【本当はコワい温暖化】地球温暖化になると雨が降らないって本当?

地球温暖化を表したイラスト
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

地球温暖化による様々な現象と雨が降らない理由

生徒 スカイ
生徒 スカイ

ソラ先生。こんにちは。今日は地球温暖化について、教えてもらいたいと思っています。

ソラ先生
ソラ先生

スカイさん。お久しぶりですね!むずかしい環境問題について、興味をもってくれて本当に嬉しいです。さっそく見ていきましょう!

地球温暖化、地球SOSの写真

地球温暖化、地球SOS

そもそも地球温暖化とは?

生徒 スカイ
生徒 スカイ

前にも教えてもらったのですが、地球温暖化ってそもそも何のことですか?

ソラ先生
ソラ先生

地球の平均気温が上がる状態です。ちなみに200年前とくらべて、平均気温は0.6度も上がったといわれています。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

たったの0.6度?なんだかあまり実感がわきません…

ソラ先生
ソラ先生

いえいえ、0.6度ってデリケートな地球にとっては大問題なんですよ!

地球温暖化は空中気にふくまれる二酸化炭素の量が増えることによって、引き起こされるといわれています。地球温暖化がすすんでしまうと、地球にはこのように色々なダメージが与えられます。

・南極の氷がとける
・海の水が増えて、海の底にしずむ町が出てくる
・災害が多くなる
・異常気象が増える

地球という「大きな家」がいわば24時間温められた状態になるので、今まで予想もしなかったような災害が次から次へと起こっていきます。ちなみに最近ふえてきた巨大台風やゲリラ豪雨も、地球温暖化が関係しているのではないかといわれています。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

居心地のよかった地球が、温暖化によって少しずつ変化しているのですね!

地球と二酸化炭素のイラスト

地球と二酸化炭素

地球温暖化になると、雨が降らないってホント?

日照り続きで乾燥した畑の写真

日照り続きで乾燥した土

生徒 スカイ
生徒 スカイ

とある説によると、地球温暖化になると雨が降らない天気になると言われています。これは本当なのでしょうか?

ソラ先生
ソラ先生

地球が温かくなると、干ばつが増えるのではないか?という質問ですね。さっそく解説していきたいと思います。

そもそも雨のはじまりとは、空気中に含まれる水分のこと。この水分が水蒸気になって空にのぼり、上空の冷たい空気に冷やされます。冷やされた水のつぶは、しだいに自分の重さに耐えられなくなり、空に浮かんでいられないようになります。こうして形を変えてあらわれるのが、雨や雪となります。

地球温暖化が進むと二酸化炭素の量が増えて、まるで温室にはいっているような状態になります。海や湖、川そして大気に含まれる水分が、どんどん蒸発していくので『大気にふくまれる水蒸気の量』も増えていきます。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

水蒸気の量がふえると、雨の量も増えそうですね。地球温暖化になると雨が降らないというのはウソなのですか?

ソラ先生
ソラ先生

単純に考えると、そう思いますよね。けれども地球温暖化は、そんなに簡単な話じゃないんですよ。さらに詳しく見ていきましょう!

地球温暖化、干ばつと豪雨がどちらも増える

ソラ先生
ソラ先生

実は地球温暖化になると、雨が降らないお天気と雨がよく降るお天気の二極化がすすむといわれています。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

そうなんですか?そのメカニズムを教えてください。

最近の日本の傾向をみてみると、ゲリラ豪雨などの狭いエリアで降る雨はとても増えているのに、日本全体の降水量は決して増えていないという状態がつづいています。

つまり「降るところではザーと降るけれども、それ以外のエリアではまったく降らない」という極端な雨の降り方がおおく見られています。

ひとつの場所に集中的に雨雲が発生し極端な雨を降らせるので、ある町では雨が降り続くけれども、おとなりの町では雨がまったく降らないといった極端な状態も珍しいことではなくなってきています。

すべて土地にまんべんなく、雨雲が発生するおだやかな状態ではなくなるので、豪雨と干ばつが同時に起こるようになります。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

地球が異常な状態になっているので、今までとはちがう雨の降り方になっているということなのですね。

ソラ先生
ソラ先生

そうです。これまでは中くらいのジョウロで、すべての土地にまんべんなく雨を降らせていたのですが、地球温暖化が進んでそれだけでは収まりきらなくなってきたのです。

ジョウロではなく大きなバケツを使うようになったので、ある場所では豪雨に悩まされるけれども、ある場所では土地が干からびて水がない…そんな苦しい状態が生まれるようにもなりました。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

雨って私たちが思うよりも、大地の環境に大きく左右されていたんですね。

ソラ先生
ソラ先生

そうです。デリケートな生き物なんですよ。

地球温暖化で雨が降らないと、どんな問題が起こる?

このまま地球温暖化が進んでしまい、雨が降りにくい状態になってしまうとどのような問題が起こるのでしょうか。

・森が消えて、砂漠化がすすむ
・畑が干からびて、作物が育たなくなる
・動物が少なくなり、生態系のバランスが崩れる
・食料不足になり、不安定な世の中になる

雨が降らない状態がつづくと、土地が干からびてしまい砂漠化するようになります。飲み水や農業用の水が足りなくなるので、農作物がうまく育たないようになります。森林で暮らしていた動物たちが住みかや食料を奪われて、死んでいくようになります。生命系のバランスが崩れてしまうので、食料不足になり自然環境が汚染されて暮らしにくい地球になります。

ソラ先生
ソラ先生

雨が降らないだけで、こんなにも色々なデメリットがあるんですよ。

生徒 スカイ
生徒 スカイ

聞いているだけで怖くなってきちゃう!もっと本気で地球と向き合っていかないと、いけない時期にきているのかもしれませんね。

地球温暖化地球SOSの写真

地球SOS

まとめ

地球温暖化が進むと、雨が降らないお天気になるというのは、どうやらホントのようです。狭いエリアで滝のように降る集中豪雨のような雨が増えて、反対に降らないところではまったく降らない、おかしな気候になっていきます。

10年後も20年後も暮らしやすい地球にしていくためにも、地球温暖化は避けてはとおれない大きな問題。他人事としてではなく「自分の問題」として1人1人が注意をはらっていくことも、地球温暖化をとめる手助けになるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました