名言一覧集4時代を歩いた戦争と人生の感動の座右の銘【瀬戸内寂聴】

僧侶が生んだ名言集
この記事は約14分で読めます。

今回は人生・感動・恋愛・努力・育児・生から死に関するで瀬戸内寂聴さんならではの名言集一覧を記事にしました。瀬戸内寂聴さん99歳の大往生。
先週のニュースで作家で僧侶の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんが9日に99歳で死去の報道がなされてました。

51歳で出家し作家としても御活躍された瀬戸内寂聴さん。前回の記事でも軌跡を記事にした通り養子縁組➡結婚➡戦争で北京へ➡出産➡日本帰国➡不倫➡離婚➡恋愛➡出家という波乱万丈の人生を送ってこられた事でも有名です。

1997年文化功労者、2006年文化勲章を受章し近年までTV出演されていたことでもで有名です。そうした瀬戸内寂聴さんだったからこそ数々の名言を残され本も数多く出版されています。

数多い出版本の中から個人的に心に残る名言集を集めてみました。

スポンサーリンク

人生・感動・恋愛・努力・育児・生から死の名言集

日本の激動時代を生き抜いた瀬戸内寂聴さん

瀬戸内寂聴さんは大正11年(1922年)生まれ5月15日生まれ。

日本の歴史を見て見ます。

先ずは大正時代です。
大正3年(1914年) 7月 第一次世界大戦(~1918年)勃発で1918年11月に終結しています。
1918年 8月 シベリア出兵(アメリカの要請)
11月 第一次世界大戦終結したものの影響が残る中1922年シベリア派遣軍撤退完了しています。

生まれた翌年の大正12年(1923)には9月1日 関東大震災が起きています。

昭和時代です。
昭和4年(1929年) 世界大恐慌
昭和7年(1932年) 3月1日 満洲国建国宣言 5月15日 5.15事件
昭和11年(1936年) 2月26日 2.26事件1937年
歴史でも習ったようにクーデターが激しかった年でもあります。

昭和12年(1937年) 盧溝橋事件  日中戦争勃発(~1945年)
昭和14年(1939年 )第二次世界大戦勃発
昭和16年(1941年)10月18日 東条英機内閣成立12月8日 日本軍、ハワイ真珠湾を攻撃(太平洋戦争勃発)

昭和20年(1945年)昭和20年 3月10日 東京大空襲4月 アメリカ軍沖縄上陸
8月6日 広島に原爆投下8月8日 ソ連が対日宣戦を布告8月9日 長崎に原爆投下
8月15日 ポツダム宣言受諾 8月15日 太平洋戦争終結
9月2日 第二次世界大戦終結

戦後の大混乱の中だったことでしょう。
昭和21年 (1946年)日本国憲法公布1964年
昭和26年(1951年 )サンフランシスコ平和条約締結 日米安全保障条約締結
昭和39年 (1964年)東海道新幹線開業 東京オリンピック開催

戦後の混乱の中目まぐるしく急速に発展していく日本です。この頃に洗濯機・テレビ・冷蔵庫と三種の神器と呼ばれる電気製品や会社がが急速に発展し売れ出していきます。

昭和45年(1970年) 日本初人工衛星「おおすみ」打ち上げ よど号ハイジャック事件
日本万国博覧会(大阪万博)開催

昭和47年(1972年) 札幌オリンピック開催 あさま山荘事件 沖縄返還

この頃学生労働運動や労働組合の労働運動が激しくなってきて来ます。

昭和51年 (1976年)ロッキード事件を経て
昭和58年 1983年東京ディズニーランド開園
昭和60年 1985年筑波万博開催(~9月)

こうしてみると激動の昭和時代でしたね。そして平成t、令和堵続いていきます。
背景の歴史と名言はつながっていると思って冒頭に掲載して見ました。
を見ないと名言との繋がりが4時代を見て過ごした瀬戸内静寂さんはどんな名言が残されているのでしょうか。

僧侶が生んだ名言集

僧侶が生んだ名言集

戦争をテーマにした名言

〇戦争はいかなる名目をつけようと人殺しであり、悪である。

〇戦争はすべて悪だと、たとえ殺されても言い続けます。

〇愛する者の死と真向きになったとき人は初めてその人への愛の深さに気づきます。「私の命と取り替えてください」と祈る時の、その純粋な愛の高まりこそ、この世で最も尊いものでしょう。

戦争の時代を経験しているだけに深い言葉ですね。

〇私は多く傷つき、多く苦しんだ人が好きです。挫折感の深い人は、その分、愛の深い人になります
〇いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう
〇あなたはたった一つの尊い命をもってこの世に生まれた、大切な存在です。

生きることは愛すること、愛することは許すことと言ってる言葉には長く積み重ねた経験が生かされている事でしょう・




人生に関しての名言

〇人生とは出会いと縁と別れです。出会ってから別れるまでの間に嬉しいことや悲しいことがあって、それを無事に越えていくことが生きるということなんです。

〇人生にはいろいろなことがあります。しかし、悲しいことは忘れ、辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。それがこの四苦八苦の世を生きる唯一の方法ではないかと思います。

〇人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。不幸が続けば不安になり、気が弱くなるのです。でも、そこで運命に負けず勇気を出して、不運や不幸に立ち向かってほしいのです。

99年間の人生の中で悪い事もあればいい事も必ずある。今が悪い時期なら思い出したいことばです。


まとめ

僧侶としても30年以上にわたって各地で法話を続けてこられました。多くの人々の悩みや苦しみに耳を傾けて自分の人生と掛け合わせながら説いてきた事でしょう
カレンダーのトップには「.笑って生ききる」との日めくりカレンダーが発表されています。言葉を目にすると活力が湧いてきます。
毎日笑顔でいたいし、一日一日を精一杯やり切りたいという願いが言葉になった名言だそうです。講演では「笑うこと」が大切であると説き、座右の銘は「生きることは愛すること」だそうです。
「笑って生ききる」っていい言葉ですね。
次回も名言をテーマにした名言・格言を本の中から掲載させて頂きます。

恋五十からでも遅くない
悔いなく生きよう
愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉
生きることば あなたへ (光文社文庫)
笑って生ききる
95歳まで生きるのは幸せですか?
はい、さようなら
生きることば あなたへ
寂聴 九十七歳の遺言
愛や歴史など題材に数々の小説発表

引用元:上記タイトル本


タイトルとURLをコピーしました