日本世界遺産検定

世界遺産検定に役立つシリーズ・「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

福岡県の『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』は、日本の信仰にまつわる歴史と海外の文学が交流した手がかりにもなる宗教的な文化遺産です。 前回の記事はル・コルビュジエと近代建築運動:その顕著な貢献と世界遺産の建築作品 でした。 こちらもご覧...
日本世界遺産検定

ル・コルビュジエと近代建築運動:その顕著な貢献と世界遺産の建築作品

東京都には、近代建築が評価され登録された文化遺産が登録されています。 東京都台東区の上野公園に1959年開館した国立西洋美術館、都民の方には学生時代の芸術鑑賞で訪れる機会があるなじみのある美術館ではないでしょうか? 前回の記事は 世界遺産の...
日本世界遺産検定

世界遺産の探求:明治日本の産業革命遺産と製鉄、製鋼、造船、石炭産業の歴史

九州地方と中国地方の山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県、東海地方の静岡県と東北地方の岩手県に点在する世界遺産をご存知でしよわうか? 2015年に文化遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、...
日本世界遺産検定

富岡製糸場と絹産業遺産群:群馬の世界遺産が語る経済発展の軌跡

今回の世界遺産は、群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」を取り上げさせていただきます。 関東にお住まいの方は、レンガ造の工場跡地が思い浮かぶのではないでしょうか? 明治時代に建設された富岡製糸場は、私たちの経済の誇り「MADE IN JAPA...
日本世界遺産検定

日本のシンボル富士山の歴史と文化・世界遺産としての価値信仰と芸術の源泉

日本を象徴する富士山は、海外からの旅行客にも人気の観光名所です。 日本人の心の拠り所でもある富士山は、2013年に世界遺産に登録されています。 「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」という世界遺産の名前のように、富士山にまつわる信仰と歴史につい...
日本世界遺産検定

日本世界遺産平泉‐仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

岩手県南部の中尊寺金色堂は、学生の頃に修学旅行で訪れた方も多いのではないでしょうか? 平安時代後期に建立された中尊寺は、900年の時を経て、当時の思想と文化を語り継ぐ遺跡として2011年に世界遺産に登録されています。 今回は世界遺産検定でも...
日本世界遺産検定

石見銀山とは?日本の世界遺産に登録された銀山の歴史と魅力に迫る

山陰地方の島根県には、世界に誇る文化遺産の石見銀山があります。日本国内の世界遺産の中でも、唯一の鉱山として登録されています。現在は閉山され、観光地となっている石見銀山は、全盛期の頃は日本のシルバーラッシュと呼ばれるほど、世界的に知られた銀山...
日本世界遺産検定

小笠原諸島が世界遺産に登録された理由とは?自然の特徴と生物多様性

2011年に世界遺産に登録された小笠原諸島は、世界的にも珍しい首都圏に存在する自然遺産です。 自然番組で特集が組まれることも多い小笠原諸島の生態系の秘密を、世界遺産検定の問題に照らし合わせてまとめさせていただきますね。 前回の記事は 一度は...
日本世界遺産検定

一度は訪れたい知床は世界自然遺産の宝庫と地理と気候が生み出す生態系

自然番組の特集でも取り上げられる北海道の知床は、陸から川、川から海、そしてまた海から陸へと続く動物と植物の生態系が、まるで異世界のような美しを持つ地域です。 今回は、世界遺産「知床」の生態系と世界から評価を受けた環境保護活動も含めて掘り下げ...
日本世界遺産検定

紀伊山地の霊場と参詣道とは?世界遺産登録の理由と見どころを徹底解説!

日本国内の世界遺産でも、歴史の長い近畿地方には日本人の信仰に関係する文化遺産が集まっています。 2004年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいどう)」は、神社とお寺のど ちらにもお参りをする日本人ならではの宗教観が生まれ...