寒い季節でも楽しみたい!九州地方でおすすめな冬キャンプ場6選!

キャンプ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州地方でおすすめな冬キャンプ場

「冬のアウトドアは寒さが気になってつらい」そう思うかもしれませんが、冬には冬しか楽しめないことがあります。
九州地方は冬でも比較的温かな地域もあります。そこで、九州地方でおすすめの冬キャンプ場を紹介します。

九州地方での冬キャンプ場

池の山キャンプ場(福岡県)

周囲700mの麻生池を囲むように28棟のロッジやバンガローが立ち並ぶキャンプ場です。
ロッジやバンガローには、かすみそう、れんげ、ゆりなど植物の名前がつけられています。どの建物も木造で木々の中にあり、自然を感じられるようになっています。
キャンプ場は広々とした芝生でその周りを木々が囲んでいます。

整備されているのでテントを立てやすいです。テントの貸し出しは行っていないので持参しましょう。釜、飯ごう、バーベキュー用具、毛布、ファンヒーターなどの貸し出しは行っています。

キャンプ焚き火

キャンプ焚き火

サンビレッジ茜(福岡県)

サンビレッジ茜は、キャンプ場、人工芝スキー、宿泊施設、自然散策路などがある、遊んで学べる場所です。
キャンプ場には、バーベキューサイト、テントサイト、バンガローサイトがあり、アウトドアを満喫できます。
バンガローは木々に囲まれた小道の脇に建ち、森の隠れ家のような雰囲気があります。
テントサイトは駐車場に近く、荷物を持ち運ぶのに便利です。寝具、調理道具、食材などの貸し出し・販売を行っています。
敷地内にはお食事処があり、カレー、丼もの、うどんなどを提供しています。

バーベキューセットも販売をしていて、ここでセットを購入をして屋外でバーベキューを楽しめます。肉や野菜などは傷みやすいので持ち運びに気を使いますが、敷地内で必要なものを購入できるとバーベキューを気軽に楽しめます。

キャンプ料理

キャンプ料理

Kuju Kogen Cottage(大分県)

オートビレッジは、西日本最大級のサイト数です。広々とした芝生が広がり、1区画が100平方メートルと余裕のある面積が取られています。隣のテントとの距離が近すぎて不快な思いをせずに、キャンプを楽しめることでしょう。
敷地内には3箇所、トイレと炊事場があります。20Aの電源を備えた区画もあり、快適なキャンプをサポートします。
テント、バーベキュー用具、マット、毛布、椅子などの貸し出しを行っています。

目の前には久住高原のパノラマが広がっていて、絶景も楽しめるキャンプ場です。
また、温泉施設もあり、広々とした空と草原を眺めながらゆったりした時間を過ごせます。昼間の温泉も素晴らしいですが、上空を遮るものが何もなく、周囲に街灯はほとんどないため、夜は星空も素晴らしいです。

久住高原

久住高原

吉野山キャンプ場(佐賀県)

井手野栗園の隣にある、緑の山々の中に建つログハウスが印象的なキャンプ場です。
山に囲まれている場所ですが、テントサイトは芝生が広がってキャンプに最適なように整備されています。盛り土がされているので、雨が降ってもテント内が水浸しにはなりにくいです。
春には桜を楽しめて、夏にはクヌギ林でクワガタやカブトムシが採れることがあります。冬は雪が降ると銀世界が広がります。
共用設備としてトイレ、炊事棟、管理棟、多目的広場などがあり、バーベキューセットは貸し出しをしています。

ランタンとキャンプ

ランタンとキャンプ

糸ヶ浜海浜公園キャンプ場(大分県)

糸ヶ浜海浜公園内にある、目の前に海が広がるキャンプ場です。
テントサイトは車の乗り入れはできませんが、オートサイトは車の乗り入れが可能で、電源ありの区画と電源なしの区画があります。
テントサイトは、区画によって眺めが違い、海側ならオーシャンビューを楽しめ、それ以外の場所では木々に囲まれた自然を満喫できます。場所によって風景がまったく違うので、景色を楽しみたい場合は区画選びをよく考えることをおすすめします。

敷地内には炊事場、トイレ、シャワー棟があります。トイレはいくつかの場所に点在していて、どこもきれいに清掃されています。また、糸ヶ浜海浜公園から車で4分ほどの場所にはホテルソラージュ 大分・日出があり、露天風呂に浸かることができます。
公園内には売店はありませんが、砂浜食堂があります。食べものなど必要なものは、事前に準備をしておくとよいです。

大分県日出町

大分県日出町

スノーピーク奥日田(大分県)

標高950mの場所にあるキャンプ場です。高原にあるキャンプ場ならでは、澄んだ空気と夜の星空が魅力です。

電源、水道がついた区画絶景を楽しめる区画、リーズナブルな価格の区画などがあります。
テント、シェルター、ランタンなどは貸し出しをしています。

手ぶらプランもあり、ランドロック、各種ギア、消耗品一式など、キャンプに必要なものをレンタルできます。
ハイシーズンのみ風の館が営業をしていて、入浴ができます。コインシャワーもあります。

スノーピーク

スノーピーク

冬には冬にしか見られない景色、冬にしか楽しめないことがあります。九州地方は自然豊かな土地で、ここでは自然に囲まれたキャンプ場を紹介しました。冬キャンプ場に出かけて、自然を満喫してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました