PR

カトマンズ盆地:ネパールの歴史と文化を探る世界遺産と危機遺産とは

記事内に広告が含まれています。

南アジアのネパールでは、エベレストがそびえるサガルマータ国立公園が世界遺産として有名です。
もう1つ、私たち日本人にとっても身近といえる文化遺産が登録されています。
それは、仏教の始まりの時代から続くカトマンズ盆地です。

前回の記事は 世界遺産サガルマータ国立公園の観光ガイド:エベレストの魅力と見どころ でした。

カトマンズ盆地の概要と世界遺産登録理由

ヒマラヤ山脈に囲まれたカトマンズ盆地は、見上げると頂上には常に雪が残り、裾野から盆地に緑が広がる南アジアの美しさで満たされた地域です。
紀元前から人々が行き来し、仏教をはじめとした南アジアこ信仰の中心地でとあるネパールには、カトマンズ市、パタン市、バクタプル市に残された芸術と信仰の文化が高く評価され、1979年に文化遺産として登録されています

カトマンズ盆地とは

カトマンズ盆地はネパールの首都カトマンズ、パタン、バクタプルの3都市から成り立つ地域で、ヒマラヤ山脈の麓に位置しています。
標高約1300メートルにあり、歴史的、文化的な重要性が高い場所です。

カトマンズ盆地は多くの寺院や歴史的建造物が集まり、ネパールの文化遺産の中心地として知られています。

世界遺産としての登録理由

カトマンズ盆地は1979年にユネスコ世界遺産に登録されました。

その理由は、ネワール族の文化が色濃く反映された建築物や宗教施設が多数存在するためです。
特に、ヒンドゥー教と仏教が融合した独特の文化が評価されています。

また、カトマンズ、パタン、バクタプルの3つの都市には、美しい宮殿や寺院、仏塔が多く存在し、それらの建築物は16~18世紀に築かれたものが多いです​ (UNESCO World Heritage Centre)​​ (世界遺産オンラインガイド)​。

カトマンズ盆地の危機遺産指定

カトマンズ盆地は、急激な都市化とそれに伴う環境問題、特に大気汚染や不適切な廃棄物管理のため、2003年から2007年の間にユネスコの危機遺産リストに指定されていました。

この間、ネパール政府と国際社会の協力により、盆地の環境改善と保存活動が進められ、現在ではその多くが改善されています (Wikipedia)​。

カトマンズ盆地の基本情報

英語表記)Kathmandu Valley
登録区分)文化遺産
登録年)1979年
登録基準)(3),(4),(6)
登録国)ネパール
登録地域)アジア

 

カトマンズ盆地の歴史とネパールの文化遺産

ネパールの首都という場合、国際的にはカトマンズ市のことを示しています。
一方で、カトマンズという場合には、カトマンズ盆地全体のカトマンズ郡、またはカトマンズ市・パタン市・バクタプル市を含むカトマンズ首都圏の両方の意味があります。

カトマンズ盆地の地理と歴史

カトマンズ盆地は、標高約1300m、沖縄と同じくらいの緯度にあり、熱帯のモンスーン気候にあたります。
インドまで続くガンジス川の支流、バグマティ川などの川が流れ、紀元前の頃から農業に適した大地が広がっています。
また、ヒマラヤ山脈を超えた先のチベット、さらには南のインドを経て中東へ続く貿易の中継点地として、旧石器時代から人が住んでいたことが明らかになっています。

カトマンズ盆地に関係する最も有名な人物は、仏教の開祖 釈迦(仏陀)でしょう。
釈迦(仏陀)によって仏教が広まった紀元前6世紀頃、現在のネパールを含むインド一帯は複数の王国によって統治され、当時はインド文化圏と呼ばれていました。

紀元前3世紀には、インドを統一したアショーカ王が釈迦(仏陀)の生誕地である南ネパールに巡礼を行い、仏教建築物を建立したとされています。
その後、他の地域の民族やイスラム勢力が入れ替わった中世を経て、18世紀前半にはカトマンズ西方にゴルカ王国が勢力を拡大します。

さらに第二次大戦の終戦までインドに影響力を持っていたイギリスの統治を経て、1951年にトリブバン国王が王位に就いたことで、立憲君主制の国家が建国されます。

3つの都市の特徴

カトマンズ盆地の中でも、文化遺産が集まるカトマンズ首都圏には、カトマンズ市・パタン市・バクタプル市の3つの都市があります。

カトマンズ市は、845767人の人口を抱え、面積49.5 km2と東京都江戸川区(49.90km2)とほぼ同じ広さのネパールの中心都市です。
723年に建設されたカトマンズ市には、ネパール最古の仏教寺院ともいわれるスワヤンブナート、中世から市民の憩いのバザールが開催されるインドラ・チョークが世界遺産として登録されています。

カトマンズ盆地南西部に位置するパタン市は、299843人の住民が暮らす国内4位の大都市です。
面積は36.1 km2で、大阪府吹田市 (36.09)や神奈川県茅ヶ崎市 (35.7km2)とほぼ同じ規模の街です。
建設された時期は299年とカトマンズ市よりも古く、仏教の記念物が1200以上存在する歴史ある街並みです。

中でも、9000の仏教彫刻が彫られたマハボーダ寺院は、1564年から1600年にかけて親子3代にかけて建築職人が築いた高さ30メートルの仏塔です。
仏教徒とヒンドゥー教徒両方に信仰されているマチェンドラナート寺院は、仏教徒は観世音菩薩の化身として信仰される、シヴァ神の化身マチェンドラナートが祀られています。

カトマンズ盆地の東端のバクタプル市は、古代から栄えていたとされる都市です。
現在は6.56 km2の面積に人口12020人が暮らす、日本国内では町や村の規模の街ですが、カトマンズ盆地で一番高いニャタポラ寺院が佇んでいます。

また、427年に建設された世界遺産ダッタトラヤ寺院、15世紀に建てられた僧院跡の「木彫美術館」はこの地域に築かれています。

カトマンズ盆地に残る世界遺産の特徴

さて、カトマンズ盆地の世界遺産にはダルバール広場(ダルパール広場)と呼ばれる歴史的な地域が登録されています。
ダルバール広場は、カトマンズ盆地のカトマンズ市・パタン市・バクタプル市にそれぞれある歴史的街並みの名称です。

かつて王宮のあった一帯には、カトマンズ市ではスワヤンブナート、パタン市ではマチェンドラナート寺院、バクタプル市にはニャタポラ寺院のボダナートというように、それぞれの広場にチベット仏教の寺院が集中しています。

世界遺産と自然災害

紀元前から栄え、仏教徒の拠り所でもあるカトマンズ盆地。
さらに歴史をさかのぼると、約8000年前までは湖だったとされています。
地震が身近な私たち日本人はすぐに気が付くはずです。

カトマンズ盆地一帯は、地盤がきわめて弱く、盆地全域に古い時代の湖や河川の堆積物が広がっています。
さらにヒマラヤ山脈は、ユーラシア・プレートにインド・オーストラリア・プレートが衝突する断層地域でもあります。

地震が起こりやすく、地盤も弱いカトマンズ盆地では2015年4月25日に起こったMw7.8のネパール中央部地震で2600人以上の方が亡くなられ、記録が残る限り少なくとも16回の大きな地震が発生したことが明らかになっています。

 

カトマンズ盆地の主な観光スポット

パシュパティナート寺院

シヴァ神を祀るネパール最大のヒンドゥー教寺院で、火葬場も併設されています。
1500年以上前から巡礼地とされ、ガンジス川の支流であるバグマティ川に遺灰が流されることがヒンドゥー教徒にとっての憧れです​ (世界遺産マニア |)​。

ネパール最大のヒンドゥー教寺院、パシュパティナート。シヴァ神を祀り、火葬場が併設されています。

 

スワヤンブナート(モンキーテンプル)

カトマンズ盆地の西部に位置する仏教寺院で、丘の上からの眺めが素晴らしいです。
ヒマラヤ最古の仏教寺院とされ、訪れる人々に平和と静寂を提供しています。
ブッダアイが描かれた金色の仏塔は特に有名です​ (格安航空券/国内航空券/国内旅行はskyticket)​。

カトマンズ盆地を一望できる丘の上に建つスワヤンブナート。金色の仏塔に描かれたブッダアイが特徴的です。

 

ダルバール広場

カトマンズ、パタン、バクタプルの各都市にある歴史的な広場で、王宮や寺院が立ち並びます。
特にカトマンズのダルバール広場は、ネパールの王宮の中心地として機能していました。
パタンやバクタプルの広場も美しい建築物で知られています​ (UNESCO World Heritage Centre)​。

中世の雰囲気を色濃く残すバクタプルのダルバール広場。美しい宮殿や寺院が立ち並びます。

カトマンズ盆地へのアクセスと旅行のヒント

日本からのアクセス

日本からカトマンズへの直行便は少ないですが、インドやタイなどを経由してアクセスすることが一般的です。
主要な経由地はデリーやバンコクで、そこからカトマンズへのフライトが利用できます。

現地の交通手段

市内の移動はタクシーやレンタカーが便利です。
観光スポット間の距離が比較的近いため、徒歩での観光も楽しめます。
また、地元のバスやリキシャも利用可能です。

観光時の注意点

カトマンズ盆地は標高が約1300メートルあるため、高山病に注意が必要です。
特に、登山や長時間の屋外活動を予定している場合は、適切な準備が重要です。
また、寺院訪問時には服装やマナーに気を付けましょう。
観光地では飲料水に注意し、ボトル入りの水を利用することをお勧めします​ (Wikipedia)​。

 

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

Q1.次の3つの文から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。(p15,2018年3月世界遺産検定3級より)

・ヒマラヤ山脈のふもとに位置する。
・「ラリトプル(美の都)」と呼ばれたパタンという都市が含まれる
・2015年のネパール大地震で甚大な被害を受けた

1. ザカルマータ国立公園
2. カトマンズの谷
3. スコータイと周辺の歴史地区
4. グレート・ブルカン・カルドゥン山と周辺の聖なる景観

答え:(2)カトマンズの谷

 

カトマンズ盆地・世界遺産登録理由のまとめ

カトマンズ盆地のお話はいかがでしたか?
世界遺産検定の過去問は、もしかするとヒマラヤ山脈と書かれた説明文でザカルマータ国立公園が思い浮かんだ方が多いのではないでしょうか?
ネパール語は聞き慣れない名前の建築物が多く紹介されていますが、冠婚葬祭で身近な仏教の始まりの地と思うと、とても身近に感じやすい世界遺産なのではないでしょうか?

カトマンズ盆地は、ネパールの豊かな歴史と文化を感じることができる素晴らしい場所です。
美しい寺院や宮殿、独特の建築様式が訪れる人々を魅了します。
高山病に注意しつつ、歴史と文化に触れる旅を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました