天気とアウトドア

ペットボトルロケット競技会や大会ってあるの?夏休みの工作はペットボトルの再利用でSDGsを学ぼう

突然ですが、普段の暮らしで毎日必ず見かけるペットボトル。 何かしらの形で毎日手にするペットボトルのリサイクル率はどのくらいなのでしょう? ペットボトルの専門機関「PETボトルリサイクル推進協会(The Council for PET B...
天気とアウトドア

夏休みの工作はよく飛ぶペットボトルロケットを作りながらSDGsを学ぼう

SDGsの実践のために、リサイクルに関わるのはもちろん大切です。ペットボトルロケット競技の取り組みは、リサイクルをしながら「楽しむ」こともできます。 SDGsに「持続可能な開発目標」とあるように、環境問題への取り組みは持続が大切です。 ...
降水量雨量、天気の種類

降水量100mmってどのくらいの強さ?危険なレベルの降雨量を解説

気象庁では雨の強さを「若干強い雨」、「強い雨」、「激しい雨」、「とても激しい雨」、「猛烈な雨」の5段階に分類してお伝えしています。その、「猛烈な雨」が1時間に80mm以上の雨で80ミリを超えると猛烈な雨と表現され、息苦しい圧迫感といわれてい...
スポンサーリンク
降水量雨量、天気の種類

雨50mmどのくらいの強さ?降水量30mm以上80mm未満を解説

1時間雨量の30mm(ミリ)~ 50mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「激しい雨」となります。50mm(ミリ)から80mm(ミリ)は同じく予報用語では「非常に激しい雨」の表現になります。 今回は降水量30mm以上80mm未満を徹底解説...
降水量雨量、天気の種類

降水量10mmとはどれくらい強い雨?30mm未満までの強さ解説

結論から申しますと1時間雨量の10mm(ミリ)~ 20mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「やや強い雨」となります。20mm(ミリ)から30mm(ミリ)は同じく予報用語では「強い雨」の表現になります。 今週も雨マークが多い6月になりまし...
降水量雨量、天気の種類

降水量5mmとはどのくらいの雨や雪なの?5~9mmレジャー別解説

気象庁によれば、3ミリ以下の雨を「弱い雨」と称します。そして10ミリ以上の雨を「やや強い雨」と称します。その中間の4ミリから9ミリの雨は表現方法が定義されていないので「普通の雨」といえます。 普通の雨ってなんだ?と思われるかもしれませんが...
降水量雨量、天気の種類

降水量0.5mmや1mmとは? 4mmまでどれくらいの目安か解説

傘を用意し始めるくらいの降水量は1ミリくらいからです。 週間天気予報が出てゴルフ等のスポーツやディズニー等のレジャーの予定がある方は雨について気なる方も多いことでしょう。 5月末もしくは6月に入ると梅雨入りの時期に入ります。今回は本格的...
天気にまつわることわざ、四字熟語

観天望気とは何?読み方や天気にまつわることわざの言い伝えを紹介

観天望気は(かんてんぼうき)と読みます。意味は天気・天候の自然現象や動物や昆虫の行動から今後の天気を予想することなんです。例えば海や山で仕事をしている方が空や風や生き物の様子から「海が荒れそうだな」「30分後に雨が降るな」などと予想してたん...
快晴サイトのビジネス

複数サイトやSNSをまとめるURLが便利なリンクツリー作成方法

ここまでで紹介してきたnoteを中心とした文章でマネタイズするビジネスをもっと効果的に楽しんでいくには、やはり、作ったコンテンツをより効果的に拡散していくことを考えてみてはいかがでしょうか? SNSの世界では拡散力が大切なこととなりま...
快晴サイトのビジネス

電子書籍やブログに挑戦Webライターの一番おもしろく難しい点は?

電子書籍やブログに挑戦して、Webライターの一番面白く、そして難しい点となるのは?と聞かれたら「感性」と答えるでしょう。 記事を書く時に多くのWebライターのかたは自分なりの解釈や自分の経験を上手く盛り込んでいきながら、知識面では足りない...
タイトルとURLをコピーしました