【ツーリング初心者】キャンプ雨の楽しみ方と雨天走行の注意を4点!

雨
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ツーリング初心者のための雨の日楽しみ方

各県のツーリングスポットを紹介していますが、今回はツーリング初心者向けに記事を作成しました。走っていると晴れから雨に変わることも多いでしょう。初心者のための雨の日楽しみ方や実施してほしい注意点を中心に掲載しました。

バイク

点検を

ツーリングキャンプ

雨の日の予約キャンセル前に

梅雨など雨多い時期キャンプツーリングに出れば当然どうしても雨降られる確率が高くなります。

折角予約したキャンプ場を天気悪そうでやめようとともっとてる人もいるでしょう。

暴風雨となると話は違いますが、雨のキャンプサイトはとても静かでフライシート、タープを討つ雨音がここち良くて読書がとてもはかどります。

ツーリングアップルなど地図じっくり眺めるにもいい時間の過ごしかたです。土砂降りでもななければキャンプサイトを離れ周辺散歩してみてください。通いなれたキャンプ場でも晴れた人また違った表情を見せるはずです。

雨

雨の日の写真

写真を撮ってみましょう

いつも見かけない昆虫も顔出してくれます。散歩の時写真をとってみましょう。

雨の日は植物が生き生きして、なんでもない被写体が水滴をまといドラマチックにうつります。そして影がないふんわりした写真をとれて愛車いろんなところのアップ、人物スナップをとってみるのもいいです。

あらかじめ雨予想されれば温泉など近いキャンプ場を選んでみてください。道具貸してくれる釣り場なら手ぶらでも良く、もしかすると夕食のおかずもゲットできるかもしれません。

そして、温泉施設でのんびりし食事まで済ませるといった方法も良いです。天気の悪い日でもツーリングの楽しんでみてはいかがでしょうか。

ガジェット

写真楽しみ方

雨天走行の注意

装備はしっかりと

バイク乗るなら雨天走行をかんがえることになります。

街中でもレインウエア携帯したり、シールドに撥水コートなどをしたり根本的なこと以外に、よく言われるのが路面濡れた状況では急な操作しないことです。

急ハンドルや急な体重移動は厳禁です。

雨天走行で大事なのは路面の危険をいちはやくみつけ走行ラインを変えて避けることです。そのためいつもより速度を下げ、車間距離を多くとりましょう。

ぬれた路面の危険の代表というと横断歩道などがあり、こうした路面を通過するとき速度下げ、なるべく車体立てた状態で通過しましょう。

雨天でアクセル全開状態は危険

高速道路でアクセル全開にすればリヤタイヤにトルク伝わわらなて、タイヤの溝へってる時タイヤの空気圧低い時走行速度高い状態で水たまりに突っ込めばハイドロプレーニング現象が起きてハンドルから降られることがあります

雨天走行時、危険備えた車体装備もあり、トラクションコントロール装備するなど濡れた路面でも滑りにくいバイクは便利です。また、雨天走行で怖いのはぬれた路面でタイや滑るからで、その原因はアクセル操作、荷重かけ方など人間側にあることがほとんどです。天気の悪い日にツーリングは慎重に運転しましょう。

マンホールに注意する

スピード落としてそれでも乗りにくく怖いといったライダーも多いです。

実際不安で体固くなりバイクに余計な力くわえて、自分が乗りにくい状態をつくってるのが一番の原因です。

そして、みずたまりなど避けては走りブレーキは2段階に分け早くかけ始めるなど注意点あります。雨の日最も有効なテクはリラックスすることです。そのためにまず体ぬらさないレインウエア、クリアな視界確保に曇り止めシールドなど装備面も大事です。

目的地に急ぐ気持ち封印して雨だからのんびり行こうといった気持ちにきりかえましょう。

精神論に聞こえますが、それぐらいライダーの心持ちは雨に影響してしまうのです。

また、エンジン回転高いとスロットル操作で後輪空転したりします。高いギヤ選びエンジン回転下げスロットル動作穏やかにしましょう。

濡れればとても滑るマンホールですが、避けて走るのが基本です。

ですが無理に避けようと急ハンドル着るのも危険で避けられなければ車体傾けないで加減速しないで通過してください。そして、緊張して固い体の動き緩和して、滑りやすい路面の追従性上げるにはサス調整が効果あります。そしてとにかく急ブレーキは禁物です。

窓に雨が降っている写真

雨の日のフェースシールド

ツーリング雨の道具とは

雨の日ロードバイクでツーリングなどをするとき雨から身を守る必要がありますが、足元は路面から跳ね上がってくる雨かかりやすくて、路面の汚れた雨でシューズ汚れたりシューズの中までびしょぬれになります。

フットウエアは防水加工されていて汚れたとしても簡単に汚れ落とすことできる商品が多いです。そして、ロードバイクたのしむ必需品はシールド付きヘルメットですが、転倒事故などの時頭守ってくれる大事なものです。

雨の日は路面すべりやすくて転倒のリスクがあるのですが、雨の日はヘルメットが大事です。ですが、ロードバイク用のヘルメットは通気性を考えられて、隙間が開いて雨が入ってきますから注意しましょう。

ロードバイクやサイクリングをする時装備しておきたいのはグローブですが、これは路面から伝わる振動やわらげたり、ハンドル握った手のグリップ力あげたりする役目と雨の日、寒さ厳しい冬に手冷え解消するおすすめアイテムです。

雨で手がぬれればハンドル握る力弱まって転倒など事故につながってきて、装備しておいて安心なものです。ロードバイクの途中雨降ったとき装備してると役立つものがレインパンツです。

装備をしっかりして安全運転すればまた違った楽しみ方や、急な天気の変化にも対応していける事でしょう!

 

 

 

雨上がりの虹

雨上がりの虹

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました