寒い冬だからこそ楽しめる関東地方の冬キャンプ場初心者に優しい4選

キャンプ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関東東北でおすすめの冬キャンプ場

「冬のキャンプなんて寒くてつらい!」という方もいるかもしれませんが、冬だからこそ楽しめることがあります。日本は自然豊かな国で関東地方にも自然を満喫できるキャンプ場が多数あります。
その中でも冬キャンプ場としておすすめの場所を紹介します。

キャンプ

キャンプ

初心者に優しいおすすめ冬キャンプ場

北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

北軽井沢スウィートグラスは、コテージ、キャビン&ツリーハウス、冬キャンプを楽しめる宿泊施設です。
キャンプ場にはいくつものテントサイトがあり、それぞれのテントサイトで違った景色が広がり、アウトドアを楽しむことができます。

たとえば、狼煙サイトでは心ゆくまで薪を満喫でき、フリードックサイトでは愛犬をリードにつながずに一緒に走り回ることができます。
ほとんどのテントサイトは電源があり、一部のサイトでは水道が備えられています。
北軽井沢スウィートグラスはレンタル品が充実していて、湯たんぽ、電気毛布、こたつ、アウター、ブーツなどの貸し出しを行っています。冬にあると温かく過ごせる便利なものです。

また、場所によっては地面の状態がよくないことがあるので、すのこや雪かき用のシャベルの貸し出しも行っています。
さらに、食材セットの購入も可能です。パエリア、ローストビーフ、チーズフォンデュなど本格的なものが用意されていて、自然の中での食材を満喫できます。

食材はあらかじめ予約しておく必要があります。
冬のキャンプは寒さが気になりますが、北軽井沢スウィートグラスには貸切風呂があり、冷えた体を温めることが可能です。
冬キャンプ初心者でも楽しめるように設備が整っている宿泊施設です。

キャンプ料理

キャンプ料理

塩原グリーンビレッジ(栃木県)

コテージ、キャビン、バンガロー、キャンプ場が整備されている施設です。
キャンプ場は箒川の渓谷沿い、緑に囲まれた場所にあります。まさに、グリーンビレッジの名にふさわしい緑豊かな場所です。
オートキャンプ場周辺には、炊事場、温泉、バーベキューハウスなどの施設が整えられています。
バーベキューハウスは屋根付き・壁なしの場所と、屋根・壁付きの場所があり、雨が降っているときでもバーベキューを楽しむことができ、冬でも寒い風を遮ることができます。
温泉は宿泊客専用です。

ナトリウム・炭酸水素塩泉で美白や保湿が期待できるといわれています。ペットをきれいにしてあげたい、温かくしてあげたいという方にうれしいペット専用の温泉や、家族や友人と水入らずで温泉に入りたい、一人でゆっくりしたいとう方にうれしい貸切風呂もあります。
温泉のある施設には食事処があり、うどんや丼ものを提供しています。
レンタル用品には、電気炊飯器、ドーム型テント、電気ポット、電気ストーブ、延長コード、ホットカーペット、シュラフなどがあり、手ぶらでもキャンプを楽しめます。温かく過ごせるレンタル用品も用意されているので、冬でもキャンプを楽しめることでしょう。

キャンプ

キャンプ風景

氷川キャンプ場(東京都)

都心から約2時間の、秩父多摩甲斐国立公園内にあるキャンプ場です。敷地内のは巨木が立ち、川が流れ、大自然が広がっています。
宿泊施設には、ロッジとバンガローがあります。フリーサイトも用意されていて、テントを設営してのキャンプも可能です。
キャンプではバーベキューを楽しみにしている方は少なくないことでしょう。

氷川キャンプ場では屋根付きのバーベキューハウスがあるのですが、河原フリーサイトでは直火が可能で、バーベキューや焚火を行うことができます。

周辺には精肉店、青果店、コンビニがあり、食材をそろえられます。また、氷川キャンプ場でバーベキュー・カレーセットの販売もあります。
レンタル用品には、鍋、やかん、飯ごう、釜、包丁など料理に必要なものがそろえられています。
関連施設としてもえぎの湯という温泉があり、こちらもおすすめです。

キャンプ

星とキャンプ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

テニスコート、多目的運動場広場、アスレチックなどもある、幅広くアウトドアを楽しめるキャンプ場です。
定期イベントで越冬キャンプが開催され、郷土料理や地酒などを持ち寄って交流が行われています。

全国各地のキャンプ好きとの親交を深めることができるでしょう。夜間に開催されますが、焚火や料理があるので心も体も温かくなるはず。シルバーゾーンが用意されていて、年配の方にも優しいです。
テントサイトについてですが、初心者にも優しい平らな土地になっています。車椅子対応トイレ、オスメイト、バリアフリーキャビン、手すりつきの温泉など、ユニバーサルデザインが採用されています。
レンタル用品には、ドーム型テント、炊飯器、調理セット、食器セット、湯たんぽ、毛布などが用意されておいて、キャンプに必要なものがほぼそろっています。
初心者、高齢者、障害のある方に優しいキャンプ場です。

まとめ

冬季でも運営しているキャンプ場はあり、冬だからこそ楽しめることがあります。温かく過ごせるレンタル用品も用意されているので、寒さに負けずに冬のキャンプを楽しんでみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました