名言一覧集・四時代を生きぬいた恋愛から育児まで(瀬戸内寂聴さん)

僧侶が生んだ名言集
この記事は約18分で読めます。

1973年(51歳)に出家され、尼僧としての活動も熱心であった瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さん。
人生と恋愛や歴史に子育て、そして老いなどをテーマにした名言が数多く残されています。寂聴さんの名言で私も含め沢山の方が救われたように、このブログにたどり着いた方の光となるよう残していきたいと考えます。
前回に引き続き、日本人に数多くの勇気をいただいた名言格言を紹介していきます。なお、引用した文庫はまとめて最後に記載させていただきます。

前回の記事はこちら⇩

スポンサーリンク

人生と恋愛や子育てと勇気の名言集・瀬戸内寂聴さん

徳島市出身で1973年、51歳のときに出家し、73年、岩手県の世界文化遺産がある中尊寺で得度しました。現在は京都・嵯峨野の自坊、寂庵に暮らし、定期的に法話を開催されていました。岩手県の天台寺住職も務めていました。瀬戸内寂聴さん99歳の大往生。近年までTV出演や数多くの執筆もされています。

愛や恋に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 愛とは現在にしかないものだ。
  • 愛する事は許す事、自分も許されて生きてる事を忘れないで
  • 愛について無関心な人間は、もう人間でなくなったことで、人間は生きているかぎり、愛とは無縁になれない存在のようである。
  • 愛に見返りはないんです。初めからないと思ってかからないと駄目です。本当の愛に打算はありません。困ったときに損得を忘れ、助け合えるのが愛なのです。
  • 愛情とは相手の欲するものを先んじて与えること。
  • 与えられた限りある時間に、思い残すことなく人をたっぷり愛しておかなければとしみじみ思います。
  • 互いの傷をなめあう獣の目のやさしさが、人間の男女の愛にももっとよみがえっていいのではないか。
  • 所詮、恋は愛のかわりにはならない。人は永遠の愛をもとめて性こりもなく恋に憧れる。

恋愛に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 恋はさめるのが当然。けれども恋人はそれを認めようとはしないから不幸がおこる。
  • 恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。
  • 恋愛とは雷と同じ。気づいたら頭上で轟(とどろ)き、パッと閃いて当たったらどうしようもないものです。愛してはいけないとわかっていても、愛さずにはいられないこともあります。
  • 恋愛についていえば、十代であろうとも六十、七十代であろうと原則に変わりはない。
  • 青春は恋と革命です。

結婚に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 結婚する時のような激しい情熱あるいは信頼感というものを、いつまでも相手に持ってもらいたいと思うこと自体が間違っています。
  • 結婚の相手を選ぶときの最低の基準は、男の友人があるか、男の仲間に好かれているかによるのがいい。
  • 結婚は必ずしもしなくてもいいけれど、男がいないなんてのはね、貧相だから、つくんなさい。
  • 現在の結婚制度を破壊しても人間が人間らしくあろうとする人が、たくさん出てきてもいい。
  • 互いを光らせあう結婚ならば、老年になっても、縁があればした方がいい。

夫婦に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 夫婦の間でも、恋人の間でも、親子の間でも、常に心を真向きにして正面から相手をじっと見つめていれば、お互いの不満を口にする前に相手の気持ちがわかるはずです。
  • 妻が恋するときは、妻が自覚しているといないとにかかわらず、自分の生活の単調さにあきあきしているときだ。
  • 妻であろうとしない女、あるいは妻であることを自ら放棄した女が、男を愛する場合、それを支える命綱は「情熱」しかない。
  • 妻はやさしくされることを望んでいるだけではない。やさしい心で理解されることを望んでいる。
  • 夫の働きと夫の愛情に頼りきっていられた幸福な妻ほど、未亡人にされた瞬間から不幸は深刻になる。
  • 同床異夢(どうしょういむ)とは、同じ布団で寝ていても同じ夢は見られないことです。愛の情熱は三年位しか続きません。夫婦は苦楽を共にして愛情を持ち続けるのです。

男女に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。
  • 男女の恋の決算書はあくまでフィフティ・フィフティ。
  • 女が男に惚れて、どこにプライドを残す場所があるのだろう。
  • 男と女の関係では、真剣につきあえば、そこにはどんな相手からでも、予期以上の精神的贈り物を受けていることに気づかされる。
  • 男は、日常生活では、情の深い女を便利だと喜び、その恩恵に浴していながら、冷たい女に憧れる身勝手な気分がたぶんにある。
  • 男と女の恋愛はいつでも自己中心のエゴの角つきあいであることを忘れてはならない。
  • 所詮、男も女も、自分の死をゆだねる相手をもとめて精神の彷徨をつづけているにすぎない。
  • 男でも、女でも、相手から育てられた時期があるとすれば、恋のはじめから、恋の成長期にかけてであろう。
  • 同じ人を恋するなら、自分はほろぼしてしまうまで、情熱を燃やしつくす恋をする方が、人間らしくていいではないか。
  • いじらしく夢を持ちつづけ、神経が痛みやすく、デリケートでやさしいのは、実は男なのです。

育児や家族に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 世の中の不平等さや理不尽さを、しっかりと子供たちに伝えることが大切です。
  • 本当に家庭的な女になることくらい易しそうで難しいことはない。
  • 本当に苦しんでいる子どもに、いろんな理屈を言っても駄目。まずは、子どもを抱きしめてやることが大切なんです。
  • 家族というのは、お互いの喜びや苦しさを、他人の誰よりも親身になってわけあう人間どうしの関係ではないでしょうか。
  • 学校の成績なんて気にすることはありません。何か好きなことが一つあって、それを一生懸命できるということが人生の一番の喜びなんです。
  • 学校の成績より、他者の苦しみを思いやれる想像力のある人間こそ素晴らしいのです。
  • 子どもと目線を同じにして対等に話をしてください。大人は皆、上から物を言い過ぎます。そして、世の中は生きる価値があると感じてもらえるように、大人が努力しましょう。
  • 母親は子供を思い通りにしようとします。でも、血縁であっても絶対に同じではないのです。十人いれば十人の感性があります。違って当たり前。子供に自分と同じように感じさせ、行動させようとしてはいけません。
  • お子さんに「何のために生きるの?」と聞かれたら、「誰かを幸せにするために生きるのよ」と答えてあげて下さい。
  • 信じるという能力は文明の進化につれ失われる。つまり、教育が高まるにつれ失われる。信じる能力は文明とは逆行するのである。
  • 親ができることは、まず子どもの中の可能性をみつけてやること。

女性に関する名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 男と闘うことばかり主張しないで、男をいたわる気持ちのある女が女らしいのです。
  • いくつになってもおしゃれ心を失わないこと、好奇心を失わないこと、若い人と付き合うこと。これが、若さを保つ秘訣です。
  • 女性でもね、男性でもね、自分が幸運な時ね、運が向いている時はね、必ず悪口を言われるの。悪口を言われるということはね、悪口を言いたくなるほどね、その人が幸運なのよね
  • いつの時代でも、女は男に愛されることを望んでいるし、男の愛したい女は、決して自我に目覚めた聡明な女ではないようだ。
  • 要するに、妻子ある男の口説き文句を真に受けてはなりません。
  • おしゃれの女は、掃除が下手と見て、だいたいまちがいないようである。

相手を思いやる名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです。その思いやりが愛なのです。
  • 相手が変わらないなら、自分が変わるしか、現実を変えることは出来ません。
  • 相手の立場に立ってモノを考えれば、人間は他者のためにどんなことでもできるのです。
  • 相手の立場を想像する力、相手の欲することを与えることが「愛」です。相手が何を欲しているかを考えて下さい。相手の身になってしたいことをしてあげればいいのです。
  • 多く愛し、多く悩んだ人は、その分他者の悲しみや苦しみを思いやる力がそなわります。
  • 想像力とは相手の気持ちを思いやる心です。相手が言葉に出さなくても、表情を見るだけで気持ちが分かる。
  • 理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう。
  • やさしいということが、人間の一番すばらしいことです。他人を思いやるということは、想像力があるということ。それが愛です。

勇気や自分を奮い立たせる名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • あなたはたった一つの尊い命をもってこの世に生まれた、大切な存在です。
  • あなたは苦しんだ分だけ、愛の深い人に育っているのですよ。
  • 傷めつけられ、反発するエネルギーが、思いがけない仕事を生む原動力になったりもする。
  • チャンスは人の一生に何度も来ない
  • いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう。
  • 自分に自信がないとニコニコできないでしょ?
  • 全く夢のない現実一本槍の人間より、いつまでも夢や憧れを抱きつづける人間のほうがより人間らしいではありませんか。
  • 生まれたとき、『みんなのために良かれと思ってやっていることを、冷たい目で見る人たちがいます。そういう人は、”縁なき衆生(しゅじょう)”と思って放っておきましょう。あなたはあなたで正しいことを、自信を持ってすればいいのです。
  • 自分の中に可能性を与えられて生まれているんですね。

孤独や悲しい時の名言集(瀬戸内寂聴さん)

  • 結局、人は孤独。好きな人と同じベッドで寝ていても、同じ夢を見ることはできないんですもの。
  • いいことも長く続かなければ、悪いことも長く続かないはずです。
  • この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。
  • 心のこだわりをなくそうとするなら、まず人に施すことから始めてください。施すのが惜しい時はなぜ惜しいかを徹底的に考えてみることです。
  • 心の風通しを良くしておきましょう。誰にも悩みを聞いてもらえずうつむいていると病気になります。信頼できる人に相談して、心をすっとさせましょう。
  • 心を込めて看病してきた人を亡くし、もっと何かしてあげればよかったと悲しみ悔んでも、亡くなった方は喜びません。メソメソしているあなたを見てハラハラしていることでしょう。早く元気を取り戻して下さい。
  • 最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとりぼっちになったとしても、うろたえることはありません。
  • 自分が孤独だと感じたことのない人は、人を愛せない。
  • 辛くて悲しいどん底にあるときには、四季折々の美しい自然に目を向けてくださるようにお願いいたします。
  • 独りでいる覚悟を決めている人は、誰かに期待しない分、寂しくないわよ

まとめ

今回は恋愛・育児・勇気に孤独と瀬戸内寂聴さんの名言集一覧を記事にしました。養子縁組➡結婚➡戦争で北京へ➡出産➡日本帰国➡不倫➡離婚➡恋愛➡出家という波乱万丈の人生を送ってこられた事でも有名です。

はじめに書いた通り、寂聴さんの名言で私も含め沢山の方が救われたように、このブログにたどり着いた方の光となれれば幸いです。




恋五十からでも遅くない
悔いなく生きよう
愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉
生きることば あなたへ (光文社文庫)
笑って生ききる
95歳まで生きるのは幸せですか?
はい、さようなら
生きることば あなたへ
寂聴 九十七歳の遺言
愛や歴史など題材に数々の小説発表

引用元:上記タイトル本


タイトルとURLをコピーしました