風速・災害・地球温暖化

風速・災害・地球温暖化に関連する記事を掲載してます。

竜巻は何故起こる?竜巻が発生したら?竜巻の予兆はあるの?竜巻のの中心は気圧は?竜巻都とつむじ風の違いは?上空に雲を伴わない、つむじ風(塵旋風)や火事旋風とは?陸上で現れる、海上で生じる「竜巻」とは?風の状態は?雲の下で強い渦が生まれる?何故、雲の下で強い渦が生まれるのか?竜巻の謎とは?竜巻とは何かを知るために突風の定義とは?突風とは?突然風速が強まる風とは?「強風」には定義がある?「強い風」はどれくらい?「強風」、「疾風」、「烈風」、「暴風」風力階級は?突風をもたらす大気の乱れ「擾乱(じょうらん)」とは?

等々、風に関する記事の情報を吹き出しで楽しく解かりやすく解説することを心がけています。

 

風速・災害・地球温暖化

日本ではいつ起こるかわからない災害大規模停電で迫る暮らしの危機に備えましょう

大規模停電の影響は、私たちの暮らしを一変させてしまうほどです。 四方を海に囲まれた日本ではいつ起こるかわからない災害。 現に台風の被害や線状降水帯における水害や地震などで発生している大規模停電。 復旧までの時間に2~3日、いやそれ以上...
風速・災害・地球温暖化

災害や電力不足で大規模停電になったらどうなる?気になるブラックアウトとは

今年も異常な暑さによる電力不足で計画停電等の電力不足がニュースで流れていました。 また毎年、台風の時期になると日本各地で停電が起こってしまいます。さらに、地震では発電設備そのものが停止するため、さらに被害の大きい大規模停電が起こります。 ...
風速・災害・地球温暖化

昆虫食は日本にあるの?三大栄養素や必須アミノ酸が取れるメリットは

食料として見ていなかった昆虫を明日から突然食べるとすれば、多くの方が抵抗を感じることでしょう。世界的な取り組みのSDGsに合わせて、食事を見直してみることから初めてはいかがでしょうか。人間が生きていくためにたんぱく質・脂質・炭水化物(糖)。
スポンサーリンク
風速・災害・地球温暖化

食料危機で不足するたんぱく質!2100年に世界人口は1.5倍増へ

環境問題に対する取り組みとして、持続可能な開発目標SDGsが世界的な常識になりつつあります。SDGsでは、地球規模の環境問題の中で世界の食料不足も取り上げられています。 大災害や突然の天変地異で文明が滅んだ世界を描いた映画や漫画でも、...
風速・災害・地球温暖化

昆虫食とたんぱく質の関係|世界が抱る食料危機にSDGsの答えは?

地球上で毎日40万の人間が生まれ、かつてない勢いで世界中の人口が増えつつあります。人間が健康に生きていくためにはバランスの良い食事が必要になります。畜産の穀物不足の限界。世界中で不足しているたんぱく質を補うために、昆虫の利用が注目されます。
風速・災害・地球温暖化

昆虫食を勉強しよう!エビやカニって節足動物だけど生態は昆虫なの?

エビやカニなどの節足動物ですが甲殻類に分類。節足動物の昆虫は、体の外側に殻があり、内側に筋肉がある外骨格筋肉系という体の作りをしています。体は体節(たいせつ)と呼ばれる同じ作りの節(ふし)が連なっており、頭部、胸部、腹部と目的別の作り。
風速・災害・地球温暖化

昆虫食とSDGsシリーズ|世界の食糧危機、昆虫は地球を救うのか?

世界は食糧危機。昆虫食とSDGsを考えましょう。昆虫食という単語から予想できるように、昆虫食は昆虫を使った料理、食べる習慣を指す言葉です。人間が野生動物の時代から続く食事の習慣で、身近なところでは中部地方の「イナゴの佃煮」などあります。
風速・災害・地球温暖化

地球温暖化の影響で地球の未来はどうなる?個人でできるSDGsとは

環境問題に対する世界的な取り組みとして、SDGs(エスディージーズ)という言葉が日本国内にも広まりつつあります。 SDGsはSustainable Development Goalsという英語の頭文字で、日本語では「持続可能な開発目標」と...
風速・災害・地球温暖化

身近な地球温暖化の現状や影響って、干ばつや雨が降らないって本当?

地球温暖化の影響の1つに、「降雨パターンの変化」があります。台風の増加や規模の大きさも、地球温暖化の「海水温の上昇」が影響していましたが、最近のゲリラ豪雨とはどんな関係があるのでしょうか? イトポン先輩 8月は善...
風速・災害・地球温暖化

肉食が地球温暖化の原因になるって牛ならではの「ゲップ」が理由なの

1800年代の産業革命から始まった地球温暖化は、私たちが生きている時代でさらに加速し続けています。世界規模で加速する地球温暖化には、化石燃料の使用の他にも以外な理由が。肉食を止めて代替肉を食べたり、ベジタリアンになる時代がくるのか?
タイトルとURLをコピーしました