【アウトドア初心者】おすすめ野外用背負子の基準と機能性を知ろう!

登山
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウトドア初心者に欲しいギア

前回はあると便利なヘッドライトギアの話をしました。今回お勧めしたいのがキャンプや登山アウトドアで便利な背負子(しょいこ)の選び方のポイントを説明します。

生徒
生徒

先生、こんにちは。前回のお話でヘッドライトのギア買ってみました。

他にもこれがあればと言うのがありますか?

先生
先生

よっしゃー。早速買いましたか!

仲間が増えるのはいいことだぜ~!

生徒
生徒

あ、まらキャラが変わってきましたね。先生。

先生
先生

コホン…あ、失礼。アウトドアの話になるとつい燃えてしまうのです。

そだね。野外活動用背負子は、リュックやザックに収まらない、重たい荷物や嵩張る荷物を運ぶケースに役立つグッズを紹介しましょう。

アウトドアリュック照会の写真

野外用背負子

野外活動用背負子とは

野外活動用背負子は、リュックやザックに収まらない、重たい荷物や嵩張る荷物を運ぶケースに役立つグッズです。

両手を空けておかなければならない観点から、登山では流行です。

荷物を入れるのではなく括りつけて使用するため、荷物の形や大きさを選ばないのが良いところです。

テントやシュラフ、トレッキングポールやストーブなど、何でも背負って運べます。

魚釣り用のクーラーボックスを運ぶのにも重宝ですよ。

しかも、大量買い物した飲食料や、ささやかなインテリア・家電、ペットのキャリー事例などいつもの暮らしで応用できます。

あまり馴染みのないグッズですが、使ってみると手放せなくほど実用的なんです。

野外活動用背負子の材質は?

生徒
生徒

登山や釣りが趣味の方以外にも便利そう。旅にも暮らしで荷物を運ぶのに悩んでいる方にもお勧めできそうですね。。

先生
先生

もちろん!私も旅行の時にも愛用しています。

前回のヘッドライト同様に、両手が自由になるのが凄く便利です。

背負子のフレームの材質は、アルミフレームがお勧めですよ。

背負子のフレームの材質は、アルミフレームが推奨。軽くて耐久性が高いところが秘訣です。
重量は1〜2kgと奥行きが広く、耐久性はパイプ経や合金の配合率によって変化します。

背負子が重ければ積載可能な荷物が減ってしまいますが、軽さだけに注意すると耐久性が損なわれるため総合的に決断しましょう。

野外活動用背負子フレームの形状は?

評判などもポイントにするといいですよ。
フレームの形状フレームの形状は、緩やかなカーブを描く適合感の高いものが二重丸◎です。

直線的なフレームより、背負いやすくなっています。

しかし、数が少ないのが難点なんです。

直線フレームが背負子のメインなので、アイテム情報等をちゃんと参考にしてじっくり選択してでくださいね。

フレームが背中へ直にあたるところが多々あるほど、長時間背負う事で苦しみが出やすくなります。

登山と野外用背負子

アウトドア背負子

通気性も大事

背面の材質、通気性背面にウレタンなどの、クッション性に優れた材質が配置されているかを検証しましょう。

クッションが背中の空きに適合する事で、負担も低減できますよ。

合わせて、通気性も考慮されているかも大切です。

クッション性が高くても通気性に劣る事例は、汗ムレで不快感があります。

メッシュ材質が添加されているものが推奨です。
伸縮性とベルトの大きさなお、伸縮性のあるメッシュなら、クッションの適合感を損ないません。

ウエストベルトで体にちゃんと固定可能なら、弾みが和らげるされて安定感が急上昇します。

加えて、両肩にかかっていた重さが腰にも分散されて、同じ重さでも軽く感じる性質が。

ベルトが太めで、クッションが施されているとちなみに良しです。

ベルトが肩や腰に食い込むのを防いでくれるため、長時間背負っていても負担を感じにくくなります。

加えて、自らの体にマッチしやすいように、長さ調節パフォーマンスが付いているかも参考にしましょう。
台座や肩バーの長さを調節可能な高性能なアイテムもそれ以外、台座や肩バーの長さを調節可能な高性能なアイテムも。

背負子を荷物にもマッチさせる事で、焦点のブレを抑えられます。

性能性が高いと代金も高くなってしまいますが、あまり買い換える事のない商品なので、承諾のいくアイテムを選択しましょう。
積載する荷物の重量に適うかアイテムによって耐荷重は大きく異なるため、積載する荷物の重量に適うかを絶対検証しましょう。

登山と野外用背負子

野外用背負子

耐荷重もポイントです

日帰りの登山なら耐荷重20kgfでも十分、テントやコンロなど重たいものを積む事が多々あるなら50kgfが心配無用です。

しかし、「静荷重」の表示には配慮が不可欠。

静荷重は徐々に重りを増やしたケースに、どこまで耐えられるかというもので、アイテムの使用目的に耐えられる重さは別物です。
実のところに積める荷物は「耐荷重」の表示までとなりますので、静荷重と間違えないよう用心しましょう。

背負子に荷物を積む事例は、重い物から下になるように気を付けましょう。

重い荷物を下にする事で焦点が安定し、運びやすくなります。

加えて、肩ベルトやウエストベルトも、体にマッチしてすり合わせする事が重要です。

荷物も充分にと固定しましょう。

固定が緩いと歩く振動で揺れてしまい、荷崩れしやすくなりますので注意しましょう。

生徒
生徒

なるほど。よくわかりました。ハイキングのようなリュックを想像していましたが全く違いましたね。これから帰って見てきます。

先生
先生

長く利用するのには自分の身体に合うものが一番ですね。実際に目で見て選ぶ方が良いですよ。素材等や表示内容は今話した内容を参考にしてくださいね。

では、気を付けていってらっしゃい!

アウトドアリュックの写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました