【天気と身体】残暑の蒸し暑さにマスク姿、地球温暖化と熱中症リスク

水分補給
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

熱中症とは命にかかわる病気

9月も入り、ようやく朝晩はいくらか涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いですね。9月もまだクールビズの会社も多いことでしょう。日中の暑さに加えマスクしていますので今後も熱中症に注意しましょう。

熱中症とは

熱中症は毎年7月~8月に多いですが、特に梅雨明けの蒸し暑くて急に暑くなる7月は体が暑さ慣れしてなくて、例年熱中症の救急搬送者数など急増します。

私たちの体は血管を広げ外気に体内の熱放射したり、汗かき蒸発させて体温の急な上昇を防げます。しかし、気温が高くて体内の熱を放とうとしても湿度が高ければ熱が放たれずに汗蒸発しないのです。

熱中症は周りの温度に体対応ができなくて、体内の水分などバランスが崩れてしまいます。

体温調整機能がうまく働かないなど原因で起きるのです。

炎天下

炎天下

年々増える熱中症

最高気温が30度超えるあたりから熱中症の死亡が増えてきて、その後気温高くなってくると死亡率急激に上昇します。熱中症は気温高い時以外にも湿度高い時風が弱い日差しが強いなど環境でも起きやすくなります。

地球温暖化も原因

最近地球温暖化などによって熱中症のリスクが高くなっています。

肥満、体調不良の方など熱中症になりやすくなりますので注意をしましょう。熱中症は命にかかる病気であり、予防法を知ってれば防げます。防ぐには暑さを避け、こまめな水分補給をしましょう。

マスク着用の新たな生活スタイル

新型コロナの感染防ぐにはマスク着用など新たな生活様式を取り入れることが大事だと言われています。また感染症予防で換気扇により換気を確保して、エアコン温度設定をこまめに調整するのが大事だそうです。マスクしている上に天気で蒸し暑いのは大変でしたね。

マスク

マスクの女性

意識失わないためにも

暑くなり始めの時期、時間帯は適度に運動しましょう。水分補給は忘れないで無理のない範囲で行いましょう。熱中症発生の原因はその日の体調が影響しています。前の晩深酒したり、朝食抜いたりする状況で熱い環境に行くのは避けましょう。

風邪で発熱してる方や下痢で脱水症状の方などは熱中症が起きやすくなると言われてます。熱い場所の運動を考慮する必要があります。

脱水症状は運動、下痢などによる激しい発汗によって体内の部分がたくさん失われた状況で、頭痛やめまいなどが出てきて重症になると意識失ったりします。

小さい子供も注意

水分補給

水分補給

熱中症は屋内でも起きています。小さい子、高齢者、病院煮る過程は冷房の使用我慢しすぎず、適切にエアコンを利用しましょう。小さな子は汗腺はじめ体温調整機能がしっかり発達してなくて、気温が皮膚温より高くなったら体温上昇して熱中症起きやすいそうです。

気温が高い日に散歩するときは身長が低い子は地表面から熱の影響受けやすくなります。大人より熱中症になりやすく、特別な注意が必要だそうです。

遊びまわる子供の熱中症対策としては、普段から風通しがよく涼しい衣服を着させて、水分をこまめに飲ませましょう。

高齢者は

休憩

こまめに休憩

高齢者は暑さを感じにくくて、体温調整機能の大事な役目はたしてる発汗、血液循環が低下して暑さの抵抗力が少なくなります。のどの渇きを強く感じず、水分不足になりがちだそうです。天気の蒸し暑さはつらいとの事ですので意識して水分を補給することが大事なようです。

気象庁は警戒情報を発令することがある

気象庁は熱中症予防に役立ててもらうのに高温注意情報を出してます。これは最高気温が35度以上になること予想される時は熱中症への注意を呼びかけるものです。

注意の呼びかけ

注意の呼びかけはテレビなど天気予報以外に気象庁のサイトでも知ることが可能です。

また、気象庁は向こう1週間以内で高温2日以上続くのが予想されるときは数日前から高温に関して気象情報を。さらに5日後~14日後までの7日間平均気温かなり高いと予想される時は異常天候早期警戒情報を発表します。

炎天下のスポーツ、空調設備整ってない環境では熱中症のリスクから身を守るアクションを取りましょう。

水分補給を十分に

水分補給

水分補給

適度な水分、塩分補給をして、こまめに休憩をしましょう。

出かける時水筒などいつも飲みものを持ち歩いて気づいたらすぐ水分補給しましょう。

暑さなどにさらされる環境で活動の時はこまめな休憩をして無理しないようにしてください。バランスの良い食事、しっかりした運動をして丈夫な体を作ることが大事なようです。

衣服も工夫して熱中症のリスクを避けやすくなります。日よけして直射日光を避けましょう。

まとめ

自分がいる環境の危険性を常に意識する習慣をつけていきましょう。

マスクしながらの満員電車もつらいものですね。今自分のいる環境の気温をいつも気にしましょう。

7、8月と比べ幾分カラットした感じがしますが、9月の昼間の時間帯ではまだまだ天気の蒸し暑いリスクにお互い気を付けたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました