冬キャンプは魅力?四国地方のおすすめ冬キャンプ場について6選!

ランタンとキャンプ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四国地方のおすすめ冬キャンプ場

冬にキャンプをする人もたくさんいると思います。冬にキャンプというと、寒いと思う人もいるかもしれませんが、最近では、電源付きのキャンプ場もあるので、暖房器具を持ち込んで快適に楽しむことができます。

では、四国地方でおすすめの冬キャンプ場を紹介したいと思います。

四国地方の冬キャンプ場

ゆとりすとパークおおとよ(高知県)

ここは、四国の真ん中標高750メートルに位置し、自然に囲まれた絶景のロケーションなので、景色を楽しみながら冬キャンプをすることができます。条件がよければ雲海を見ることができるので、景色を楽しみたいという人に是非おすすめのキャンプ場です。

姫鶴平キャンプ場(愛媛県)

ここは愛媛にあるキャンプ場絶景を楽しみながらキャンプをしたいという人におすすめの場所です。

自炊やバーベキューを楽しめるコテージやレストランがあるので、テントを持っていなくても利用することができますし、ご飯を作るのが大変な人はレストランを利用することもできます。

また、レンタル用具なども豊富なので、手ぶらでキャンプをすることも可能です。また、麓にスーパーがあるので、もし、食材が足りなければ買い足すことも可能です。

キャンプをする環境が整っているため、初心者にもおすすめです。雄大なカルスト台地を見ながらバーベキューは最高なので、是非言ってみてくださいね。

姫鶴平キャンプ場

姫鶴平キャンプ場

霧の高原オートキャンプ(愛媛県)

標高1000メートルから瀬戸内海の島々を眺める霧の高原です。

朝は霧に覆われることが多く、幻想的な風景を楽しむことができます。登山やハイキング、キャンプ、パラグライダーのメッカとしても有名で、毎年多くの人がキャンプ意外でも訪れています。

また、レンタル用具が充実しており、場内には売店もあるので、お菓子やインスタント食品等ある程度のものはそろえるおとができます。着火剤や紙皿なども購入が可能なので、万が一、キャンプグッズを忘れてしまっても大丈夫です。

また、シャワーや温泉施設も充実しているため、寒くなった体を温めることが可能です。冬に入る温泉は本当に最高なので、温泉がある場所は冬キャンプにおすすめです。もちろん、コテージも完備しているので、手ぶらキャンプも楽しむことができますよ。

 愛媛 霧の森 馬立川

愛媛 霧の森 馬立川

まんのう公園キャンプ場(香川県)

まんのう公園キャンプ場は、四国内で多くのキャンパーたちから絶賛されている四国最大級の国立キャンプ場です。

広大な敷地にたくさんの植物や野鳥が生息しており、四季折々の自然の変化を楽しむことができます。自然がたくさんあり、鳥などもいるので、冬だけでなく、ほかの季節でも楽しんで欲しいキャンプ場です。

季節関係なくすごせるログハウス風のキャビンやトレーラーハウス、そして、ペット可のキャンプサイトもあり多くの人がキャンプを楽しんでいます。

環境が良いので、どんな季節でも楽しめるとても素敵な場所になっています。また、シャワーやお風呂なども充実しており、管理棟内にあるお風呂や温水シャワーで疲れた体をゆったりと癒すことができます。

合同炊事場は温水が利用できるので、冬場でも快適にご飯を作ることができるため、まさに冬キャンプにぴったりなキャンプ場と言っても良いですね。

香川県仲多度郡まんのう町

香川県仲多度郡まんのう町

太鼓の鼻オートキャンプ場(香川県)

瀬戸内海と小豆島と大串半島を眺める、海に隣接したバンガローとオートキャンプサイトを備えたキャンプ場です。

サイト数やバンガローの数少ないキャンプ場なので、ほかではできないキャンプをすることができます。海に隣接しているため、夏場は海水浴、冬場は釣りを楽しむ人が多く、キャンプだけでなく、それ以外のことで楽しむこともできます。

海に隣接しているので、海の空気を感じながらキャンプをした人は是非おすすめですね。

高松市庵治町

高松市庵治町

休暇村讃岐五色台キャンプ場(香川県)

海や山もある自然豊かなキャンプ場です。手ぶらキャンプセットの用意があるので、キャンプグッズを持っていない人でも楽しむことができます。

テントサイトは電源あり、なしを選べ、フリーサイトも選択が可能です。隣接するビジターセンターで五色台の自然に触れたりするので、楽しめる場所がたくさんあります。

また、簡単なクラフトを体験することができますし、周辺には野鳥も多いので、バードウォッチングを楽しむこともできます。自然が多いところでキャンプをしたいという人は是非おすすめです。

休暇村讃岐五色台

休暇村讃岐五色台

まとめ

このように、四国地方の冬キャンプ場について紹介しました。

冬は虫対策をしなくてもいいですし、人も少なめなので、楽しくキャンプをすることができます。穴場のような場所ならほぼ、貸切状態でキャンプができる場合もあります。

人がいない場合は、本当に自然の中に一人だけという環境でキャンプができるので、まさに自然を感じるのにぴったりですね。

冬場は寒いイメージがありますが、暖房器具などをたくさん持ち込めば快適に楽しむことができますし、コテージなど施設には暖房がついている場所もあるので、そういったところで楽しむことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました