厳島神社はなぜ世界遺産に登録されたのか?歴史と見どころを徹底解説!

記事内に広告が含まれています。

平安時代の平氏、戦国時代の毛利氏、江戸時代の浅野氏と有力者に治められた広島県は、古くから工業が盛んな地域です。
歴史的な風景建造物も数多く、人の営みが現在に続く広島県には、「原爆ドーム」と「厳島神社」
という2つ遺跡が世界遺産に登録され、世界的な観光地にもなっています。

都市圏がありながら、海と山に囲まれ景観が美しい一帯は、世界から注目されている地域でもあります。

前回の記事は 白川郷・五箇山の合掌造り集落とは?世界遺産の美しい村の魅力を徹底解説!でした。

関連記事もチェックしてください:広島県への誘い:2つの世界遺産に登録された歴史的建造物原爆ドーム・厳島神社
こちらもご覧いただくとよく理解できると思います。

世界遺産厳島神社の検定合格のポイント!

広島県の世界遺産「原爆ドーム」は凄惨な出来事で世界遺産に登録されていますが、広島県にはもう1つ、文化的な理由で登録された世界遺産があります。

それは、海の上に鳥居が佇む広島県廿日市市の厳島神社です。

世界遺産厳島神社

厳島神社の基本情報

 

英語表記)Itsukushima Shinto Shrine
登録区分)文化遺産
登録年)1996年
登録基準)(1), (2), (4), (6)
国内の登録順位)No.8

 

厳島神社の「厳島」は、日本三景の1つ「安芸の宮島」の別名でもあります。
古墳時代の頃から、厳島そのものと島の中央に佇む標高535メートルの沙山は自然崇拝の対象とされてきました。

世界遺産に登録されているのは、本殿(ほんでん)と呼ばれる4棟の社と神社を構成する廻廊東廻廊と廻廊西廻廊の建造物。

さらに五重塔が見どころの豊国神社本殿、厳島神社のシンボル大鳥居を含めた27棟の歴史的建造物、アカマツの原生林が残る沙山が世界遺産に登録されています。

厳島神社の歴史と防災の秘密

厳島神社は、創建から1400年以上の歴史を経ても、当時の姿で人々の拠り所であり続けていま
す。
厳島神社にまつわる歴史と、建造物としての成り立ちには、その秘密が隠されています。

厳島神社の歴史

厳島神社の創建は593年とされ、平安時代の1168年に平清盛によって現在の規模に拡張工事
が行われました。

五重塔が建造されたのは、室町時代の1407年、その後明治政府によって神仏分離令が制定され、神道の建造物として統一されます。

祭神は宗像三女神と呼ばれる3柱の女神様で、仏教と神道が混在した神仏習合の時代から、「日本三大弁才天」として祭られることになります。

厳島神社は、建造物そのものの貴重さと文化的な背景から世界遺産の4つの基準で高い評価を受けています。

1.人類の創造的才能を表現する傑作の理由では、海の上にそそり出た舞台を含め、本殿と東
西回廊は平安時代から続く、海の満ち引きも計算し設計された貴重な木造建築とされています。2.ある期間、文化圏で人類の価値の重要な交流を示すものとして、厳島神社の建物と美術品は
平安時代を築いた平家一族の信仰と芸術性を現代に残すものとされています。4.人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式では、自然の海や山を建物の境界に取り入れ
られた平安時代の神殿造りが高く評価されています。6.顕著で普遍的な意義を有する出来事としては、日本国内で仏教と神道が混在する神仏習合、
その後に建物として分けられる神仏分離令の出来事が残っているとされています。

独特な海上建造物の工夫

厳島神社は、海の上に木造建築物が建つという建築物の耐久性や防災の視点では相反する構造をしています。
瀬戸内海は、太平洋や日本海沿岸に比べ波の穏やかな海とされていますが、台風と大潮が重なると高潮の被害は免れません。
特に潮位が最大になり台風が上陸する初秋の季節には、建物の一部が海水に浸かってしまうこともあります。
10数年に1度程度大きな被害を受けても、厳島神社は創建以来、建物の全体が倒壊したことも、神様が祀られる本殿内陣が水没したこともないとされています。

理由は、立地と構造にあるとされています。

厳島神社は、海に浮いているように見えるため、砂浜の上に直接建物が作られたように見えます。

実は、磯のような岩盤の上に基礎工事が行われていることが明らかになっています。
建物の構造にも、細かな工夫がされています。

水に浸かりやすい海岸の廊下は、床板に僅かな隙間が空けられ、水の圧力を逃がす作りになっています。
また、建物全体は基礎の上に柱が建てられ、浮き上がるよう建てられています。

安定した岩盤の上に基礎工事がされているための、波の侵食で建物が沈むことなく、高潮や高波をいなすような構造が、大規模な倒壊や水没を防ぐ厳島神社の秘密ということになります。

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

Q1.「厳島神社」に関する次の文中の語句の中で、正しくないものはどれでしょうか。 (引用元:p84,2018年7月世界遺産検定4級)

「厳島神社」の社殿は
(1)瀬戸内海の海上にあります。(2)平清盛の篤い信仰を受けた神社として知られ、社殿とともに前面の海や背後の(3)宮ケ浦岳も世界遺産に登録されています。(4)台風や高潮などの被害を受けやすいことから、社殿にはさまざまな工夫がこらされています

1. 瀬戸内海
2. 平清盛
3. 宮ケ浦岳
4. 台風や高潮などの被害

答え:(3)宮ケ浦岳

 

Q2.「厳島神社」はしばしばどのような被害を受けることがあるでしょうか。 (引用元:p90,2018年9月世界遺産検定4級)

1. 社殿が台風や高潮による被害を受ける
2. 社殿背後の弥山で山火事が発生する
3. 地震により社殿が何度か崩壊したことがある
4. 海岸沿いの砂によって、社殿が埋もれてしまう

答え:(1)社殿が台風や高潮による被害を受ける

Q3.「厳島神社」の背後にある、古くからご神体としてまつられた山はどれでしょうか。(引用元:p106,2018年12月世界遺産検定4級)

1. 高野山
2. 二荒山
3. 比叡山
4. 弥山

答え:(4)弥山

まとめ

広島県の世界遺産「厳島神社」は、世界的にも珍しい海上の木造建築物として多くの観光客に注
目されています。

世界遺産として、4つの基準で高い評価を受け、木造建築としての設計と信仰の成り立ちを現代
に残す貴重な遺跡とされています。

世界遺産検定では、歴史とともに建物に施された細かな工夫も出題されており、設計と信仰の両
方を知っておきたいですよね。

次回の記事は 琉球王国のグスク及び関連遺産群とは?世界遺産登録された沖縄の歴史遺産を徹底解説!です!お楽しみに!