【竜巻とは2】旋風やつむじ風の違い説明!渦の80%は反時計回り?

竜巻発生
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

日本では「竜巻」、米国ではトルネード

生徒
生徒

先生こんにちは。

今回は竜巻のパート2ですね。

あれからしらべたのですが、米国ではトルネードツアーなるものがあるそうですね。

先生
先生

こんにちは。

よく調べましたね。トルネードツアーはその日の天候見ながら今日は発生しそうだなと予測しながらツアーに行く話ですね。

危険も伴いますが、広大な土地の米国ならの大胆な発想ですね。

では前回に引き続き風速の話を入れながら、竜巻の話をしていきましょう。

パート1はこちら↓

旋風と竜巻の違い

旋風

竜巻とは見極められる

竜巻の中心は気圧が低くなるため、周囲の空気がらせん状に集まり渦が形成され、竜巻渦は凝結(気体である水蒸気が液体である水滴になる事)した雲(漏斗雲)や、巻き上げられた塵などにより見極めできます。

上空に雲を伴わない、つむじ風(塵旋風)や火事旋風とは区別されます。

日本では、陸上で現れてするもの、海上で生じてするもの、すべてを総称して「竜巻」といいますが、米国では、スーパーセルに伴う竜巻をトルネードとよぶのに対して、積雲系の雲に伴う陸上竜巻や海上竜巻をスパウトとよぶ事があります。

生徒
生徒

なるほど。見極められるんですね。だからトルネードツアーなるものがそんざいするんですね。

先生
先生

積乱雲の発生地点などに近づいてレーダーで風の状態等しらべて、今にも発生しそうだなと予知するんですね。

けど、自然相手なので発生は100%ではありません。

雲の下で強い渦が生まれる

何故、雲の下で強い渦が生まれるのか、未だパーフェクトに解明されていない竜巻の謎をみてみましょう。

竜巻とは何かを知るために真っ先に突風の定義ですが、日本では「突風」の定量的な定義はなく、広く「突然風速が強まる風」の事を指します。

風の定義

一方、「強風」には定義があります。

気象庁では「風速15m/s以上20m/s未満」の風を「強い風」とよんでいます。

ビューフォートの風力階級(風の強さを風速により0から12までの階級に区分たスケール)では、風力7(風速13.9m/s~17.1m/s)が、「強風」「大きな木の概要が揺れ,風に向かって歩きにくい」強さの風とされています。

ところで、「強風」、「疾風」、「烈風」、「暴風」などの用語は、風力階級に応対した専門用語です。

気象用語で「擾乱(じょうらん)」とは

突風をもたらす大気の乱れを、気象用語では「擾乱(じょうらん)」といいます。

大気擾乱は多様なスケールを持っていて、台風や温帯低気圧は、水平スケールで1000kmを有する大スケールな現象から、数km〜数100kmのスケールを有する中小規模な現象があります。

これらに比較して、竜巻の直径は数100mなので、気象学ではミクロスケールの現象なのです。

巨大な渦である竜巻も、大気現象としては観ようと思っても相当観えない小さな現象です。

竜巻

竜巻の組成は柱状または漏斗上の雲が積乱雲の底から垂れ下がり、その軸は鉛直か、または、傾いています。

海面から巻き上げられた海水の飛まつ、または、地表面から巻き上げられた砂塵などが“尻尾”のように立ち上がっています。

漏斗の先が、この“尻尾”とつながっている事が多々あります。

竜巻の渦は反時計回り?

竜巻の中の空気は低気圧性(北半球では反時計回り)に回転している事がふつうで、総体の約80%が反時計回りです。

竜巻の中の風速は、あらかじめ仕込みする事ができないので、測器で観測する事がハードルが高いのです。

したがって推定値しかないんですよ。

日本のケース

1969年12月7日の愛知県豊橋市のケース、トラブルの程度から推定すると最大限風速は毎秒約100m、回転速度は毎秒約90mとされています

竜巻が生じてする積乱雲の中の上昇気流の近くには下降気流(ダウンバースト)があります。そして、街中にいる事例は頑丈な建物に入り、可能な限り地下室や風が吹き込まない位置に避難してください。

車運転中の対策は

さらに、車を運転している事例は、交通の厄介にならないスポットに駐車し、ただちに頑丈な建物内へ避難しましょう。
前もって支度竜巻がもたらす降雹(こうひょう)に備える竜巻はひょうをもたらす事があります。

いつも、天井のない位置に駐車する事が多々ある車は、降雹(こうひょう)によるトラブルに遭いやすいため、収縮袋に入れた毛布等、車体を覆えるものをトランクに下拵えしておくなどして、車を守るための対策を取りましょう。

ひょうに強いカーポートを建てるのも一つの手段です。

竜巻中心ふきんでは

竜巻とは、積乱雲や積雲に伴って生じてする強い上昇気流(上空へ向かって吹く風)をもった激しい渦巻きです。

雲の底からたれ下がるように、漏斗状や柱状の雲(漏斗雲)ができ、海面や地面から巻き上げた水滴やちりや砂などが尾のように立ち上がります。

これらが繋がって、漏斗状の雲の軸がまっすぐ、または曲がりくねった形で見えるのです。

竜巻の中心付近は周囲よりも気圧が低いです。

地上付近では

それ故、地表付近では竜巻の中心に向かってらせん状に風が吹き、中心に近づくほど急速に風が強くなっていき、上昇気流となって周囲の空気や物を巻き込みながら置き換えしていきます。

台風や寒冷前線、寒気の流入など、局地的に大気の様子が大いに不安定な時に多く生じてします。

竜巻の生じてを前もってに見当し、警報をするのは目下の技術では無理です。

ただし、直近で気象庁は、竜巻などの激しい突風が現れてしやすい気象状況になったと決断した事例竜巻配慮情報を公表しています。

生徒
生徒

竜巻の発生を前もって警報をするのは出来ないんですね。

それが出来ないからトルネードツアーも空振りになってしまうことも解かりました!

先生
先生

竜巻の発生を前もってに、警報をするのは目下の技術では無理ですね。

ただし、直近で気象庁は、竜巻などの激しい突風が現れやすい気象状況になったと決断した時は竜巻配慮情報(注意報)を公表しています。

では、またお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました