PR

日本を代表する自然のシンボル富士山の魅力と歴史と世界遺産登録について

記事内に広告が含まれています。

東海地方には、日本の文化そのものを表す世界遺産があります。
山梨県と静岡県にまたがる富士山は、日本の「和」の文化の象徴として海外でも知られています。
富士山から見える初日の出は、他の地域とは別格の憧れのを受け、富士山に登ることは、登山家の方に限らず夢見る人は多いはずです。

世界遺産検定に役立つシリーズ、今回は富士山です。

前回の記事は 世界遺産に占める複合遺産の割合と希少価値・複合遺産はどんな世界遺産でした。
こちらもご覧いただくとよく理解できると思います。

富士山は自然遺産ではなく文化遺産

日本国内に限らず海外からも、「日本の風景の象徴」とされえいる富士山。

2013年に芸術作品の題材とされ芸術面、地質学的にも日本の発展に大きな影響を与えたことが評価され、文化遺産として登録されることになります。

ここで、ふと「?」と思われるかもしれません。

富士山のように、自然の風景そのものは自然遺産として登録されています。

富士山は、芸術面と地質学的・社会的な影響が認められた文化遺産。

姫路城(No.2)厳島神社(No.8)のような歴史的建造物と同じ区分けなんです。

 

富士山‐信仰の対象と芸術の源泉

英語表記)Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration
登録区分)文化遺産
登録年)2013年
登録基準)(3), (6)
国内の登録順位)No.17

 

富士山は、活動火山

富士山は、活動火山と呼ばれる噴火を起こす山です。

現在分かっている限り、最も古い噴火は数十万年前とされています。

おおよそ8万年前頃から1万5千年前頃までは、活発な火山活動が続き、標高3000 mを超えたとされています。

現在の標高は3775.51m、山頂には直径は780 m、深さ約237mの火口が口を開けています。

富士山は成層火山に分類されており、同じ火口から複数回噴火を繰り返して成長した火山です。

成層火山の特徴は、傾斜が火口に近いほど急になる円錐状の山、溶岩は玄武岩・安山岩・デイサイトと呼ばれる種類、過去に爆発的な噴火を起こした形跡があるとされています。

他にも、火山活動が4期に分けられることや山頂付近にカルデラが生まれることなどの特徴があります。

おにぎり型の山が1つあるように見える富士山ですが、南東側にある標高2693mの宝永山(ほうえいざん)、側火山群と呼ばれる70以上の山に囲まれています。

側火山とは

側火山は、山や鉱物に身近ではない方にとっては聞き慣れない用語です。

火山が噴火をするとき、地底から上昇するマグマが吹き上がる場所は火口と呼ばれます。

火山活動が複数回起こると、地形の破れ目に沿ったマグマが火口から逸れた場所で吹き出すこともあります。

火口から逸れたマグマによって生まれた山は、側火山と呼ばれています。

富士山以外の本州の山では、浅間山と大山に側火山が存在しています。

 

飛鳥時代から見た富士山という2つの面

また富士山は、「信仰の対象」「文化的象徴」という2つの面もあります。

「信仰の対象」を裏付けるのは、古代から現代まで続く山岳信仰です。

飛鳥時代には、修験道の役小角が始めて富士山を開山したとされ、世界的な登山記録『世界登頂年代記』にも掲載がされています。

その後、日本古来の神道と海外から広まった仏教が融合する神仏習合が広まると、鎌倉時代には「富士山には神仏が宿る」『吾妻鏡』にも記述されています。

明治維新後は、神仏分離令という法律が制定されましたが、人々の心の信仰までは制限することができず、戦後を経た現代でも富士山を崇める心は私たちの中に受け継がれています。

文化的象徴の富士山

「文化的象徴」は、絵画などの美術品や文学が物語っています。

最も古い美術品では、平安時代の作品とされる「聖徳太子絵伝」が法隆寺に残っています。

江戸時代に葛飾北斎が描いた「冨嶽三十六景」は、制作されて間もない頃から海外で人気を生み、日本の富士山が世界に知られるきっかけになったことは間違いのないことでしょう。

富士山が持つ「信仰の対象」「文化的象徴」は、文化遺産の基準の1つ「3.現存または消滅した文化的伝統、または文明の唯一、少なくとも稀な証拠」の評価を受け、自然が生んだ日本文化の象徴として「6.顕著で普遍的な意義を有する出来事(他の基準と組み合わせて適用する)」として高い評価を受けることになります。

関連記事でも詳しく説明しています: 日本のシンボル富士山の歴史と文化・世界遺産としての価値信仰と芸術の源泉

世界遺産検定の例題

Q1.空欄にあてはまる語句として、正しいものはどれでしょうか。(世界遺産検定4級)

日本の世界遺産『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』は、2013年に(      )として世界遺産登録されました。

1. 文化遺産
2. 自然遺産
3. 山岳遺産
4. 伝統遺産

答え: (1)文化遺産

 

 

まとめ

東海地方の静岡県と山梨県にまたがる富士山は、「信仰の対象と芸術の源泉」として2013年に文化遺産に登録されています。

世界には、富士山よりよ高く、引けを取らない風景の山はいくつがあります。

その中で富士山が世界遺産に選ばれた理由には、日本にとって「信仰の対象」と「文化的象徴」の2つ象徴があったからとされています。

富士山が自然遺産ではなく文化遺産という内容は、世界遺産検定にも出題されています。

日本の文化の中で育った私たちは、海外の方に説明できるよう覚えておきたいものですね。

次回の記事は 四季折々の絶景日本に残る暮らしの知恵を語り継ぐ世界遺産白川郷の魅力と歴史です!お楽しみに!

 

タイトルとURLをコピーしました