【知っておきたい】雨の強さや量の定義ゲリラ豪雨と集中豪雨は違うの

ゲリラ豪雨(札幌市中心部)
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

集中豪雨が多い日本

近年、日本で多く聞かれるようになった天気の集中豪雨などの浸水災害や土砂災害。
集中豪雨とは、数時間に強い大量の雨が狭い範囲の地域に降る雨のことをいいます。では、集中豪雨はどのような時に起こりやすいのでしょうか?

温まった地表面に上空の寒気が流れ込み、上昇気流が発生しやすくなたり、前線の異常などが原因で大気の状態が不安定になります。すると、積乱雲が発生したり発達をして豪雨が発生しやすくなります。

また、台風が日本に上陸や接近中・日本付近に前線が停滞している梅雨の終わり頃にも集中豪雨になりやすいです。

この集中豪雨との違いが分かりにくいのが「ゲリラ豪雨」。同じように「ゲリラ豪雨」も近年、浸水災害や土砂災害が増えてきています。集中豪雨とゲリラ豪雨はどこが違うのでしょうか?それぞれの特徴を1つづつ確認をしながら見ていきましょう。

集中豪雨

短時間に強い大量の雨が狭い範囲の地域に降る雨のことです。気象用語で気象庁でも使われています。

積乱雲が連続で通過することが原因で、100mm~数百mmほどの強い雨が数時間降ることをいいます。

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨

正式名称ではなく、気象用語ではありません。気象用語では「局地的大雨」として使われています。

雨の降る範囲は集中豪雨よりも狭く、短時間に降る豪雨の場合にゲリラ豪雨ということが多いです。

突発的で正確な予報が困難な豪雨の表現としてマスメディアなどで使われてきたゲリラ豪雨ですが、「ゲリラ」が軍事的なものを連想したり、日本国内でしか使われていないということから、近年では「局地豪雨」が使われることも増えてきました。

集中豪雨での事前準備。「雨の種類」の把握

集中豪雨が起こった時に、身を守るための対策がとれるように事前の確認・準備をしておきましょう。

天候の変化などを天気予報で確認をして今の状況を把握しておくのが大事です。雨量などの雨の状況を、気象庁が定義している用語に基づいてニュースで予報を解説しています。下記に、雨の降る量と強さを表す用語とその雨の種類を紹介します。

【雨の強さと降り方の定義】

▼やや強い雨
1時間の雨量が10以上〜20未満

話し声が雨の音でよく聞き取れにくいこともあります。水たまりが地面一面にできます。

▼強い雨
1時間の雨量:20以上~30未満

傘をさしていてもぬれるほどの激しい雨で、車のワイパーを動かしても見づらく視界が悪いです。

▼激しい雨
1時間の雨量:30以上~50未満

寝ている人の半数が雨音で目が覚めるほどの雨です。道路が川のようになります。高速走行時に路面や車輪の間に水膜ができて、ブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こりやすいです。

▼非常に激しい雨
1時間の雨量:50以上~80未満

傘は全く役に立たなくなり、車の運転は危険で、水しぶきで視界が悪くなります。

▼猛烈な雨
1時間の雨量:80以上~

視界が水しぶきで真っ白になり、車の運転、外出も危険です。

このように雨の用語と種類が分かることで、ニュースなどの予報を見て、天気の状態がが把握しやすくなると思います。

集中豪雨での災害と種類

先ほどは、集中豪雨の事前準備として、天気の変化を把握しやすくなる、雨の用語と種類を紹介しました。つぎに、集中豪雨が起きたときの二次災害について紹介します。

氾濫

豪雨や台風などで河川の水の量がいつもよりも増えた状態を洪水といい、河川の水があふれることを「氾濫」といいます。この氾濫には2種類の「外水氾濫」・「内水氾濫」があります。

外水氾濫とは河川の水が堤防からあふれたり、堤防が決壊をして起こることです。河川の近くにある地域に濁流が急激に流れ込み、非常に危険です。

内水氾濫とは雨量に比べて、下水管や排水路の処理が間に合わなくて、建物や土地に水があふれることです。マンホールからの逆流などが原因なので河川から離れた市街地でも危険です。

浸水

水害時の住宅地

水害時の住宅地

豪雨などで河川などの水があふれて氾濫することで、家などが水につかることです。
家などが浸水することで、建物・電化製品などのほとんどの生活に必要なものが使うことが困難になります。

流れ込んだ泥水が原因で、カビや細菌が繁殖しやすくもなり、清掃や普及作業がとても大変です。

土石流

土石流

土石流

豪雨などで斜面などの土砂が水と混ざり、下流へと一気に押し流されることです。流れの急な河川などで起こりやすく、速い速度で一気に流れるので道路・建物・線路などが破壊されやすく大きな被害が出ます。

地すべり

地すべり

地すべり

滑りやすい粘土を含む比較的緩やかな斜面が、豪雨などによって地面がゆっくりと滑り落ちていくことです。

がけ崩れ

がけ崩れ

がけ崩れ

豪雨などで地盤が緩み突発的に、斜面が崩れ落ちることです。破壊力が大きくて、崩れ落ちるスピードが速いので大きな被害が出ます。今までにがけ崩れがあった斜面はがけ崩れを繰り返す可能性があるので、特に注意が必要です。

このような起こりうるかもしれない災害を把握しておくことで、対策がとりやすくなります。

日本は険しい山が多く、土石流・がけ崩れ・地すべりが発生しやすい国です。

土砂災害が発生する危険区域は、約37万区域にのぼると推計されています。国土交通省のサイトに「土砂災害危険個所」が掲載されているので、土砂災害の危険性がある地域を確認しておくのも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました