PR

アーヘン大聖堂の輝かしい歴史と世界遺産への道:深掘りガイド

記事内に広告が含まれています。

1978年に最初の文化遺産として選ばれたのは、ドイツのアーヘン大聖堂でした。
緩やかな礼拝堂のドームと四角錐の塔が特徴的なキリスト教の大聖堂です。
今回は、世界遺産検定の過去問を元に、アーヘン大聖堂の歴史と宗教施設への国際的な評価について掘り下げてみました。

前回の記事は イエローストーン国立公園:世界遺産の価値誕生秘話と歴史と魅力を解明
でした。

アーヘン大聖堂の国際的評価とその影響

アーヘン大聖堂は、世界遺産としての地位を確立し、中世から現代に至るまでのキリスト教世界におけるその重要性と影響力を示しています。

1978年にユネスコの世界遺産リストに登録されたこの大聖堂は、その驚異的な建築様式と歴史的意義により、国際的な評価を受けています。
カール大帝の時代から続くこの聖地は、宗教的な重要性のみならず、ヨーロッパの政治史と文化史においても中心的な役割を果たしてきました。

アーヘン大聖堂が世界遺産としてどのように位置づけられ、その評価がどのように世界各地の宗教施設や歴史的建築物の保存に影響を与えているのかを探求していきます。

アーヘン大聖堂の基本情報

 

英語表記)Aachen Cathedral
登録区分)文化遺産
登録年)1978年
登録基準)(1),(2),(4),(6)
国内の登録順位)No.3
登録国)ドイツ連邦共和国

 

ドイツにとって最初の、ヨーロッパの歴史上3つ目の遺跡として文化遺産への登録が決まったアーヘン大聖堂。

文化遺産として4つの登録基準を満たし、中でも「(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの」「(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」の2つは、登録から45年を過ぎた現代でも高く評価されています。

 

 アーヘン大聖堂:カール大帝の遺産としての重要性

アーヘン大聖堂は、西洋史上最も影響力のある君主の一人であるカール大帝によって建立された、ヨーロッパ初の宮廷教会です。
8世紀末に建設が始まり、カール大帝の統治とキリスト教の拡散に不可欠な役割を果たしました。

この大聖堂は、西洋建築におけるビザンチン様式の影響を示す最初の例の一つであり、オクタゴンの中央ドーム、金箔で飾られたモザイク、そして精巧なマーブルの装飾が特徴です。
カール大帝の遺体が安置されていることでも知られ、彼の統治下でのキリスト教の統一と拡大の象徴となっています。

アーヘン大聖堂は、中世ヨーロッパの政治的および宗教的権力の中心地として、後の世代に大きな影響を与えました。

世界遺産としてのアーヘン大聖堂

1978年にユネスコの世界遺産リストに登録されたアーヘン大聖堂は、世界初の文化遺産の一つとして、その建築的および歴史的重要性が国際的に認められました。

この登録は、アーヘン大聖堂が中世初期のキリスト教建築としての傑出した例であり、ヨーロッパの宗教、芸術、建築史において重要な地位を占めることを示しています。
世界遺産としての認定は、アーヘン大聖堂だけでなく、周辺の歴史的市街地を含む一帯の保存と保護に対する国際的な注目と支援を集めることに成功しました。

この地位は、アーヘン大聖堂を訪れる人々に対して、その場所が持つ深い歴史的および文化的価値を教育する機会を提供しています。

アーヘン大聖堂の保存と未来への挑戦

アーヘン大聖堂の保存と維持は、その壮大な建築と歴史的重要性を未来世代に伝えるための重要な取り組みです。

年月を経る中で、大聖堂は環境要因、人為的な損傷、そして時間の経過による自然な劣化に直面しています。
ユネスコ世界遺産としての地位は、必要な修復作業と保存活動に対する国際的な支援と注目を集める手段となっています。
技術的な専門知識と科学的なアプローチを組み合わせることで、この古代の建造物を保護し、その壮麗さを維持するための努力が続けられています。

アーヘン大聖堂の保存活動は、文化遺産を守ることの重要性を世界に示すとともに、歴史的建造物が直面する現代の課題に対する解決策を模索しています。

 

アーヘン大聖堂の歴史と宗教施設の遺産はする

アーヘン大聖堂は、建築物としての美しさとともに、「人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式」としてキリスト教の宗教施設としても非常に価値の高いものとされています。

 

アーヘン大聖堂の歴史と価値

アーヘン大聖堂は、アルプス山脈を越えた北部ヨーロッパでは最古の大聖堂とされています。

5世紀後半から9世紀にかけて現在のフランスとドイツに栄えたフランク王国では、キリスト教を国教としローマ・カトリック教会と関わりの深い国でした。

786年、フランス・ドイツ・オーストリアの始まりの英雄として語り継がれるカール大帝によって、アーヘンの宮殿教会の建設が始まります。

古代ギリシア・ローマの直線的な石造りの古典主義様式、東ヨーロッパとアジアの建築が融合したビザンティン様式、神々しい世界観を描くゲルマン-フランク王国様式の要素を備える大聖堂が完成します。

完成後、936年から1531年にかけて、約600年間に神聖ローマ帝国の皇帝30人の戴冠式が執り行われた場所としてアーヘン大聖堂の歴史が刻まれます。

 

国際的な宗教観

世界中にいくつもの宗教がある中で、信仰する人が多いのはキリスト教(23億人32%)、イスラム教(18億人25%)、ヒンドゥー教(11億人15%)、仏教(5億人7%)、民族信仰(12億人15%)の順と発表されています。

参照記事: https://president.jp/articles/-/52070?page=1

この中で国・人種・民族を超え世界規模で信仰されているキリスト教、イスラム教、仏教の3つの宗教が世界宗教とされています。

日本国内では、公的な場で宗教に関する話題が避けられていますが、国際的には少々異なるようです。

相手の宗教を知っておくことは、話題や文化に関するトラブルを避けるために必要とされているからです。

ここで、実用英会話の本に多く記載されている例文でを取り上げてみましょう。

Q「あなたは何教を信じていますか?/あなたが敬っている存在は何ですか?
(What’s your religion?/Do you believe any religion?)」

✕「ありません(I’m nothing)」
「無宗教です(I’m atheist)」

○「特定の宗教は信仰していません(I don’t believe in any particular religion)」

○「日本の仏と神を敬っています(I believe in Japanese Buddhism and Shinto)」

無宗教を意味する「atheist」という単語には、「無神論者/不信心者」という意味もあり会話の流れによっては「宗教を否定する人」ととらわれてしまいます。

「宗教は信じていません」という「nothing」の返答も、相手の宗教を否定する受け取り方をされてしまうようです。

「特定の宗教は」という意味のある「any particular religion」をつけることで柔らかい表現になり、初詣や法事に行かれるなら「Japanese Buddhism and Shinto」と表現することで、お寺や神社をお参りしているという意味で受け取ってもらえるようです。

 

世界遺産と宗教施設の関係

人間の文化に深く関わる宗教には、歴史的建造物も数多く残されています。

世界遺産の中で、宗教施設や宗教文化に関する文化遺産ではキリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教の順に登録数が多く、中でも信仰する人口が多く、文化に関する歴史の古いヨーロッパに広まるキリスト教関連の文化遺産が飛び抜けています。

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

Q1.宗教に関連する世界遺産で、登録数が1番多い宗教はなんでしょうか(複数の宗教施設が含まれる歴史地区や都市は含めません)

(引用元:p88,2018年9月世界遺産検定4級)

1.ヒンドゥー教
2.仏教
3.イスラム教
4.キリスト教

答え: (4)キリスト教

 

 

Q2.○宗教に関連する世界遺産で、登録数が1番多い宗教はなんでしょうか(複数の宗教施設が含まれる歴史地区や都市は含めません)

(引用元:p104,2018年12月世界遺産検定4級)

1.ユダヤ教
2.カトリック
3.イスラム教
4.仏教

 

答え: (2)カトリック

 

アーヘン大聖堂まとめ

今回は、アーヘン大聖堂の建築物としての価値を、国際的な宗教観とともに紹介させていただきました。
日本国内では、「宗教」という単語はとてもデリケートな意味を持ち、会話の話題としては避けられる傾向にあります。

一方で、国際的には地域の歴史を語るうえで宗教との関わりは欠かせない内容でもあります。
世界遺産検定には、海外の宗教施設が数多く出題されるため、世界の宗教について基本的な知識を覚えておきたいものですよね。

タイトルとURLをコピーしました