【島根編】日本の神々が集う場所へパワースポットのツーリング6選!

しめ縄
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天気の良い日に島根県でお勧めのツーリングスポット

島根県は日本海側に位置し海岸沿いを気持ちよく走ることが出来ます。有名な出雲大社をスタート地点にしてパワースポットツーリングの旅にぴったりな場所でもあります。都道府県別ツーリングスポット、今回は島根県です。

島根県

島根県

日本の神々が集う場所島根県

出雲大社を目指しましょう

出雲大社駅

出雲大社駅

島根県をツーリングで周るなら、まずは出雲大社を目指すべきだと言えるでしょう。島根県の日本海側を通る国道431号線沿いに位置するそれは、日本の神々が集う場所だとも言われています。

全国的に有名な観光スポットなので、いつでも大勢の人で賑わっていますが、無料でバイクを留めることができる駐車場あるので、ゆっくりと参拝し、ここから先にツーリングスポットへ向かう英気を養ってください。

車での観光客がほとんどだと思われるかも知れませんが、バイクでのツーリング客もそれなりに多く、バイカー同士でどう走ってここまで来たといったような会話も楽しめるかも知れません。

また、観光客向けのお店も多く建ち並んでいるので、それらを見て周るのも楽しいでしょう。もちろん食事処に困ることもありません。

旧出雲大社駅

旧出雲大社駅

出雲日御碕灯台まで走ります

出雲大社を出た後は、本格的に湾岸沿いを走って出雲日御碕灯台に向かいます。国道431号線を西に向かって走り、県道29号線と合流したところで北上してください。

しばらく海沿いで潮風が気持ちいい道路を走ることになり、天気の良い日にはかもめと併走できることもあります。そのまま道なりに北西に走っていくと、地形に合わせて途中から北東へと方向が変わり、約7キロ走った先が出雲日御碕灯台です。

出雲日御碕灯台

出雲日御碕灯台

灯台はあまり馴染みがないかも知れませんが、このは日本で一番高い灯台として有名な観光スポットとなっています。

展望台まで上がれるので、是非そこからの日本海の眺めを堪能してください。天気が良いと朝鮮半島まで見渡せることも多いです。その韓国は近い隣国だと言われていますが、改めてそれを感じさせてくれることでしょう。

宋道湖沿いを走ります

宋道湖

宋道湖

出雲日御碕灯台を出発し、国道431号線を東へ向かうと、右手すぐに宋道湖が見えてきます。それを右に見ながら、ぐるっとその周りの県道9号線を半周ほど周ったところに玉造温泉があります。

玉造温泉

この玉造温泉は、2016年に環境大臣賞を受賞したほどの名泉で、日本の三名泉と言えば、有馬温泉(兵庫県)、草津温泉(群馬県)、下呂温泉(岐阜県)とされていますが、それに次ぐほどの存在となっています。

もちもちのお湯として評判で、化粧水がそのまま温泉になっているようだと言われており、日帰り入浴(のみ)が可能な宿も多いので、一度は堪能することをお勧めします。

ここで潮風を浴びた体を清めて、この先のルートへと進んで行きましょう。

玉造温泉

玉造温泉

玉作湯神社はすぐそこです

玉造温泉から県道25号線を南下すると、2キロ足らずで玉作湯神社に着きます。

ここはパワースポットとして有名な場所で、境内にある“願い石”に願掛けをすると、近いうちにそれが叶うと雑誌などでよく紹介されています。

その効果についてはさておくとしても、先の玉造温泉や、この玉作湯神社に付いている「玉」とは、天皇家に代々伝わる三種の神器の1つ、“八坂瓊勾玉”の産出地とされていることからに他ならず、パワースポットとされている理由もそこからきているのは言うまでもありません。

超常現象などにはあまり興味のない人も、ここでは三種の神器だけに、少し信じてみるのも面白いと思います。

玉作湯神社

玉作湯神社

冒険の森てんばへと向かいます

県道25号線をずっと南下してくと、市街地や畑に囲まれた道路など、色々なシチュエーションの中を走ることができます。

海岸沿いや湖を近くに見る道路を走るのも面白いですが、このような道も長い道中になるツーリングにはつきものです。

県道267号線に入ったところで東へ向かい、冒険の森てんばまでバイクを進めましょう。

ここは、アスレチックなどの施設のある広場で、主に子供が遊べるような広場となっていますが、思いっ切り芝生の上で寝転ぶことができる場所でもあるのです。

天気が良い日はバイクの傍らでそのように寝転がり、自然と一体になる感覚を楽しめることでしょう。

ここまでのルートで、島根県内の色々な観光スポットを楽しむことができたと思います。特に玉作湯神社は、全国的にも知れているパワースポットというだけでなく、県内では有名なツーリングスポットともなっており、バイクで訪れる人も多く居ます。

棚田展望台に登ってゴールです

冒険の森てんばから10分ほど南下した場所が、このルートでのツーリングで最後の目的地となる棚田展望台です。

棚田展望台

棚田展望台

と言っても、何か施設がある訳でもなく、丘になっている見晴らしのいい場所というだけですが、バイクでそこまでの勾配を登ったり、帰りには下りを楽しむことができます。

上からの辺りの自然が一望できる眺めは、展望台と呼ぶだけのことはあると思わせてくれること請け合いです。

まとめ

ここから見ることができる夕日は絵画に描かれることもあり、それら見られるようにちょうど夕方に合わせて着くように、ここまでのルートを周ってくるといいでしょう。

ここから南下し、県道24号線を西に向かうとJR出雲大東駅に出られます。ここまで山間の道を走ってきた光景がガラッと代わり、見えてくる駅前の街並みが「帰ってきた」と思わせてくれます。

棚田展望台

棚田

コメント

タイトルとURLをコピーしました