PR

ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑、その歴史と世界遺産検定への道深く掘り下げ

記事内に広告が含まれています。

ポーランドの美しい風景の中に、地下深くに隠された驚異の世界があります。
その名もヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑です。
これらの岩塩坑は、その歴史的重要性と独特の美しさで知られ、1996年にはUNESCOの世界遺産に登録されました。

ヴィエリチカ岩塩坑は13世紀に遡る歴史を持ち、長い間にわたって塩の採掘が行われてきました。一方、ボフニア岩塩坑も同様に古くからの採掘が証明されており、こちらは1248年に開始されたとされています。これらの坑道は、今ではその壮大な地下教会や彫刻、湖などで観光客を魅了しています。

前回の記事は エチオピアの世界遺産:天然の岩を彫り出した信仰の証ラリベラの岩窟教会群  です。

「ポーランドの宝石、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑とは?」

東欧ポーランドには、ファンタジーのアニメやゲームのワンシーンで描かれる幻想的な文化遺産が登録されています。

世界最古とされる中世のポーランドで創業したヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群は、坑道内に掘られた岩塩の彫像とともに、当時の資源採掘を今に残す世界遺産です。

訪れる者すべてを虜にするこれらの岩塩坑は、「地下の大聖堂」とも呼ばれています。
壮大な地下空間に広がる美しい彫刻や、光が幻想的に反射する湖水は、まるで別世界のよう。特にヴィエリチカの聖キンガ教会は、その美しさで訪れる者たちを圧倒します。
壁面や天井に施された精緻な彫刻は、すべて塩で作られており、その技術の高さには目を見張るものがあります。

訪問者の体験もまた、これらの岩塩坑が提供する魅力の一部です。
地下深くに広がる迷路のような通路を歩きながら、数百年にわたる採掘の歴史を感じることができるのです。

この記事では、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑の美しさと歴史的背景を掘り下げ、なぜこれほどまでに多くの人々がこの場所を訪れるのか、その理由をお伝えします。それでは、この地下の奇跡について、一緒に詳しく見ていきましょう。

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群の基本情報

 

英語表記)Wieliczka and Bochnia Royal Salt Mines
登録区分)文化遺産
登録年)1978年,2013年拡張
登録基準)(4)
登録国)ポーランド
登録地域)ヨーロッパ

 

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群は、岩塩を採掘する岩塩坑と呼ばれる鉱山です。

1044年に創業し1996年に商業採掘は中止されていますが、廃坑になっていない岩塩坑としては世界最古とされるヴィエリチカ岩塩坑。

深さは地下 327 m 、全長は 300 km 以上の大規模鉱山で、坑道には歴史上や神話上の様々なモチーフの彫像が並んでいます。

長年の作業員が採掘の合間に作成した彫像は、岩塩で作られていて、幻想的な地下世界の大聖堂として佇んでいます。

 

 

 

歴史的背景「時を超える旅: ヴィエリチカとボフニア岩塩坑の歴史」

世界遺産のヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群は、現在のポーランド周辺の歴史が深く関わっています。

ポーランドの地下深くに広がるヴィエリチカとボフニアの岩塩坑は、ただの坑道ではありません。これらは、ヨーロッパの産業発展に不可欠な役割を果たしてきた歴史的遺産であり、古くから続く塩の採掘の歴史を今に伝えています。

ヴィエリチカ岩塩坑の採掘活動は、13世紀初頭に始まりました。
この時期は、塩が貴重な保存料として、また食品調理に欠かせないものであったため、非常に重要な資源でした。
このため、ヴィエリチカの岩塩は、地域経済に大きく貢献し、時には「白い黄金」とも呼ばれていました。

一方、ボフニア岩塩坑は1248年に採掘が開始され、こちらもまた長い期間にわたり活発な採掘が行われました。
ボフニアでは、技術の革新が進み、より効率的な採掘方法が導入され、生産性の向上に貢献しました。

これらの岩塩坑は、何世紀にもわたって拡張され続け、多くの労働者がこれらの坑道で働いた記録が残されています。
彼らは、地下深くの困難な環境の中で、その技術と勇気をもって、この地域の発展に寄与しました。

今日、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑は、その歴史的価値とともに、壮大な地下空間としての美しさで知られていますが、かつて数多くの労働者が生活し、働いた場所であることを忘れてはなりません。
これらの坑道が世界遺産として保護され、未来永劫にわたってその歴史が語り継がれることは、私たちの共通の責任です。

 

11世紀の東ヨーロッパとポーランド

北にバルト海、西にドイツと東のウクライナという大国に挟まれた東欧のポーランド

現在のポーランドは、1945年以降、大きな領土の変化はありませんが、貴族の権力争いが起こる地続きのため、発祥から現在にいたるまで大きな変化が起こっています。

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群が建設されたとされる10から11世紀にかけて、ポーランドにとっては国の誕生ともいえる時期でした。

神聖ローマ帝国からポーランド一帯の支配権を認められた、ミェシュコはチェコ公爵の娘と結婚し、966年にローマ教会の主導でキリスト教に改宗し政治基盤を固め始めます。

翌年の967年にら、敵対していたヴィヒマン2世伯らを倒し、972年にはポーランド一帯の支配を敵対する貴族から引き継ぐことになります。

992年、亡くなったミェシュコの国は息子のボレスワフ1世に引き継がれます。

東ヨーロッパ一帯、さらにはウクライナの首都キーウ周辺にまで広がるポーランド王国 の誕生です。

正確には、ボレスワフによる建国から分裂期と呼ばれる崩壊の始まりまでの1025年から1138年までが初期のポーランド王国と呼ばれています。

建国から100年にも満たない、あまりにも急な領土拡大は周辺国の反発を生み、政権の分裂に合わせて周辺国からの侵攻を受けることになります。

この時期は分裂期と呼ばれ、初期のポーランド王国が複数の貴族に支配された1138年から1295年までを指しています。

その後、モンゴル帝国の侵攻による荒廃が起こる1287年までの間が王立岩塩坑群の黎明期とされています。

塩の生産と岩塩坑

私たちが生きるために欠かせない「塩」には、地域によって4つの原材料の違いがあります。

岩塩は主にヨーロッパと北アメリカ、海塩呼ばれる海水に含まれる塩は南米やオセアニア、アフリカのウユニ塩湖の湖塩中国地方や日本の温泉地で使われる井塩です。

地域によって違いがある一番の理由は、岩塩の資源量です。

日本国内で暮らす私にとって、塩は「海水を煮詰めて作る」ものでしょう。

日本国内では、記録に残る最古の時代から煎熬採塩法と呼ばれる海水を煮詰める方法で塩を生産していました。

蒸気機関や電気が利用されてからは、機械的なエネルギーを利用した流下式製塩法やイオン交換膜製塩法が取り入れられましたが、古くからの煎熬採塩法では木材、新しい方法では電気が必要なため、工業用と含めた塩の85 %を輸入に頼っています。

一方、岩塩資源のある地域にとって塩は、「山の鉱山から切り出す」ものとして認識されています。

鉱山から切り出した塩は、衛生的な問題がなければそのまま販売され、管理が必要な際には1度溶かしたものを煮詰めて食用の塩を生産しています。

岩塩坑は、岩塩という資源のあるポーランドで、食用の塩の採掘のため大規模な採掘が行われた鉱山でもあります。

 

ポーランドと王立岩塩坑群の歴史

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群が創業したのは、1044年のことです。

ポーランドは分裂期と呼ばれ、国内が混乱した時期でもあります。

周辺国の侵攻によって、ハンガリー王国へ逃亡していたカジミェシュ1世はイタリアとキーウ大公国と同盟を結び、ポーランド王国の再統一を果たします。

岩塩坑は、ポーランドに岩塩の資源をもたらし、1250年に国営企業になります。

 世界遺産としての価値「なぜヴィエリチカとボフニアは世界遺産に選ばれたのか?」

ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑が世界遺産に認定された理由は、単にその歴史的な背景や美しい彫刻だけではありません。
これらの場所は、長い年月を通じて人類の技術的な進歩と文化的な発展を象徴しています。
それぞれの坑道が世界遺産としての地位を獲得した背景には、以下のような独特の価値があります。

まず、技術革新の証としての価値があります。

これらの岩塩坑は、過去における鉱山技術の発展を示す貴重な事例であり、特にボフニアでは、新しい採掘技術が試みられたことが知られています。
これにより、より安全かつ効率的な方法で塩が採掘されるようになり、他の鉱山技術にも影響を与えました。

次に、文化的な影響も無視できません。

岩塩坑は、地元の人々にとって経済的な繁栄だけでなく、文化的なアイデンティティを形成する要素ともなっています。
特にヴィエリチカの場合、地下の教会や彫刻は、労働者自身が彼らの信仰と芸術的才能を表現する場として作り上げたものです。
これらは、地域の人々の生活に密接に関連しており、特定の文化的伝統を今に伝える重要な手段です。

さらに、地域共同体との結びつきという点でも、これらの岩塩坑は特別です。

数世紀にわたり、これらの坑道で働いた人々は、地域社会の一員としての認識と連帯感を深めました。
このように、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑は、地域コミュニティの連携とアイデンティティの象徴として機能しています。

これらの岩塩坑が世界遺産として評価されるのは、これらの坑道が有する多層的な歴史と文化的な重層性、技術的な革新の証左としての価値によるものです。

 

世界遺産検定への挑戦: 知識を深めるためのステップとその重要性

世界遺産検定は、世界遺産の価値や意義についての理解を深めるための重要な手段です。

ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑に関する検定は、これらの場所の歴史、文化、そして自然環境についての知識を広げましょう。

世界遺産としての認定は、これらの価値を保護し、未来の世代への教育的資源としても機能させることを意味します。
ここでは人類の過去を学び、将来への洞察を深めることが検定合格の早道です。

 

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

過去4年間の出題はありませんでした。

というわけで、chatGPTに例題を作成してもらいました。

ChatGPT
以下は、世界遺産検定4級のための予想問題を、四択形式で作成したものです。この問題は、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑に関連しています。

問題:1ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑が初めて世界遺産リストに登録されたのはいつですか?

選択肢:
A) 1978年
B) 1989年
C) 1996年
D) 2004年

正解: C) 1996年

この問題は、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑の世界遺産登録年を尋ねることで、検定受験者の具体的な歴史的事実に対する知識を評価します。世界遺産に関する検定では、登録年だけでなく、その遺産の特性や、登録に至った背景など、幅広い知識が求められることが多いです。

問題2:ヴィエリチカ岩塩坑内にある有名な地下の教会の名前は何ですか?

選択肢:
A) セントポール教会
B) セントペトロ教会
C) セントキンガ教会
D) セントジョージ教会

正解: C) セントキンガ教会

 

問題3:ヴィエリチカ岩塩坑とボフニア岩塩坑のうち、より古い歴史を持つのはどちらですか?

選択肢:
A) ヴィエリチカ岩塩坑
B) ボフニア岩塩坑
C) 両方同じ年に開始された
D) 歴史的記録が不明である

正解: A) ヴィエリチカ岩塩坑

これらの問題は、ヴィエリチカとボフニアの岩塩坑についての基本的な知識を問うもので、検定試験において役立つ典型的な問題です。教会の名前や開坑年など、具体的な詳細を覚えておくことが重要です。

以上3問chatGPTに作成してもらいました。

 

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群のまとめ

ポーランドの文化遺産、ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群のお話はいかがでしたか?

現在は観光地として残る、坑内には作業員が採掘の合間に手作業で作成した彫像は全て岩塩でできています。

有力者や宗教団体の対立が続いていたポーランド、当時の暮らしを物語る資源採掘の遺跡。
地域の歴史とともに覚えておきたいですよね。

タイトルとURLをコピーしました