【冬キャンプ初心者】冬キャンプの暖房器具で持参した方が良い物は?

冬キャンプ
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

冬キャンプで大切なのは暖房

冬キャンプ初心者です。早速質問です。私のテントはこちらのコールマンのテントを使っているのですが、この中で燃料ストーブは使えないですよね。そんなとき、どのように防寒すればいいのでしょうか?

後輩キナポン
後輩キナポン

イトポン先輩、久々の登場ですよ!

イトポン先輩
イトポン先輩

最近ステイホームで記事作成ばかりしていたからね。

後輩キナポン
後輩キナポン

今回はナント質問が来ました!

私のテントはこちらのコールマンのテントを使っているのですが、この中で燃料ストーブは使えないですよね。そんなとき、どのように防寒すればいいのでしょうか?

イトポン先輩
イトポン先輩

(・_・D フムフム

冬キャンプを始めたい初心者さんからだね。

最近は冬キャンプも出来るところが多くなりましたね。

気を付ける点などを含め話しましょう!

冬キャンプに行くと大切なのは、暖房をどうするかですよね。特にキャンプ場は冷えることが多く、昼間は暖かくても夜になるととても寒くなります。氷点下になってしまうこともよくあります。そこで、暖房器具を持っていくことが大切なのですが、ヒーターアタッチメントについて紹介したいと思います。

ヒーターアタッチメントがおすすめの理由

暖房器具を持っていくと快適に冬キャンプをすることが出来るのですが、大きいので持ち運びが大変です。ただでさえ、冬キャンプは防寒具などが多いため、荷物がかさばりがちです。家族でキャンプへ行けば車の中の荷物はパンパンなのではないでしょうか。そこで、ヒーターアタッチメントは薪ストーブよりもコンパクトなので、持ち運びに便利なのです。

また、熱エネルギーを特殊鋼材などの金属に蓄熱することで暖房器具として使えるため、とても暖かいです。小さくて暖かいため、冬キャンプにはぴったりなのですが、デメリットもあります。

それは、ガス缶が爆発してしまう可能性があることです。ヒーターアタッチメント直下にガス缶などがくるシングルバーナーなどは熱せられることでガス缶が爆発するおそれがあります。そこで、ガスコンロでヒーターアタッチメントを使用する場合はセパレート型のバーナーを使うことをおすすめします。


イトポン先輩
イトポン先輩

↑セパレート型バーナー。

シングルバーナーは直接OB缶やCB缶にセットするタイプです。

シングルバーナーはアタッチメントの熱が直接来るのでお勧めは出来ません。

また、テント内で使用する際は一酸化炭素中毒にならないように注意することが大切です。もし、テント内で使用するなら、換気などをこまめにするようにしてくださいね。もし、テント内で使いたいなら一酸化炭素チェッカーなどを持っていくと安心ですね。


後輩キナポン
後輩キナポン

私もこれを使っています。冬キャンプの必需品ですね。

テント内で使うのにおすすめの暖房器具は

冬キャンプ

冬キャンプ

おすすめなのは、薪ストーブです。薪ストーブは屋内で使用できるタイプがあるので、それを利用すれば安全に利用できます。薪ストーブなら安全に暖かく使用ができるのでとてもおすすめです。また、石油ストーブもおすすめです。電源がなくても利用ができますし、灯油を持っていけば、長い間ずっと暖かくいられるので、石油ストーブもおすすめです。

薪ストーブ

冬キャンプで薪ストーブ

イトポン先輩
イトポン先輩

初心者は薪ストーブや石油ストーブはやめておきましょう。

一酸化炭素チェッカーなどを持っていくと安心。

もし、どうしてもテント内で暖房器具をつけるのが不安という人は電源つきサイトを利用することをおすすめします。電源つきサイトなら電気ストーブ、電気毛布などを使用してとても快適に暖かくすることができます。

ただ、電気の暖房器具は他のものと比べて暖かさが弱いので、自分自身の防寒をしっかりとするようにしましょう。暖かい服を着て、電気ストーブなどを使えば快適にすごすことが出来るでしょう。また、電気毛布なら寝ている間でも安心して利用することが出来るので、冬キャンプは出来れば電源つきサイトを利用することをおすすめします。

イトポン先輩
イトポン先輩

初めての冬キャンプは電源付きサイトからスタートがお勧めですよ。

冬キャンプにおすすめのアイテム

また、暖房器具も大切ですが、そのほか体を温める道具を持っていくことをおすすめします。一番おすすめなのは、湯たんぽです。お湯を入れれば、すぐに使うことが出来るので手軽で便利です。お湯が冷めて湯たんぽが冷たくなってしまったら、また暖めて利用すればいいので、何回も使うことが出来ます。

後輩キナポン
後輩キナポン

足が冷たかったなかなか寝れないので私も使っています。

USBを利用して使えるアイテム

また、最近ではUSBを利用して使えるアイテムもたくさんあるため、そういったものを利用するのもおすすめです。

USBのブランケット

たとえばUSBのブランケットならUSBを利用しながら体を温めることができます。ブランケットなので、体に巻きつけて使うことができるため、とても暖かいですね。USBを持っていれば使用が可能なので、電源がいりません。


USB給電式ヒーター

また、ベストタイプのUSB給電式ヒーターもあります。着たまま動けるアウターなので、キャンプにはとてもおすすめです。暖かいベストを着たまま動くことができるため、体を動かすキャンプにはぴったりです。テントをたてたり、たたんだり、何かとやることがいっぱいなので、動ける暖房アイテムはとても役にたちます。



このようにUSBがあれば、体を暖かくすることが出来るので、持ち運べるUSBはたくさん持っていると便利です。

今は冬キャンプがとてもはやっているのでこのようなグッズがたくさん販売されています。グッズを見ると「こんなアイテムがあるんだ」と感動するでしょう。便利グッズがどんどん増えてきているのでホームセンターやキャンプの専門店などを見てみることをおすすめします。

冬キャンプ

冬キャンプ

イトポン先輩
イトポン先輩

朝起きたら写真のように↑雪中キャンプになる場合もあるので天気も良く確認しましょう。

まとめ

このように、冬キャンプのテント内の暖房について紹介しました。いくら、暖かい暖房器具があっても安全でなければ使うのをためらってしまいますよね。

暖房を使うということは気を付けることがたくさんあります。また、暖房器具があっても大きいと持ち運ぶのに大変です。ですが、今は便利なアイテムがたくさんあるので、工夫をすれば冬キャンプを出来るだけ快適にすることができます。自分たちに合う暖房器具を利用するようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました