スポーツ発祥の地での天気文化は?季節別スポーツと効果を考えてみた

サッカー
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツ発祥の地での天気文化、季節別のスポーツと効果

ご存じの通りサッカー発祥の地はイギリスで、ここは雨が多くて、晴れる日が少なくて有名です。梅雨時は急な雨風に備え折り畳み傘など常備する日本人とイギリス人では気質の違いがありますね。今回はスポーツ効果と海外のスポーツ発祥の地に天気を加えた記事としました。

季節別とスポーツの効果を考えて見ました

 スポーツジム

スポーツジムで有酸素運動

健康維持のためにスポーツやジムに通って体力作りをされている方も多くなりましたね。近くの公的な施設のトレーニング室をガラス越しに見ると昼間は60代や70代の方の利用が多いように見受けられます。

私の周りの40代50代の方は健康にも気を付けて行きたい気持ちはあるものの、日々の仕事で疲れ、運動不足になりがちになる方が多いようです。

また20代30代の方を見てみるとジムに通ったり健康づくりに気を配ってる方が多いように見受けられます。あなたの仕事場や周りではいかがですか?

夜のスポーツ効果

ジョギング

夜のジョギング

夕方から夜にかけてのジョギングやウオーキングは月の光浴びてのリラックスは効果あります。

また夕方と同じく体動かしやすい夜は、長くランニングをたのしめます。1日ストレスから開放されてリフレッシュ可能な時間です。軽い程度ならランニングで心地よい体の疲労感を得られて、ぐっすり眠れるでしょう。

翌朝の目覚めはすっきりしてきます。

そして、スポーツの秋及び冬はランニング、ウォーキングは色々なメリットがあるとおもいます。日々の仕事で疲れてる人、運動不足の方も是非さわやかな陽気のうち秋と冬ランをしてみてください。

また今の季節、晴れた日は青空広がっていて運動するのに最高な1日といった感じですね。しかし、7月8月の昼間はさすがに日中あまり運動は推奨できません。

暑さ対策は個人差

水分補給

水分補給

最高気温30度上回る可能性がある場合は、熱中症リスクがあって、運動するなら朝晩の涼しい時間化空調管理されてるスペースでやりましょう。

どうしても炎天下で体動かさなくてはならないときはこまめな休憩、水分補給をして、紫外線対策をしっかりやりましょう。

暑さ対策への体制は個人差があって周りに合わせないでマイペースにします。

気温高い環境で運動するには、こまめな休憩など必須です。日本は耐えることを美徳としていますが、夏場耐えてよいことはほぼないです。

紫外線対策では

日焼け止め

日焼け止めを塗る女性

紫外線対策も大事で、暑いですからノースリー部のシャツを選ぶ人が多いですが、紫外線対策として冷感タイプの長袖、しっかり日焼け止めぬってなるべく日焼けしないようにしてください。

邪魔でなければサングラス着用して目を守りましょう。仲間とスポーツする時、つい周りのペース合わせてしまいますが、厚さ対策は人それぞれ違って、個々にマイペース維持して、どうしても団体行動必要なら、暑さに弱い方に合わせ動いて下さい。

ボルダリングや水泳も最適

ボルダリング

ボルダリング

休日の日や早く仕事が終わった日は、体動かしたい人や何か始めて見ようかなと思われている方もいます。

ボルダリングなども最適です。屋内スポーツの定番であり、スイミングをスポーツとして楽しむなら公営の屋内プールがいいですね。

黙々泳ぎますが、屋根があれば熱中症リスクが下がります。

ボーリングゲーム性があって家族と一緒に楽しめます。

新たなこと挑戦したければ、ボルダリングなどの施設をさがしてみるといいかもです。

そして、トランポリンは最近話題のスポーツであり童心に帰り体動かせます。

違う視点でeスポーツもあり

VRで授業

VRで授業を受ける女の子

全く違う視点でeスポーツ楽しむといった選択肢もあり、これはコンピューターゲームのことで、たかがゲームとおもわれますが、継続してすることにより反射神経、判断力鍛えられるといわれます。

スポーツ発祥の地での文化と天気

ラグビー

ラグビー

スポーツの日新たな時代の祝日、こうした新たなスポーツ挑戦してみてもよいでしょう。そして、雨でも実施される屋外スポーツはサッカーやラグビーなどがあります。

悪天候で中止になる競技

スポーツ用品

スポーツ用品

一方で雨など悪天候で中止になる競技は野球以外にテニスなどあり、それぞれの著外で明確なことは何でしょうか?

それはボールの大きさでフットボール系のスポーツはボール大きくて、多少の悪天候でもボール認識できます。ですが、野球などボール小さい競技は悪天候時ボール認識が大変で、野球はボールのかたさ中々なものですが、もしも悪天候時目測誤りボール体に当たれば大変です。

競技成り立つかがポイント

雨とサッカー

雨とサッカー

天候により競技中止にするかは、悪天候でもその競技成り立つかが大事なポイントです。ボール大きいかどうかもプレー続行するかどうかの判断材料になります。

元からサッカー競技は雨の時中止といったルール明文化されてなくて、一説にはグラウンドコンディションの問題がルールを明文化してない理由にされています。

サッカーと野球

雨のサッカー

雨のサッカー

プロの試合はサッカー競技は芝の上でプレーします。ですが、野球グランドを思い出しましょう。芝のところもあれば土のところもあって、この違いで激しい降雨見舞われたら、土のところのコンディション悪くなって来て、プレーに支障きたしてしまうことが想定できます。一方で雨の強い人工芝はグランドコンディション崩れて、プレー支障きたすこと低いです。

そしてプレーする選手にとっても、観客にとっても雨の日の試合望ましいコンディションではないですが、リーグ日程調整苦しむことないメリットがあります。

サッカー発祥の地はイギリス

知っての通りサッカー発祥の地はイギリスで、ここは雨が多くて、晴れる日がすくなくて、有名です。

急な強風に備え常い折り畳み傘など常備する日本人イギリス人では気質の違いがありますが、古から伝統的まぐはイギリスでは該当です。

バーバーリーのトレンチコートが有名なのは、雨降ったら傘さすのでなく外套を着るといった習慣で、トレンチコートは寒さしのぐ上着といった以外に雨具として活用されています。

イギリス人との違い

トレンチコート

トレンチコート

傘ささない英国人気質と習慣考えれば、ちょっとの雨など気にしないといった意識を持ってるイギリス人が雨だから競技中止する理由がわからないといった感覚を持っているのも納得です。

ゴルフ発祥の地はスコットランドですが、ゴルフもサッカー同様雨降ってても強風吹き荒れ場もプレー続行されることも多々ありますね。

雨ゴルフ

雨ゴルフでティーショットを打つゴルフ女子

まとめ

屋外スポーツをするうえで雨、強風は敵です。半面屋根付き解除はとても快適ですが、屋外スポーツが本来持つ魅力など半減する側面もあります。

以上、色々と天気に関するスポーツ効果及び海外のスポーツ発祥の地の気候を考えてもみました。

コメント

  1. Nicole より:

    こんにちは。
    息子が小学生の頃にサッカーチームに所属していましたが、どうして寒い雨の日もサッカーは中止にならないのだろうと疑問に思っていました。この記事を読んで納得できました。
    イギリスやスコットランドは雨が降る事が多いから、そのたびに中止にしたらきりがないからなんでしょうか?

    • イトポンイトポン より:

      コメントありがとうございます。
      イギリスではサッカーは紳士的なスポーツなのです。イギリスの紳士は約束を守らければならない考えであり、試合をする以上は何があってもやらないといけなかった理由があったようです。この辺りは日本との文化の違いがあるようです。
      サッカーはワールドカップがありますので国際サッカー競技規則によって制定されており日本サッカー競技もこの規則に基づきプレーされています。
      少年サッカーは基本は競技規則に基づきながらも大会によって(15分ルールなど)競技規則が定められています。
      記事作成にあたり試合が中断もしくは中止になったケースを調べてみました。台風、地震は中止。濃霧で中止。集中豪雨でボールがはねない状況で中止もしくは一時中断。 雷鳴や雷雨は一時中断。日本では雷鳴が聞こえ落雷の可能性がある場合は一時中断し、雷鳴が聞こえなくなって20分経過したら再開する規定を書かれているリーグもありました。サッカーはボールが大きいので少々の雨が降ってもボールは見えます。よって視界が悪くてプレーが危険でのところでの判断だと思っています。いずれも運営者や審判の判断で決まります。せっかくなら晴天での試合が見たいですね。

タイトルとURLをコピーしました