PR

手つかずの自然: エチオピアのシミエン国立公園の保全の成功を探る

記事内に広告が含まれています。

手つかずの自然が数多く残るアフリカ大陸。
テレビの自然番組や、動物動画で見かけることの多い風景ですよね。
アフリカの北部エチオピアには、環境保護活動が高い評価を受けた自然遺産シミエン国立公園
があります。
今回は、環境保護活動のお話にも触れさせていただきながら、シミエン国立公園をまとめさせて
いただきました。

前回の記事は、メサ・ヴェルデ国立公園の世界遺産古代アナサジの足跡と探訪先史時代の住居  です。

 

  1. シミエン国立公園 – アフリカの手つかずの宝石と環境保護の旗手
    1. 1. シミエン国立公園の自然の紹介
      1. ジェラダヒツジやエチオピアオオカミなど、絶滅危惧種
      2. 公園内で体験できる自然の驚異、壮大な断崖、深い渓谷、高原
    2. 2.シミエン国立公園の環境保護活動:過去から現在へ
      1. シミエン国立公園が世界遺産に登録された経緯とその意義
      2. 地域コミュニティや政府、国際組織がどのように協力して保護活動を行っているか
      3. 環境保護に資するために設けられた公園のルールや規制について
    3. 3. 保護活動が直面する課題と未来
      1. 持続可能な観光開発と地域経済への貢献
      2. 国際社会の支援
    4. 4.シミエン国立公園を訪れる際のエコツーリズムの推奨事項
      1. 自然を守るための観光客の振る舞いや心構え
      2. 環境保護への参加としての募金やボランティアプログラム
      3. 環境保全とリサーチ
      4. 教育とアウトリーチ
      5. インフラの改善と維持
    5. 5.シミエン国立公園の美しさを伝える
      1. 写真や動画を通じた公園の美しさと野生動物の紹介
      2. 自然番組やドキュメンタリーでの取り上げ
      3. ソーシャルメディアでの話題性と公園の魅力の世界への広め方
  2. シミエン国立公園の基本情報
    1. シミエン国立公園の希少な生態系
    2. シミエン国立公園の地理と自然
    3. シミエン国立公園の生物多様性
    4. 危機遺産と呼ばれた出来事
    5. 世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題
      1. Q1.人間が自然環境をいかしなかがらつくり上げた、固有の文化が見られる景観を「文化的景観」と呼びます。世界遺産のどの分類に含まれるでしょうか?
      2. Q2.世界遺産登録において重要視されている概念のひとつである、「文化的景観」の説明として正しいものはどれでしょうか?
    6. シミエン国立公園のまとめ

シミエン国立公園 – アフリカの手つかずの宝石と環境保護の旗手

シミエン国立公園は、エチオピア北部の高原に位置し、壮大な山々と深い渓谷が特徴的な、息をのむような自然美を提供しています。

1. シミエン国立公園の自然の紹介

公園の地理的特徴、気候、そしてそこに生息する植物や動物についての解説します。

この公園は、ユネスコの世界遺産にも登録されており、独特の気候と地理的特性が、多様な生態系と絶滅危惧種の保護地となっています。

冷涼で時には厳しい気候であるが、種々の植物群が栄え、アファールアロエや巨大なロベリアのような特有種を見ることができます。

 

ジェラダヒツジやエチオピアオオカミなど、絶滅危惧種

動物の中でも、特に注目すべきは、絶滅の危機に瀕しているジェラダヒツジやエチオピアオオカミであり、これらは公園を訪れる人々にとって大きな魅力となっています。

ジェラダヒツジは、その社会的な振る舞いと地上性のライフスタイルで知られ、エチオピアオオカミは、世界で最も希少な犬種の一つです。

公園内で体験できる自然の驚異、壮大な断崖、深い渓谷、高原

公園内では、急峻な断崖やラス・ダシェン山など、エチオピアでも最高峰に数えられる山々と共に、自然の驚異を体験することができます。

これらの地形は、ハイキングや登山、そして壮大な景色を愛する人々にとって、忘れられない冒険を約束してくれます。

 

2.シミエン国立公園の環境保護活動:過去から現在へ

シミエン国立公園は、その驚異的な自然景観と希少な野生動物により、世界中から注目される場所です。
この公園は、エチオピアの北部に位置し、壮大な山脈、深い峡谷、そして独特の生態系を有しています。
ここでは、シミエン国立公園の環境保護活動の歴史と現状について詳しく見ていきます。

シミエン国立公園が世界遺産に登録された経緯とその意義

シミエン国立公園は、1978年にユネスコの世界遺産に登録されました。
この登録は、公園が持つ類稀な自然美と、エチオピア固有の種、特にエチオピアオオヤギやゲラダヒヒなどの保護を必要とする野生動物の生息地であることを認めるものです。

世界遺産に登録されることで、国際社会はこの地域の重要性を認識し、その保存と保護のための責任を共有するようになりました。

地域コミュニティや政府、国際組織がどのように協力して保護活動を行っているか

シミエン国立公園の保護と持続可能な管理は、地域コミュニティ、政府機関、そして国際組織の間での協力によって実現されています。

地域コミュニティは、公園内での持続可能な観光活動を通じて経済的利益を得ることができ、これが保護活動への支持を強化しています。

政府は、公園管理の法的枠組みを提供し、資金と人的資源を配分することで、その役割を果たしています。
一方、国際組織は、技術的支援や研究、資金提供を通じて、公園の保護活動をサポートしています。

環境保護に資するために設けられた公園のルールや規制について

シミエン国立公園を訪れる際には、公園の自然環境と野生動物を守るための一連のルールや規制が設けられています。

これには、特定の地域へのアクセス制限、野生動物への餌やり禁止、ゴミの持ち帰り義務などが含まれます。
これらの規則は、公園内の自然環境を訪問者の影響から守り、持続可能な観光を促進するために不可欠です。

また、ガイドの同行が義務付けられており、訪問者が公園内での行動について適切な指導を受けることができます。

 

3. 保護活動が直面する課題と未来

シミエン国立公園の環境保護活動は多くの課題に直面しています。

違法な狩猟や森林伐採は、公園の生態系に重大な影響を与えています。
これらの行為は、稀少な動植物種の生息地を破壊し、生物多様性の減少を招いています。

また、気候変動は公園の環境に追加の圧力を加えています。

温暖化による温度の上昇や降水パターンの変化は、水資源の減少や種の分布範囲の変動を引き起こし、公園内の生態系バランスに悪影響を及ぼしています。

持続可能な観光開発と地域経済への貢献

持続可能な観光開発は、シミエン国立公園の保護活動にとって重要な要素です。

環境に配慮した観光活動は、公園の自然を守りつつ地域経済に貢献する方法として注目されています。

観光から得られる収入は、公園の管理や保全活動の資金源となります。

また、地元コミュニティへの経済的利益は、地域住民が環境保護に積極的に参加する動機付けとなることが期待されています。

持続可能な観光政策を通じて、地域の伝統や文化を尊重し、自然と調和した観光体験を提供することが重要です。

国際社会の支援

シミエン国立公園の環境保護活動を支援するために、国際社会はさまざまな形でエチオピアの努力に協力しています。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)や世界自然保護基金(WWF)などの国際組織は、資金提供、専門知識の提供、保護プログラムの実施を通じて支援しています。

これらの支援により、違法行為の監視強化、地域コミュニティの意識向上プログラム、環境教育の推進など、具体的な保護対策が講じられています。

国際的な支援と協力は、地球規模の課題である気候変動への対応や、生物多様性の保全において不可欠です。

シミエン国立公園の未来には課題が存在しますが、地域コミュニティ、政府、国際社会が一丸となって取り組むことで、これらの課題を乗り越え、公園の自然と文化遺産を守り続けることができます。

4.シミエン国立公園を訪れる際のエコツーリズムの推奨事項

  1. 公園内での行動規範を守る:公園の規則を尊重し、指定されたトレイルやエリア内を移動しましょう。野生生物の生息地を保護するため、自然環境への干渉を最小限に抑えます。
  2. ごみは持ち帰る:ごみは全て持ち帰り、適切な場所で処理しましょう。自然に残すものは足跡のみ、持ち帰るものは記憶と写真だけにしましょう。
  3. 地元の経済を支援する:地元のビジネスや製品を利用し、地域コミュニティの経済発展に貢献しましょう。地元ガイドの雇用も含まれます。

 

自然を守るための観光客の振る舞いや心構え

シミエン国立公園の訪問者として、私たちの行動一つ一つが自然環境に影響を与えることを常に意識しましょう。

  1. 野生生物との適切な距離を保つ:動物は驚かせないよう、静かに観察しましょう。野生生物に餌を与えたり、近づきすぎたりしないでください。
  2. 自然の音を楽しむ:自然の中では、静けさを尊重し、大声での会話や音楽の再生は控えましょう。
  3. 自然への敬意を持つ:植物を採取したり、岩を移動させたりすることは避け、公園の自然美をそのままにしましょう。

環境保護への参加としての募金やボランティアプログラム

シミエン国立公園を訪れることは、自然保護への素晴らしい第一歩です。しかし、より積極的な役割を果たす方法もあります。

  1. 保護プロジェクトへの募金:公園の保全活動や研究プロジェクトへの寄付を検討しましょう。あらゆる額の寄付が、貴重な自然環境を守るための資金となります。
  2. ボランティアプログラムへの参加: シミエン国立公園やその他の自然保護区で提供されるボランティアプログラムへの参加は、自然愛好家や環境保護に関心のある人々にとって、非常に価値のある経験です。

これらのプログラムは、公園の保全活動を直接支援し、環境保護の重要性を学び、地元コミュニティとの交流を深める絶好の機会を提供します。

環境保全とリサーチ

ボランティアは、植生の調査、野生動物のモニタリング、または侵入種の除去など、さまざまな保全活動に参加することができます。
これらの活動は、公園の生態系の健全性を維持し、貴重なデータを収集する上で重要です。

教育とアウトリーチ

 公園を訪れる人々や地元の学校に向けて、環境教育プログラムの実施に関わることができます。
これにより、自然保護の重要性と方法についての認識を高めることができます。

インフラの改善と維持

 トレイルの整備や看板の設置、訪問者センターの運営サポートなど、公園の設備改善に貢献することも可能です。
これは、訪問者が公園をより楽しみ、理解する手助けとなります。
ボランティアプログラムへの参加は、短期間から長期間にわたるものまで様々あり、あなたの興味やスキルに合ったプログラムを見つけることができます。
このような活動を通じて、シミエン国立公園の自然保護に貢献するだけでなく、同じ志を持つ人々と出会い、貴重な経験を積むことができます。
地球上の美しい自然を次世代に引き継ぐために、私たち一人ひとりができることから始めましょう。

 

5.シミエン国立公園の美しさを伝える

写真や動画を通じた公園の美しさと野生動物の紹介

シミエン国立公園は、その壮大な景観と豊かな生態系で知られ、訪れる人々を魅了してやみません。
この公園の美しさとその中で生きる野生動物たちは、写真や動画という形で広く共有されています。

急峻な峡谷、広大な高原、そしてそこを流れる清らかな川の風景は、まるで地球の創造物そのもののよう。ゲラダヒヒ、イエローバブーン(アビシニアンバブーン)、そして希少種であるエチオピアオオカミなど、多種多様な動物がこの地で見られます。

写真家や映像制作者たちは、これらの生き物の自然な姿や行動を捉え、世界に向けてその美しさを伝えています。

特に、夕暮れ時に撮影された公園の風景は、訪れる人々の心に深い印象を残し、自然保護の大切さを改めて認識させます。

自然番組やドキュメンタリーでの取り上げ

シミエン国立公園は、その圧倒的な自然美と生物多様性により、多くの自然番組やドキュメンタリーで取り上げられています。

BBCの「Planet Earth」シリーズやNational Geographicの特集など、世界的に有名な番組が公園の独特な生態系や景観をクローズアップしてきました。

これらの番組は、専門家による解説とともに、公園内の隠れた美しさや野生動物の生活を詳細に描き出し、視聴者に公園の重要性と保護の必要性を伝えています。

これらの映像作品は、教育的な価値が高く、自然保護への理解と関心を深める上で非常に重要な役割を果たしています。

ソーシャルメディアでの話題性と公園の魅力の世界への広め方

ソーシャルメディアは、シミエン国立公園の美しさと魅力を世界中に広める事は非常に重要です。公園のビジュアルコンテンツを共有することで、世界中の人々に対して強いメッセージを発信し、彼らを動かすことが可能になります。
このような共有は、公園の壮大な自然を体験する機会がない人々にとっても、価値あるインスピレーションとなり、地球上の他の貴重な自然環境に対する意識を高める効果があります。

ソーシャルメディアの力を活用することで、シミエン国立公園の保護活動に対する支援を世界中から集めることができるだけでなく、エコツーリズムの促進にも寄与します。
公園の持続可能な管理と保護に資金を提供するためには、訪問者の誘致が不可欠です。
ソーシャルメディアでの積極的なプロモーションは、訪れる人々に対して教育的な体験を提供し、地元コミュニティの経済発展にも貢献します。

最終的に、シミエン国立公園の美しさを伝え、その魅力を世界に広めることは、自然保護と持続可能な観光の両方を推進するための重要なステップです。

私たち一人ひとりがソーシャルメディアを利用して、この貴重な自然遺産の重要性を伝え、保護活動への参加と支援を呼びかけることが、未来の世代に豊かな自然環境を残すための鍵となります。

 

シミエン国立公園の基本情報

 

英語表記)Simien National Park
登録区分)自然遺産
登録年)1978年
登録基準)(7),(10)
登録国)エチオピア
登録地域)アフリカ

シミエン国立公園は、ナイル川の源流の1つとされるエチオピア最大のタナ湖の北側、山岳地帯
に220km2に及んで広がる国立公園です。

1978年に世界遺産の2つの登録基準を満たし、中でも生物多様性の登録基準(10)「科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる」では、地域特有のワリアアイベックスの保護活動が高い評価を受けたエピソードがあります。

シミエン国立公園の希少な生態系

シミエン国立公園が自然遺産に登録された背景には、希少な生態系の保護活動の歴史がありま
す。

シミエン国立公園の地理と自然

日本の中規模の市町村と同じ面積を持つシミエン国立公園は、独特の地形から「アフリカの天
井」とも呼ばれています。

国立公園に含まれるシミエン山地には、標高4620mでエチオピア最高峰のラス・ダシェン山をは
じめとする高山が続き、標高差による気温の変化が大きい自然環境のなかで、独特の生き物た
ちが生息しています。

シミエン国立公園の生物多様性

シミエン国立公園には、ゲラダヒヒ、アヌビスヒヒ、マントヒヒ、アビシニアジャッカル、キンイジャッカル、ブチハイエナなどの哺乳類。
ヒゲワシ、チョウゲンボウなどの大型の猛禽類など独特の生き物たちが暮らしています。

シミエン国立公園がエチオピアで国立公園に指定され、世界遺産の登録につながったきっかけのひとつは、ワリアアイベックスの保護活動で明らかになった調査結果とされています。

ワリアアイベックスは、大きく丸まった角を持つヤギ属の哺乳類アイベックスの一種です。

アイベックスは、ヨーロッパのアルプス山脈周辺に生息し、シミエン国立公園のワリアアイベック
スと姿形に大きな違いはありません。
かつてヨーロッパとアフリカが地続きだったときに渡ってきたと考えられています。

ヤギの仲間の一種でもあるワリアアイベックスは、標高が高く食料になるハーブや草、果物など
の植物の豊かな地域を好むようです。

彼らの天敵はヒョウやオオカミなどの肉食動物、そして多くの動植物の天敵でもある人間です。
シミエン国立公園のワリアアイベックスは、1990 年代後半、個体数の減少により絶滅危惧種に指定されることになります。

危機遺産と呼ばれた出来事

ワリアアイベックスの生息数の減少が問題視された1990年代から2000年代にかけて、シミエン
国立公園は世界遺産として存続が危ぶまれる「危機遺産リスト」に登録されることになります。

シミエン国立公園のあるエチオピア周辺は、隣国との紛争や、政府の治安維持が及ばない地域
があるなど政治的に不安定な地域でもあります。

1993年まで続いた、エリトリア独立をめぐる内戦では、シミエン国立公園周辺も戦場になるなど
環境を大きく損ねる原因となったことが明らかになっています。

さらに、人口増加とともに行われた農地拡大が森林環境の悪化に拍車をかけることになります。

森林環境の悪化は、草食動物の住処と食料を不安定なものとしてしまい、さらに草食動物を食料
にする肉食動物の生存も危うくなります。

幸い、シミエン国立は危機遺産に登録された1996年かは2017年にかけて、ユネスコから得られ
た補助金を活用し、付近で農産物を生産していた人々に強制移住という形で新しい居住地を見
つけ、対象とならなかった人々は今も自然と共存した暮らしを営んでいます。

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

 

Q1.人間が自然環境をいかしなかがらつくり上げた、固有の文化が見られる景観を「文化的景観」と呼びます。世界遺産のどの分類に含まれるでしょうか?

(p76,2018年7月世界遺産検定4級)

1. 複合遺産
2. 自然遺産
3. 文化遺産
4. 宗教遺産

答え:(3)文化遺産

 

 

Q2.世界遺産登録において重要視されている概念のひとつである、「文化的景観」の説明として正しいものはどれでしょうか?

(p8,2018年3月世界遺産検定3級)

1. ひときわ優れた自然美や美的重要性を持つ景観
2. 周囲の自然環境や気候風土の影響を全く受けていない、人工的な景観である
3. 日本では「紀伊山地の霊場と参詣道」ではじめて認められた
4. 複合遺産に分類される

答え:(1)ひときわ優れた自然美や美的重要性を持つ景観

シミエン国立公園のまとめ

エチオピアの誇る自然遺産シミエン国立公園のお話はいかがでしたか?
世界遺産のの中でも、自然遺産として認められるためには、景観や生態系の希少価値に加え、
保護活動などの環境保護の実績も大きく影響しています。

周囲の環境から地理的に離れた日本の自然、私たちも環境保護に目を向け世界からの評価を
得られるように意識したいものですね。

最後に、シミエン国立公園を通じて、アフリカ大陸に残る手つかずの自然の大切さと、それを守るための環境保護活動の重要性を強調します。

読者が自然保護に対する理解を深め、エチオピアだけでなく世界中の貴重な生態系保護に興味を持つことを願います。

次回の記事は、 エチオピアの世界遺産:天然の岩を彫り出した信仰の証ラリベラの岩窟教会群
です。

タイトルとURLをコピーしました