冬キャンプはCB缶とOD缶のどちらが良い?青とオレンジの炎の違い

ガスバーナー
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

冬キャンプはCB缶とOD缶どちらがお勧め

キャンプをするときに必ず必要なのは、火ですよね。キャンプはご飯を食べるのも楽しみの一つなので、火を使うことがほとんどではないでしょうか。そこで、焚き火や炭火以外でもガスを使って調理をする場合がありますよね。キャンプ用のガスストーブが多く展開されていますが、そのときにCB缶とOD缶がありあす。では、その2つの違いやメリットデメリットなどについて紹介したいと思います。

CB缶

カセットボンベ缶とも呼ばれています。家庭用のカセットコンロで使われるガスボンベと同じ規格で製造されており、カセットコンロ、キャンプ用ガスバーナーの両方で使用ができます。


OD缶

アウトドア缶とも呼ばれており、キャンプや登山などのアウトドア用に作られた専用規格のカートリッジで形状が異なるため、家庭用カセットコンロに使用することができません。


CB缶のメリット、デメリット

CB缶のメリットは、手軽に購入することが出来る点です。ほとんどのスーパーはCB缶が置いてあるので、足りないと思ったらすぐに購入できます。

OD缶よりも価格も安いため、手軽に活用ができますし、少しご飯を作ろうと思ったらすぐに利用することができるので経済的にもメリットが大きいですね。家庭用のカセットコンロにも使えるのも魅力のひとつで、簡単な料理ならカセットコンロがあればすぐに作れてしまいます。

ただ、デメリットは、火力が物足りないので冬キャンプで使用しようと思うと、その物足りなさが、分かってしまいます。大きい火力でご飯を作りたいと思っている人にとっては物足りなさを感じる可能性があります。

OD缶のメリット、デメリット

OD缶バーナーやガスランタンなど、主にキャンプならではのアイテムに使います。

見た目もかっこいいため、アウトドアの気分が盛り上がるので雰囲気も良くなりますね。また、メリットとして火力が強いため、お湯を沸かすときもすぐにわきます。

冬キャンプはとにかく寒いため、すぐに暖かい飲み物が飲みたいというときも多いですが、そんなときにすぐにお湯が沸くため、とても便利です。
ただ、デメリットとしては、入手しづらいことです。直接買うには、ホームセンターやアウトドア専門店に行かなければいけません。キャンプに持っていくのを忘れてしまって、近くのスーパーでというわけにはいかないので、扱いづらいでしょう。

もし、OD缶を利用するなら、絶対に忘れないようにキャンプに持っていくことが大切です。また、私の場合は切れてしまうことがないようにネットなどでまとめ買いをすることをおすすめします。

キャンプ場で売っている場合も最近は多くなりました。ただ、冬キャンプは火力が必要になるため、OD缶を持っていくことをおすすめします。

ガスコンロやガスバーナーの炎がオレンジになる理由

炎の色

炎の色

まず、ガスが青いのは、ガスに含まれるメタンと酸素が燃えるときに一酸化炭素を出しますが、その一酸化炭素と酸素が混ざり反応すると炎は青くなります。つまり、完全燃焼している炎は青いです。

ですが、バーナーなどでメタンに比べて酸素量が少ない場合は「完全燃焼してない」ときは、供給される酸素ではなく、空気中の酸素を利用する状態になります。その場合は、炎が赤色やオレンジ色になります。
もし、ガスコンロの炎が赤いのは「酸素が少なく完全燃焼していない状態」です。炎が赤いままにしておくと、不完全燃焼の状態なので、一酸化炭素が発生します。

特に一酸化炭素は一酸化炭素中毒になる可能性があるため、赤い炎の場合は、対処して青色に戻すことが大切です。

バーナーキャップを交換したいけど、問題はガスコンロで赤い火が解決しない場合もあります。部品がない場合、原因がバーナーキャップではなさそうな場合は、買い替えなどを視野にいれた方がいいかもしれません。

ガスコンロなどの炎は青い状態が正常な状態となっているため、赤くなった場合は、注意しましょう。そのままにしておくと、一酸化炭素中毒の危険性があるため、そのまま放置しないでしっかりと対応することがおすすめです。

炎の色

炎の色

まとめ

このように、CB缶とOD缶について紹介しました。冬キャンプは特に火が絶対ですよね。そして、出来るだけ火が強い方が使う上では便利です。

もし、どちらの缶がいいかといわれたら、もし暖かい時期にキャンプをするならCB缶でOKですが、冬キャンプをするならOD缶の方が早く暖かくなるので、便利ですね。ただ、どちらにもメリットデメリットがあるため、どちらがいいのかそのときの状態によって判断することが大切です。CB缶なら万が一足りなくなってしまっても近くのスーパーなどに寄っていけば買えるのですが、OD缶は、ホームセンターなどでしか購入ができません。少し使い勝手が悪い点があるので、OD缶は切らさないようにこまめにチェックしておくことが大切です。

最近は冬キャンプがとてもはやっています。寒いので人が少なく快適にキャンプが出来るのでおすすめです。是非試してみてくださいね。

冬キャンプ

冬キャンプ

タイトルとURLをコピーしました