【先人の知恵】2月、8月、春の余り耳にしない天気や季節ことわざ!

猛暑日のイメージ
この記事は約5分で読めます。

天気のことわざはたくさんあると思いますが、今回はよく聞くことわざについて紹介したいと思います。今の時代はアプリやニュースなどで天気の状態を知る事が出来ます。そんな便利ツールがなかった時代に、先人たちは知恵により天気を予想していたのです。調べたら調べるほど面白いことわざとは?もし、知らない人は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

天気や季節のことわざについて

先人たちの知恵

朝虹は雨夕虹は晴れ

これは虹に関することわざなのですが、虹が朝立てば雨がやがて降り、夕方に虹が出れば翌日は晴れる前兆であるという意味です。

虹が出ていると「綺麗だな」としか思わないですが、実際は雨が降るか晴れるのかを見るポイントになるのです。

虹を見たら「明日の天気はどうなるのかな」と考えてみることをおすすめします。

虹

太陽と青空と虹

朝焼けは雨、夕焼けは日和

朝方に東の空が赤く染まるのは雨が降り出す前兆であり、夕方、西の空が赤く染まるのは、翌日はれる前兆です。

これは、比較的有名なので、聞いたことがあるでしょう。また、夕方に西の空が赤く染まるという現象はよくあるので、見たことがある人もたくさんいると思います。

夕方に赤いと、「大丈夫かな」と不安になるなるかもしれませんが、次の日は晴れるという前兆なので、安心してくださいね。夕焼けにも天気が分かる部分があるので、是非よく見てみることをおすすめします。

このように、普段たまに見る天気の変化でも次の日が晴れるのかどうかが分かります。普段から空を見るといいですね。

夕焼けと街並

夕焼けと街並

余り耳にしない天気のことわざ

次は少し難しいことわざについて紹介したいと思います。

伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはない

聞いたことがない人が多いかもしれません。少し長くて難しいことわざなのですが、きちんと意味があります。

伯母は優しいからくる時は必ずおみやげを持ってきてくれる。それと同じように、乾の方角に黒雲が起これば必ず夕立がやってくる。という意味があります。ことわざなので知っておくと豆知識として面白いかもしれません。

梅雨に降らぬと土用に降る

土用は、小暑から立春までの夏の暑いさかりのこと。

梅雨の時期に雨が降らないと、土用のときにたくさん降る。という意味のことわざです。

梅雨に雨があまり降らないときは、土用のときにたくさん降るという意味なので、梅雨の時期にはしっかりと雨が降った方がいいですね。

雨が降りすぎても大変ですが、降らなさ過ぎても違うときに振るので、洪水が起こったり、土砂災害などで困る可能性があります。

雨に関することわざですが、知っておくと、災害の対策が出来るかもしれません。

豆知識

豆知識

二月と八月に関することわざ

次も天気のことわざをひとつずつ紹介したいと思います。

二八月に思う子船に乗るな

二月と八月には、天気が急変しやすく、また海が荒れて危険なので、大事な子を船に乗せない方が良いという意味になっています。

これは、よく船に乗る人たちに大切な知識ですよね。確かに八月や二月は天気が変わりやすいので、船に乗るときは危険かもしれません。普段から船に乗ることが多い人は知っておいた方がいいでしょう。

二八月の雷の隣に行くな

これは、雷に関することわざです。二月と八月は雷が多いので、雷がなっている間は出歩かない方が良いという意味です。

特に八月は雷が多く、昼間は晴れていたのに、急に天気が急変して、空が真っ黒になり、ものすごい雷が鳴るということがたくさんありますよね。

夕方に起こることが多いです。特に黒い雲が近くにきたら、天気が急変して雷が鳴る可能性があるので、すぐに家に戻るようにしたいですね。

特に歩いているときや自転車で外にいる場合は、すぐに家に帰りましょう。このように、二月と八月は天気が急変しやすいということに関することわざを紹介しました。

海や雷は本当に危険なので、二月と八月は気をつけた方が無難です。少しでも天気がおかしいなと思ったらすぐに引き返したがいいかもしれません。

春の季節のことわざ

次は春に関することわざをいくつか紹介したいと思います。

春北風に冬南いつも東は常降りの雨

春の北風、冬の南風、また四季を通して東風が吹くときは、雨が降る前兆だということという意味です。

春や冬など季節によって、風が吹く向きが違い、風の向きによっては、雨が降る可能性があるということですよね。これは、知っておいたら次の日の天気が分かる可能性があります。

春に三日の晴れなし

春は暖かく、過ごしやすい気温ですが、実は雨が多い時期でもあります。

そのため、このことわざの意味は、雨が多い時期になるので、春の晴天は3日と持たないという意味になります。

梅雨の次に雨が多い時期でもあるので、雨が降ってもいいように、雨具を持っているといいですね。春は天気予報をよく見て雨が降らないか確認しておくことも大切です。

まとめ

このように、天気に関することわざについて紹介しました。天気の余り聞いた事がない少し難しいことわざは豆知識として覚えておくことも良いでしょう。

特に夕方になると天気が急変するので、それは気をつけた方がいいでしょう。天気が急変したら、慌てずに引き返すなり、どこかに非難したりすることをおすすめします。

天気のことわざは面白いものがたくさんあります。普段の生活で役に立つこともあるので、特に有名なものは知っておくと便利かもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました