冬キャンプで注意するべき一酸化中毒とは?実際の注意点のまとめ!

冬キャンプ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

一酸化中毒とは?

一酸化中毒は、有毒ガスである一酸化炭素(CO)を吸い込んでしまった為に手足にしびれが起きてしまったり、呼吸困難や意識障害の発生、更には死亡に至ってしまうこともある恐ろしい中毒症です。

この一酸化炭素は、物を燃やす時の不完全燃焼が原因で発生します。家庭のガス湯沸かし器が劣化によって正しく動作しなくなった為に発生したという事例が多く聞かれますが、キャンプでも火を扱う際に発生することがあるので注意が必要です。

特に野外キャンプでは、これに気付いたとしてもすぐに応急処置等がとれないことが多く、場合によっては命に危険が及んでしまうことも少なくありません。

薪ストーブ

薪ストーブ

キャンプで発生する原因

キャンプで一酸化炭素が発生する原因として、いわゆるバーベキューの際にガスを使ったコンロが不完全燃焼を起こすことが考えられます。

ただし、この場合は野外なので、発生した一酸化炭素がすぐに大気中に拡散し、大事には至らないことがほとんどですが、冬キャンプにおいては外では寒いのでその屋内でコンロを扱うことも多いので、その時には換気をしながら行うといった対策が必要になります。

特に普段使い慣れていない大型のコンロでは、いつ不完全燃焼を起こしてしまってもおかしくありません。屋内でのそのようなコンロの使用時には、きちんと火が出ているかを常に確認し、少しでも異変を感じた時には、すぐに窓を全開にするといったことができるような環境で行いましょう。

薪ストーブ

薪ストーブ

使う前に必ず点検しておきましょう

キャンプでしか使わない道具として普段はしまってあったコンロの場合、本番の前に必ずきちんと点火し、同じ勢いで火が出続けるかどうかの確認を行ってください。使用回数が少ないものでも、しまっておいた間にどこかが劣化していることが考えられます。

冬キャンプ

冬キャンプ

冬キャンプでの注意点は?

冬キャンプでは、挙げてきたケースの他に、寝ている間のヒーター等に注意が必要です。外でテントを張って宿泊する場合には、寒い為に夜中にずっとヒーターを点けっぱなしにすることがあるでしょう。

その際にヒーターが不完全燃焼を起こした為にテント中に一酸化炭素が蔓延し、寝ている間にそれを吸い込んでしまう危険性があります。一酸化炭素はガスとは違って匂いが全くしない為、発生していることに気付きにくく、テント内では自然に吸い込んでしまいます。

これを避けるにはヒーター類を使わないのが一番ですが、それでは寒くて寝られない場合には、テント自体を密閉せず、換気用の隙間を作っておくことが大切です。それによって寒くなってしまうかも知れませんが、密閉された空間でのヒーターの使用には必ず危険が伴うと覚えておいてください。それが寝ている間であれば尚更です。

雪中 冬キャンプ

雪中 冬キャンプ

使う道具に関わらす危険性があります

テント内で暖をとるには石油式のヒーターを使うのが定番ですが、炭火のものであっても危険性は変わりません。燃やす燃料に関係なく、それが炭でも薪であっても、不完全燃焼は起こります。

ガスや石油を使わなければ一酸化中毒の危険はないと考えている人が居るかも知れませんが、それが大きな勘違いです。

屋内で使うと必ず危険があると考えましょう

キャンプにおける火は、基本的には野外でのみ使うと考えた方がいいでしょう。屋内に備え付けの設備を使う場合は別として、持ち込んで火の出る道具(ヒーターも含みます)を使う時には、この一酸化中毒の危険があることを常に頭に入れておかないといけません。

どうしても屋内で使う場合には、必ず換気をしながら使うようにしてください。バーベキュー用のコンロの場合は窓などを必ず一箇所は空けておき、テント内で寝る時に使うヒーターの場合も外気の入るそれなりの隙間を作ってから使用してください。

薪積み

薪積み

アラーム機器を使うと安全です

コンロやヒーター類には、不完全燃焼を起こすとそこで燃料の供給が強制的に止まるといったものが存在しますが、その仕組みも完全ではありません。よって、付いていないよりはマシですが、その機能だけに頼るのは危険です。

そこで、別に一酸化炭素を検出すると鳴り響くアラーム機器を用意しておくことをおすすめします。電池で動作する携帯用のものが2000円程度で購入できるので、冬キャンプにはキャンプ道具の1つとして一緒に携帯するといいでしょう。

寝ている時にヒーターの傍に置いておくと、一酸化炭素が発生してしまった時にすぐに分かり、危険を大分回避できます。換気をしながら使っている状態でも、このアラームを一緒に使うことでより安全に使用することができるようになります。

冬キャンプ

冬キャンプの朝

まとめ

何より一酸化炭素は目に見えず、匂いもない気体なので、それが発生していても全く分かりません。経験者の談でも、気が付くと手足がしびれていたといったことが多いので、冬キャンプでは天候や遭難への注意と共に、これにも十分に注意し、対策を行うことが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました