに行く予定を立てたなら、余裕を持って持ち物を準備しておきましょう。キャンプ用品を購入したときのダンボール箱に入ったままだと、ダンボール箱の中に緩衝材が入っていて、ゴミの量が増えることになります。
食事に関しては、外箱や袋を自宅で捨てておくとゴミの量を減らせます。自宅で下ごしらえをしておけば、生ゴミの量も減らせます。下ごしらえしたものは、ファスナー付きの袋に入れておけば、持ち運びをしやすいです。ゴミを減らせるだけでなく、調理時間を短縮できるメリットもあります。

バーベキュー食材下ごしらえ

バーベキュー食材下ごしらえ

ランタンは電気とオイルどちらがいい?

キャンプでは家庭のような照明器具を使うことができないため、明り取りのためにランタンが必要です。
ランタンには、LED、ガス、ガソリン・灯油などの火といった、いくつかのタイプがあります。
LEDはスイッチを押すだけで使うことができます。電源つきサイトなら使用可能です。簡単に使えるので初心者におすすめです。
ガスランタンは、燃料にガスを使用するタイプです。マントルを取り付ける必要がありますが、着火は簡単です。ただし、換気をよくして一酸化炭素中毒に注意する必要があります。

ガソリン・灯油を燃料にするタイプ光量が大きいことが特徴です。ガスランタンと同様に一酸化炭素中毒に注意をして、換気をよくして使用します。
ランタンとは違いますが、キャンドルを明かりとして利用することもできます。ただし、火を使うのでテントが燃えないように注意が必要です。

ランタンとキャンプ

ランタンとキャンプ

虫対策

双子の虫取り

双子の虫取り

屋外で活動をするので虫が気になることがあります。夏場は蚊がでてきて、刺されるとかゆくて不快です。快適にキャンプを行うために、虫対策をしておきましょう
虫に刺されないようにするためには、肌をできるだけ露出させないことが大切です。夏場は長袖、長ズボンでは暑く、熱中症の心配もあるので、半袖でも構いませんが、薄手の羽織れるものを持参しておくと安心できます。

忘れやすいのが首元です。首元が露出しないように、タオルやバンダナなどで首の周りを覆っておきましょう。
虫よけスプレーも大切です。汗でスプレーの成分が流れてしまうので、こまめに付け直すようにします。使用量が多くなるので、携帯用の小型の虫よけスプレーではなく、大きなものを持参することがおすすめです。
テントやタープの周りには、蚊取り線香を数箇所に分けて置いておきます。夕方ごろにテント内に蚊取り線香を入れて炊いて、眠るときにはテントから出しておくと、眠っているときの虫刺され対策になります。
虫に刺されてしまったときのために、虫刺され薬も持参しましょう。

まとめ

何かしら役に立つ雑学がありましたか。キャンプがより楽しく快適なものになるといいですね。

コメント

  1. ヒロスケ より:

    こんにちは。夏のキャンプで蚊取り線香を忘れると悲惨ですよね。我が家は森林香を使ってます。

    • イトポンイトポン より:

      サイト訪問及びナイスコメント誠にありがとうございます。蚊取り線香は匂いが嫌いな方もいらっしゃるのでコメントとてもありがたいです。キャンプブームによりアウトドア用品沢山ありますね。森林香は使ったことが無いのですが名前のとおり良い香りがするんでしょうね。今度探してみます。これからも当サイトをよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました