栃木県のおすすめキャンプ場|日光だいや川公園・オートキャンプ場

キャンプスタイル
この記事は約6分で読めます。

秋の長雨という言葉もありますがキャンプに行く日はやっぱり晴れて欲しいものです。また秋の季節は台風の動きも心配な要因ですね。最近はグランピングも流行りですね。ちょっとしたキャンプやアウトドア気分を味わいたい時にはもってこいの施設でしょうね。
でもここは自分でテントを建てるキャンプにこだわっていきたいと思います。

イトポン先輩
イトポン先輩

さて今回は東京在住のMIさんに栃木県で良く行くキャンプ場の中からおすすめキャンプ場を教えていただきました。

後輩キナポン
後輩キナポン

是非今回もどのキャンプ場に行くか迷った時には参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

栃木県のおすすめキャンプ場

栃木県は都心からのアクセスが良くて東京を離れて自然と触れたいキャンパーも多くいます。栃木県と言えば日光東照宮や中禅寺湖などの観光スポットを思い出しますね。日光市を調べるとキャンプ場近くに沢山の見どころスポットも満載です。

日光だいや川公園・オートキャンプ場

住所 :〒321-1263 栃木県日光市瀬川733-3

アクセス:
車 日光宇都宮道路 今市ICから約4km
電車+徒歩 東武鉄道日光線 上今市駅下車 徒歩約20分
電車+バス+徒歩 JR宇都宮駅(桜通り経由)-日光東照宮 野口十文字バス停下車 徒歩約2分

栃木県日光市を流れる大谷川(だいやがわ)沿いに広がっているのが日光だいや川公園です。
散策したり遊んだりと様々な体験ができる公園ですが、その中にオートキャンプ場があります。

キャンプでハンモック

キャンプでハンモック

サイト情報:オートキャンプ場と名乗っていますが、オートキャンプサイト以外にも、フリーテントサイトや、トレーラーハウスもあります。2020年6月には新しくキャビンもできました。

おすすめキャンプ:ソロでがっつりキャンプを楽しみたい人、家族でキャンプを楽しみたい人、
テントは立てられないけどトレーラーハウスキャビンでキャンプの雰囲気は楽しみたいという人など誰にでもおすすめできるキャンプ場です。

レンタル用品:キャンプ道具のレンタルや、BBQセットの販売もしているので、手ぶらで、電車バスで行って楽しむこともできます。

施設情報:キャンプ場全体は自然を利用した林間サイトで、中心を小川が流れています。
トイレや水場はどこのサイトからでもアクセスしやすいように適度な間隔で設けられています。

管理棟:管理棟にはもちろんトイレはありますし、コインシャワーや売店があります。
売店には必要最低限のものしかないので、あくまでも忘れ物をした時の非常時のお助けとして考えた方がよいです。

キャンプ場近くの買い物情報

近くの買い出し情報:食材などの調達ですが、大谷川に沿って上流の方に車で5分ぐらいの場所にヤオハン日光七里店があります。
反対の下流方面に進んで大谷川を渡ったところにもヤオハン今市店があります。こちらも車で5分ぐらいです。
その先、さらに車で5分ぐらい進むとベイシア今市モール店やイオン今市店などもあります。

どちらのスーパーもキャンプ場の近くにあるということで、肉、野菜、お酒などのドリンク類など食材一式はもちろんのこと、キャンプで使う道具も基本的なものであれば一通り揃います。
キャンプ場周辺コンビニ:その他にもキャンプ場周辺にはコンビニやファミリーレストランなども揃っています。
せっかくのキャンプですが、もし雨が降って「あ~火おこし、片付け・・・めんどくさいなぁ」なんてことになっても、手抜きキャンプに変更することができます。

キャンプ場近くのアウトドア情報

遊びスポット: キャンプ以外の楽しみについてですが、このキャンプ場が含まれる日光だいや川公園自体にいろいろな施設があるので、遊ぶ場所には事欠きません。
公園にはキャンプ場から散歩がてら歩いて行くこともできますし、公園の駐車場までは車で1,2分の距離です。
大きい芝生広場ではフリスビーやキャッチボールを楽しめますし、公園内には森林エリアもありますのでそこを散策することもできます。
アトラクションとしてスポーツを楽しみたい人には、ディスクゴルフ場、パークゴルフ場、グラウンド・ゴルフ場、アスレチックコースがあります。
どれも本格的なコースでしっかりとスポーツを体験することができます。いずれもプレイ料金はかかりますが、用具は無料で借りることができます。

体験施設:その他にも体験館では伝統工芸体験、ヨガ教室、料理教室などが体験できますが、こちらは事前に予約しておいた方がよいです。

また、旬菜館という施設では地元の農産物を販売しています。こちらでBBQの野菜などを調達することもできますし、お土産を買って帰ることもできます。

電話: 0288-23-0201(キャンプ場直通) 電話受付時間 8:30~20:00(冬期12月1日~3月14日 8:30~17:00)

メール: camp@nikko-daiyagawapark.jp

公式ホームページ: https://nikko-daiyagawapark.jp/parkguide/camp/

イトポン先輩
イトポン先輩

近くに店もあるから行きがけに調達出来ますね!

ファミリーキャンプやソロキャンプでも楽しめそうですね。

後輩キナポン
後輩キナポン

朝の散歩が気持ちよくて大好きです。

利用料金もリーズナブルな価格ですね。

近くのおすすめ温泉情報

次に、温泉施設についてです。
温泉施設情報①:車で20分ぐらいの圏内に温泉施設がいくつもあります。
「やしおの湯」は、日光東照宮前を通ってさらに先に進んだ場所にあります。
キャンプ場からは車で20分ぐらいです。少し辺鄙な場所で、市営の温泉のためか客が少ないですがよい温泉です。
やしおの湯URL: https://yashionoyu.tsukahara-li.co.jp/wordpress/

温泉施設情報②:また、ホテル「カジュアルユーロ」では、「ほの香」と「星空の湯」という二つの露天風呂が日帰りで利用することができます。
「ほの香」は天然温泉かけ流しを大人600円で楽しめますし、「星空の湯」は貸切なので家族や友人と貸切で温泉に入ることが出来ます。
カジュアルユーロURL:  https://www.nikko-casual.jp/spa.html

日光だいや川公園・オートキャンプ場: https://nikko-daiyagawapark.jp/

まとめ

キャンプ場から車で10分ぐらい行くと観光地として有名な日光東照宮がありますし、その先にはいろは坂、中禅寺湖もあります。キャンプの合間にドライブがてら観光地巡りをするのもよいのではないでしょうか?

イトポン先輩
イトポン先輩

いつもFacebookで教えていただきありがとうございます。

今回は1カ所でしたがかなり詳しく教えていただきました。

後輩キナポン
後輩キナポン

是非、皆さんのお住いの地域のおすすめキャンプ場の

紹介もコメント欄でお待ちしております。

(コメント欄にて受付中!記事掲載のため非表示にします)

タイトルとURLをコピーしました