【読むだけで合格まちがいなし?】受験生におすすめのことわざ6選!

受験生のイラスト
この記事は約5分で読めます。

 

スポンサーリンク

受験生におすすめのことわざ6選

イトポン先輩
イトポン先輩

そろそろ受験シーズンも、本格的になってきたね。

後輩キナポン
後輩キナポン

寒い毎日がつづくけれど、がんばっているみんなには本当にがんばってもらいたいです。おすすめの天気にまつわる四字熟語をお伝えしますよ。

イトポン先輩
イトポン先輩

わ~。たのもしい。これを読んでいる受験生のみんなが、少しでも明るく前向きな気持ちになってくれたら嬉しいね!

風雪に耐える

毎年冬になると、北海道や東北地方を中心に多くの雪がつもります。大人の背たけほどもある雪の壁は、とてもダイナミックに見えることもあります。

風雪に耐えるということわざは、たとえ困難に思える問題が起きても、じっと耐えていればかならず良いことが待っているという受験生にぴったりのことわざです。

いまの勉強が苦しかったとしても、あともうひと踏ん張りの辛抱だとわりきってしまえば、思いのほか簡単に山はこえていけるはずです。ねばり強いあなたなら、きっとできると思いますよ。

小さな成功を積み重ねていく

 

一寸先は闇

「え?何だか恐そうなことわざ。まったく受験生向きじゃないよね?」そう思った方もいるかもしれません。いえいえ。一寸先は闇というのは、実はとても深くていい言葉。

目の前の暗やみが恐ろしく思えたとしても、次の瞬間には想像もしていなかったような未来が訪れるかもしれない。それはアンラッキーな出来事かもしれませんが、ラッキーな出来事でもある可能性もあるのです。

次の瞬間に、未来は大きく変わる。そう思って行動していれば、何が起きても慌てることはありません。何が起こるか分からない受験シーズン。転ばぬ先の杖をいくつも、胸のポケットにしまっておくと、何が起きても決して慌てることはありません。

ことわざ

ことわざ

雪は豊年のしるし

いまでこそ大雪が降ると災害などが心配されますが、すこし前では「大雪が降るのは豊作の前兆」と信じられていました。

ひとつの角度から見ると悪い面ばかり気になることもありますが、もうひとつの角度から見るとそうではないこともあります。

たとえば受験前のプレテストで思うような成績が取れなかったとき。「もう合格は無理だ」とあきらめるのではなく「自分の弱点を事前に知れて良かった」と心の向きを変えてみる。足りなかった科目の勉強をし直してみたり、復習を完ぺきにしてみたりすると、以前の自分よりパワーアップできることもあります。

マイナスに見えることも、プラスにシフトし直していくと、意外と世の中はうまく回っていきます。

プラスに考える

大きな家には大きな風

大きな家には大きな風、このことわざには「はたから見ると幸せな暮らしをしている人でも、実はそれなりの悩みや苦労がある」という意味があります。大きな家をもち、立派な車をもち、立派な仕事についているのは単純に考えると幸せなことかもしれませんが、やはりそれなりの苦労もあるということです。

幸せは簡単につかめるものではありません。その裏面には努力や忍耐・苦労も隠されていることもあります。厳しい受験戦争がつづきますが、そのときに培った気持ちは、今後の人生をのりこえる大きな勇気になると思います。人生に無駄なことなど何もない…そう信じてがんばってみてください。

雷鳴れば梅雨あける

気象予報士の間では「雷が鳴ると、梅雨明けのサイン」という有名なジンクスがあります。本州にぶ厚い前線が重なると雷がよく鳴るようになり、梅雨あけまであと少し…と思われているからだそうです。

このように人生には何らかのサインやメッセージが隠されていることがあります。何も考えずに通り過ぎてしまえばたいしたことはないのですが、耳をそばだてて感覚を敏感にしてみると、入ってくるものもあります。

教科書や参考書を開いたとき、ただやみくもに勉強するのではなく「何のために今勉強しているのか」その意味を考えながら勉強すると、今見ているページがより「自分のもの」になることもあります。意味のある勉強をぜひおこなってほしいとおもいます。

明日は明日の風が吹く

ことわざ明日は明日の風が吹く

ことわざ明日は明日の風が吹く

最高にポジティブな言葉が、明日は明日の風が吹くです。今日どんなに嫌なことがあったとしても、ひと晩ねむって明日になれば、きっと風向きも変わっている。嫌なことをいつまでも考えていても仕方がないから、もっと気楽に楽しく生きていこうよ―という意味があります。

受験勉強をしていると、気持ちがうまく切り替えられず、いつまでも過去の悪い成績が気になることがあります。大切なことを覚えておくのは重要ですが、悪いことにはこだわり過ぎないことも大切。

悩みや迷いにとらわれているくらいなら、あっさり切り捨てて「空っぽの自分」に生まれ変わる方が、自由に生きていけます。計画ばかりの人生もいいけれど、それで苦しくなってしまったら「なりゆき任せ」の思考もおすすめ。わりきって考えた方が、うまくいくこともあります。

まとめ

受験生にぜひ触れてほしい、天気にまつわることわざをお伝えしました。どれもグッと胸に入り込むような、アツいことわざばかりでしたね。

受験勉強ばかりで心が窮屈になってしまったら、ぜひこのことわざを思い出して、やる気を取り戻してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました