降水量雨量、天気の種類

fair sky 快晴の「降水量雨量」カテゴリーです。降水量、雨量に関する記事を集めました。

2020年10月27日 「降水量雨量天気の種類」カテゴリーに変更しました。

降水量雨量に関する記事以外に天気の種類(雷や竜巻他)に関する記事をまとめました。

 

降水量雨量、天気の種類

ブラックアウトと星空と暖かさ北海道全域で電気が消えたエピソードシリーズ1

真夜中に起きた停電は、3日間続き、灯りもなく冷蔵庫は止まり、テレビは映らずインターネットは切れてしまいました。 大混乱の中、人々はどのように暮らしていたのでしょう。停電には、電源、燃料、食料、飲料水の備えが必要。キャンプ用品が防災用品の役割を実証できた貴重な経験。
降水量雨量、天気の種類

降水量100mmってどのくらいの強さ?危険なレベルの降雨量を解説

雨の強さは5段階に分類。「猛烈な雨」が1時間に80mm以上の雨で80ミリを超えると猛烈な雨と表現され、息苦しい圧迫感といわれています。100mmともなると、どこかで大規模災害が起きている可能性があるという降水量になり避難を意識する段階です。
降水量雨量、天気の種類

雨50mmどのくらいの強さ?降水量30mm以上80mm未満を解説

1時間雨量の30mm(ミリ)~ 50mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「激しい雨」となります。50mm(ミリ)から80mm(ミリ)は同じく予報用語では「非常に激しい雨」の表現になります。降水量30mm以上80mm未満を徹底解説していきます。
スポンサーリンク
降水量雨量、天気の種類

降水量10mmとはどれくらい強い雨?30mm未満までの強さ解説

1時間雨量の10mm(ミリ)~ 20mm(ミリ)未満は気象庁の予報用語では「やや強い雨」となります。20mm(ミリ)から30mm(ミリ)は同じく予報用語では「強い雨」の表現になります。雨の強さと振り方に付いてイベントやスポーツ別に解説していきます
降水量雨量、天気の種類

降水量5mmとはどのくらいの雨や雪なの?5~9mmレジャー別解説

気象庁によれば、3ミリ以下の雨を「弱い雨」。10ミリ以上の雨を「やや強い雨」。中間の4ミリから9ミリの雨は傘持っていなければ完全にびしょ濡れになって雨と言えます。降水量の5mm(ミリ)から9mm(ミリ)までの目安、スポーツやレジャー別に解説します。
降水量雨量、天気の種類

降水量0.5mmや1mmとは? 4mmまでどれくらいの目安か解説

傘を用意し始めるくらいの降水量は1ミリくらいからです。週間天気予報が出てゴルフ等のスポーツやディズニー等のレジャーの予定がある方は雨について気なる方も多いことでしょう。「降水量」と「降雨量」の表現方法の違いやスポーツやレジャー別に徹底解説します。
降水量雨量、天気の種類

防災士が語る福岡市8月の降水量を過去に遡って調査判明したこととは

福岡市の8月の降水量を調べてみた結果です。なんと8月12日から14日までの雨量は424ミリになってます。2021年8月15日現在8月の降水量は650ミリとなっています。レベル3か4で非難をしていきましょう。
降水量雨量、天気の種類

【天気雑学】心がふわっと軽くなる・雲にまつわることわざ・四字熟語

小さい頃、空を見上げあの雲どこまでながれているのかなと思ったことありませんか。 今でもキャンプ場でぼんやり空を見上げなら雲を見ているのが好きです。 雲の流れを見ながら心が和らいでいくような気持ち。フワフワと空に浮かんでいる雲ですが、その...
降水量雨量、天気の種類

【天気知識】天気予報で良く出る天気図の気圧や前線を解かり易く説明

雨は雲が降らせるのですが、振り方は雲がどれだけ発達するかに左右されます。雲が広がってれば長い時間振る場合と、狭い範囲で背の高い雲が発達し、短時間に強い雨が降る場合があります。
降水量雨量、天気の種類

【天気雑学】理科の授業を思いだそう!虹の正体と見つける3つの秘密

写真のように外を見たときに表れてた虹ですが、見られた時とてもハッピーな気分になれます。虹は普段は半径ですね。丸い虹があるそうですが見た事ありますか?虹の条件や種類を見ていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました