【竜巻とは】積乱雲が原因?注意報が出たら?竜巻仕組みに予兆と対策

竜巻発生
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

天気予報の竜巻や注意報とは

生徒
生徒
先生こんにちは。最近は毎年のように水害の被害が拡大していますね。
先生
先生

こんにちは。各地で大雨災害の被害にあわれた方お見舞い申し上げます。

私も3年前になりますが西日本豪雨のボランティアに参加しました。水が乾いて道路の砂ぼこりや匂いが凄かった事を思い出します。今後の雨や二次被害にも十分注意してください。

生徒
生徒
前回は地球温暖化による海水温の上昇で雨が多くなる話をしていただきました。今回は?
先生
先生
今回は、日本でも季節を問わず全国で発生している竜巻についての話しましょう。

竜巻とは

竜巻とは、積乱雲に伴い生じてする、激しい渦巻きの事を指します。

竜巻

日本では、季節を問わず全国で生じてしており、台風や寒冷前線等、積乱雲が生じてしやすい気象要件では竜巻が生じてしやすくなります。

竜巻は、ちょっとの間で広さが十分でない範囲に集中して大きなトラブルをもたらすため、竜巻の予報や前兆等を検証したら、理不尽な外出はしないようにしましょう。

竜巻が発生したら

竜巻生じて時に街中にいるケースは、なるべく頑丈な建物に入り、窓から離れるようにしましょう。

そして、車を運転している事例は、交通の障害にならない箇所に車を停め、ただちに頑丈な建物内へ避難してください。

万が一ひょうが降り出したら、早めに天井のある駐車場等に避難しましょう。

「きのこ雲」は竜巻生じてのサイン?

「雷鳴が聞こえる」「かなとこ雲(積乱雲で頂上辺りが広がったきのこ状の雲)が広がっている」といった現象は、竜巻が来る前兆にあたります。

積乱雲、水上竜巻

海上竜巻、積乱雲

いつもと違う雲を見かけたら配慮が不可欠です。

竜巻の生じて源は「積乱雲」ですので、雲の移り変わりに用心し、室内への避難や車の維持をするなど、前もってに危ういを回避しましょう。

竜巻は、「ひょう」を降らせる?

「ひょうが降り出す」「真っ黒い雲が近づく」といった現象は、竜巻が近づいているケースの前兆にあたります。

突然空が陰湿になったり、ひょうを伴った冷たい風が吹いてきた時は、発達した積乱雲が近くにある見込みがありますので、頑丈な建物内へ避難しましょう。

「耳鳴り」を感じたら竜巻が目の前に迫っている?

急激な気圧の移り変わりにより、「耳鳴り」等、耳の異常を感じた事例は、目の前に竜巻が迫っているおそれがあります。

屋内にいたとしても、窓や壁から離れたほうが確かです。

物置や車庫等は倒壊の危ういがありますので、避難場所にはしないようにしましょう。

竜巻用心情報

竜巻現れてが予想される地域を調べる技術がある気象庁は「竜巻用心情報」に加え、竜巻等の激しい突風が生じてしやすい地域の分布と、1時先までの予報、「竜巻生じて確度ナウキャスト別ウィンドウで開く」を供給しています。

竜巻現れての確率がある地域を見極めし、理不尽な外出はしないようにするなど、前もって対策を取るようにしましょう。

天候の移り変わりを察知し、前もってにリスキーを回避する竜巻の現れて源は「積乱雲」ですので、天候の移り変わりに配慮し、リスキーを回避しましょう。

発生前の現象

「雷鳴が聞こえる」「かなとこ雲が広がっている」「真っ黒い雲が近づく」「冷たい風が吹き出す」といった現象は、遠くに竜巻がある、または竜巻が近づいている見込みがありますので、室内への避難や車の維持を素早く行うようにしましょう。

竜巻防災に役立ち

前もって支度竜巻現れてを知らせるツールや予報を応用する竜巻現れてのアラート性能があるアプリケーションや、気象庁が公表する「竜巻用心情報」、さらに激しい突風が生じてしやすい地域の分布や1時先までの予報を行っている「竜巻生じて確度ナウキャスト別ウィンドウで開く」を応用すれば、竜巻の防災に役立てる事ができます

アプリケーションや予報を検証し、外出を控えるなどして、竜巻のトラブルから身を守りましょう。

発生したら

発災直後竜巻から避難する我が家にいるケースは、窓が割れないように雨戸を閉め、手洗いや浴室等、風通しの悪いところへ避難しましょう。ただし、移し変え距離はそれほど長期に渡ってはないのです。
俗には、竜巻が10km以上置き換えする事は稀であり、その一生は極めて短いです。

竜巻は激しい空気の渦巻きであり、積乱雲から垂れ下がる雲と陸上では砂じん、海上では水柱を伴います。

生じては大気の様子が不安定となり、上層の風が強く、下層で大量の水蒸気を含んだケースに生じてしやすくなります。

米国や豪州での竜巻は

米国や豪州で起こる竜巻はトルネードと呼ばれます。

竜巻が現れてするメカニズム竜巻とは、積乱雲に伴って生じてする強い空気の渦巻きの事です。

日本の竜巻は

日本で起きる竜巻のほとんど、地上近くで風が回転しているところに、上昇気流が重なった時に、生じて発生すると言われています。

風が回転しながら上へあがるにつれて、回転の半径が小さくなり風が強くなる結果、竜巻となります。

竜巻はスコールラインや寒冷前線に伴って現れてする巨大雷雨の鉤金具地球に優しくー付近や停滞前線の南北の置き換え・台風・熱帯低気圧による不安定な気象要件が主な要因となっています。

竜巻の中心は

竜巻は、積雲や積乱雲に伴う上昇流の渦であり、雲底から地面まで繋がったものをいいます。
竜巻の中心は気圧が低くなるため、周囲の空気がらせん状に集まり渦が形成され、竜巻渦は凝結(*気体である水蒸気が液体である水滴になる事)した雲(漏斗雲)や、巻き上げられた塵などにより見極めできます。

生徒
生徒
竜巻って発生したら怖いですね。私は映画でしか見たことありませんが日本でも発生することがわかりました。
先生
先生
竜巻は私も映画やテレビでしか見たことありませんが、辺りが暗くなって、ひょうが降ってきた事はありますね。そうした現象の時は注意が必要ですね。風速の話をしていませんでしたので、また次回に。

タイトルとURLをコピーしました