【アウトドア雑学】日本語にすると?活動の種類とそれぞれの楽しみ方

キャンプ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アウトドア」の定義とは

北海道の大草原

北海道の大草原

アウトドアの日本語は

アウトドアは日本語にすると、「野外活動」と表現されます。

よって、屋外で行う活動であれば、そのほとんどはこの「アウトドア」と呼んで差し支えありませんが、競技場で行うスポーツの類いにはあまり使うことはありません。

一般にアウトドアとは?

一般にアウトドアと言えば、トレッキング(山歩き)やそれも含めたキャンプ、それらにも含まれる野外での目的地や宿泊地までの移動の行程自体をまとめて表現していることが多いので、そのように認識しておけば問題ないでしょう。

よって、種類として先のトレッキングのように明確になっているもの以外でも、野外で自然を楽しむような行動全体を広義「アウトドア」と表現していると考えてください。

共通して、野外での活動に向いている服装、及びそのような装備をした上で行うべきという点と、自然を甘くみてはいけないという認識をもった行動が求められますが、本格的に険しい道を長く歩くようなアウトドアでなければ、そこまで心配することもありません。

ですが、活動の程度にもよりますが、それなりの心構えは必要になります。特にネットや電子機器といった近代化に慣れた現代人にとっては、それとのギャップを楽しむことができるのが魅力だと言っていいでしょう。

大きく分けたアウトドアの種類

登山

トレッキング

トレッキングとは

前項で挙げた「トレッキング」はアウトドアの種類の代表格とも言えるもので、必ずしも山が絡む必要はなく、野道を歩くだけでもそのように表現することがあります。

目的地があり、そこまで野外を歩いて途中の自然と楽しむ場合と、特にそれというものはなく、決められた行程を一周してくるようなことも多いです。後者の場合、主に「コーストレッキング」と呼んでいます。

キャンプ

「キャンプ」は基本的には野外地にテントを張る、またはその為の素泊まり用の簡易施設(雨露が防げる程度で、電化製品は置いてないことがほとんどです)を利用しての宿泊が絡むアウトドア行動を指して使われます。

日帰り(デイ)キャンプ

中には途中でテントやそういった施設でひと休みし、その後に帰宅するという「日帰り(デイ)キャンプ」なるものもあります。

山登り

また、数日を掛けて行う本格的な山登りもまた、アウトドアになります。ですが、そのような行動になるとアウトドアには違いありませんが、「登山」という表現の方が適しており、一般的に言われる「アウトドア」はそこまではいかない野外活動だと解釈していいでしょう。

装備もその程度や規模によって様々で、山が絡む時には雨具の用意も忘れてはいけません。山ではいくら晴れていようと、いつ雨が降り出してもおかしくないからです。

特には目的を外すことも…

十勝平野を一望できるキャンプ場

十勝平野を一望できるキャンプ場

アウトドアはこのような種類別に、事前に目的が明らかになっています。

日帰りキャンプ

その為、「日帰りキャンプ」であれば、その日のうちに帰宅するように考えて行動することになりますが、時にはこのまま泊まっていってしまおうなどと考えてしまう場合も普通にあるのがアウトドアです。

日程的に問題が無ければ、途中でそういった突発的な自由に舵をきれるのもアウトドアにおける魅力の1つとなっています。

数日を掛けての行動では、天気によってその日ににどこまで行くか(何をするか)を決めながらの行程も決して珍しくありません。

自然を楽しむ

いい方向だけでなく、突然の豪雨の為に予定していた目的地まで行くのを断念して帰宅するようなことになる場合も少なくありません。アウトドアはどれも自然を相手に楽しむという性質から、行動中には何が起きてもおかしくないと考えておきましょう。

キャンプ

キャンプ様子

まとめ

そして、いくら予定外のハプニングや遭えて予定を外すことがアウトドアの魅力や楽しみの1つだと言っても、水や食料を現地で調達するという時には注意が必要になります。

それが必ず予定通りになるとは限らないので、万が一に備えた最低限のそれらの準備はしていくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました