降水量雨量、天気の種類

fair sky 快晴の「降水量雨量」カテゴリーです。降水量、雨量に関する記事を集めました。

2020年10月27日 「降水量雨量天気の種類」カテゴリーに変更しました。

降水量雨量に関する記事以外に天気の種類(雷や竜巻他)に関する記事をまとめました。

 

降水量雨量、天気の種類

降水量100mmってどのくらいの強さ?危険なレベルの降雨量を解説

気象庁では雨の強さを「若干強い雨」、「強い雨」、「激しい雨」、「とても激しい雨」、「猛烈な雨」の5段階に分類してお伝えしています。その、「猛烈な雨」が1時間に80mm以上の雨で80ミリを超えると猛烈な雨と表現され、息苦しい圧迫感といわれてい...
降水量雨量、天気の種類

雨50mmどのくらいの強さ?降水量30mm以上80mm未満を解説

1時間雨量の30mm(ミリ)~ 50mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「激しい雨」となります。50mm(ミリ)から80mm(ミリ)は同じく予報用語では「非常に激しい雨」の表現になります。 今回は降水量30mm以上80mm未満を徹底解説...
降水量雨量、天気の種類

降水量10mmとはどれくらい強い雨?30mm未満までの強さ解説

結論から申しますと1時間雨量の10mm(ミリ)~ 20mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「やや強い雨」となります。20mm(ミリ)から30mm(ミリ)は同じく予報用語では「強い雨」の表現になります。 今週も雨マークが多い6月になりまし...
スポンサーリンク
降水量雨量、天気の種類

降水量5mmとはどのくらいの雨や雪なの?5~9mmレジャー別解説

気象庁によれば、3ミリ以下の雨を「弱い雨」と称します。そして10ミリ以上の雨を「やや強い雨」と称します。その中間の4ミリから9ミリの雨は表現方法が定義されていないので「普通の雨」といえます。 普通の雨ってなんだ?と思われるかもしれませんが...
降水量雨量、天気の種類

降水量0.5mmや1mmとは? 4mmまでどれくらいの目安か解説

傘を用意し始めるくらいの降水量は1ミリくらいからです。 週間天気予報が出てゴルフ等のスポーツやディズニー等のレジャーの予定がある方は雨について気なる方も多いことでしょう。 5月末もしくは6月に入ると梅雨入りの時期に入ります。今回は本格的...
降水量雨量、天気の種類

防災士が語る福岡市8月の降水量を過去に遡って調査判明したこととは

福岡市の8月の降水量を調べてみた結果です。なんと8月12日から14日までの雨量は424ミリになってます。2021年8月15日現在8月の降水量は650ミリとなっています。レベル3か4で非難をしていきましょう。
降水量雨量、天気の種類

【天気知識】天気予報で良く出る天気図の気圧や前線を解かり易く説明

雨は雲が降らせるのですが、振り方は雲がどれだけ発達するかに左右されます。雲が広がってれば長い時間振る場合と、狭い範囲で背の高い雲が発達し、短時間に強い雨が降る場合があります。
降水量雨量、天気の種類

【天気雑学】理科の授業を思いだそう!虹の正体と見つける3つの秘密

写真のように外を見たときに表れてた虹ですが、見られた時とてもハッピーな気分になれます。虹は普段は半径ですね。丸い虹があるそうですが見た事ありますか?虹の条件や種類を見ていきましょう。
降水量雨量、天気の種類

【心と身体】気象病で体調を崩してしまう方は6割、良く効くツボ伝授

雨降る前になれば頭痛したり、台風が近づくとめまいがしたり、天気の変化により体調が悪化したりします。もしかすると、それは最近注目されてる気象病なのかもしれません。気象病により体調くずしてしまう方は6割以上とされています。
降水量雨量、天気の種類

【豆知識】天気崩れる兆候や体の不調は何?爆弾低気圧とはいったい?

出かける予定がある日にはチェックが欠かせない天気。天気予報士から「低気圧が発達」といったことが伝えらえると、今後空模様が悪くなっていくことが予想されてがっかりしてしまうでしょう。 そもそも、悪天候をもたらすこの低気圧とは一体どういったものなのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました